表示件数
0

エンヴィー・エンヴィー

なつかしい声が溢れて、心が、また閉じようとする。忘れてしまうことと覚えておくことは、もしかしたら、背中合わせじゃないのかもしれない。
きみの瞳が雨に光ったことを知らないきみを、あいしています。混じりけなくたったひとつ、あの星だけを見つめて息をするきみの声、そのとうめいな響きを、あいしています。

0

誰も気付かない僕のインスタントポエム

わかってたはずなのに、いつの間にか泣いていた。
僕は本当に必要なんだろうか。

わかるために始めたのに、わからなくて泣いていた。
何故僕は言葉を紡ぐんだろうか。

何もピンと来ないまま、今日を迎えた。
明日もまた同じように、明後日を迎える。

まあまあな毎日をどれだけ楽しめるか。そういう勝負なら、ごめん、辞退します。

誰か答えてくれ、って、今日もCQCQ飛ばす。
誰か教えてくれ、って、わがままSOS送る。

何もピンと来ないまま、今日も目覚めた。
明日もまた同じように、何もピンと来ないままなのかな。

まあまあな毎日をどれだけ楽しめるか。そういう勝負なら、ごめん、辞退します。

傷つくのになれた、僕はゾンビ
ナイーブを隠して生きる、僕はバンビ
腐った心を必死に洗う、僕はゾンビ
何も知らずに死んでしまう。そんなバンビ。

それじゃおやすみ。

0

表裏

好きな人に
好きな気持ちを隠すため嫌いって言っちゃう

嫌いな人に
嫌いな気持ちを隠すため好きって言っちゃう

人は嘘つきだと思う
嘘は悪いことだと言うけれど
そんなの綺麗事だ
嘘をついてこそ私らしさが出ると思う

0

ポエム掲示板初レスなので温かい目で…初心者です

好きです。
そのたった四文字が言えないまま
もうすぐ卒業する。
中学も同じだけれど、
中学になったら君は
モテそうで。
だから言いたくて。
だけど言えなくて。
このまま君と
今まで以上に離れてしまうのが
とても嫌で
悲しくて。
だから、
もう勇気を出して言うよ。
君が好き

2

ちょっと毎日書き込んでるみたいなので
毎日は書き込まない様に
します。。。

少し言葉思いついたら衝動的に書いちゃって。
なんか嫌だな。怖い。

日にち置いてやっていこうかな。
毎日書き込むほど暇で寂しがり屋だからだね。
高校生になったらちょうどよくなるかも。

すみませんでした。

1

小さな傷口から

プリントで切った指にお湯が染みる
ライブのチケットが当たらない
赤信号によくかかる
満員電車で潰された 足を踏まれた
先輩に挨拶をしたけど気づいてもらえなかった
嫌いなあいつに会った
好きなあの子から連絡が返ってこない
電車をギリギリで逃した
一つ一つは小さな傷で。
小さな傷口から痛みが広がって、立ち上がれない

0

snow man

僕は雪だるま
表情もあんまり変わんない、クールっぽいのかな。
みんなから冷たい奴って思われてるのかな。
でもさ、雪の中って意外と暖かいんだ。
かまくらだってそうじゃないか。
表面上は冷たくても、心は温かいから

0

シネマ→エンドロール

これは 誰の 人生?
これは 誰の 人生?
答えは、「ぼくのもの」だから
主役はぼくでシネマを撮る
ヒロインにはきみをキャスト

人生は もしや 無駄?
人生は もしや 無駄?
答えは、「NO」に限るよな
例えばコップ一杯の
例えば湯船いっぱいの。


そういったものさ、クイーン。
生きたいから生きてるんだぼくら。
あのギロチンの刃が落ちる時でも、
ぼくは命を捨ててないよ。


さぁキング!やるならやれ!
どんなカードを切られても、
ぼくのシネマにカットはかからない。
さぁコモン!やるならやれ!
どんな目が出ようとも、
ぼくのシネマに完成はありえない。



シネマ みたいな ぼくら
シネマ みたいな ぼくら
誰も見向きもしなくても
テープはまだまだあるから
カメラを回し続けよう。

そして いつか これが
そして いつか これが
どこか遠い街で流れる
その時二人はいなくても
残留思念 聴こえる。


これこそが人生、クイーン。
やりたいことやってやる
あの弾丸に撃ち抜かれる時でも
ぼくは命を捨ててないよ。


さぁキング!くるならこい!
なんどサイコロを振っても
エンドロールはまだ流れない
さぁコモン!くるならこい。
コルト・ガバメントの銃口
なんともドラマティックでシネマ向きさ


指折り数え、なんど夜を越したのだろう。
待っていたのは今日、今夜のエスケープ・プレイ。
神様の目すらかいくぐり、二人で行こう。
二人だけのシネマ、二人だけのエスケープ・プレイ!


さぁキング!やるならやれ!
どんなカードを切られても、
ぼくのシネマにカットはかからない。
さぁコモン!やるならやれ!
どんな目が出ようとも、
ぼくのシネマに完成はありえない。


そして エンドロール
そして エンドロール
流れる時には、全部思い出す。
キャストもスタッフも
思い出せるかな

0

詩織 ⑱

あなたに嫌われることと

忘れられること

どちらが辛いだろう

1

イブクロゼンブ、ハキダセヨ。

泣いて謝ったって許してやるもんか。

君は僕が2時間も並んでやっと買った苺大福を
食べたんだ。

返せよ。僕の2時間と苺大福を。

0

文通。

お手紙に乗せて想いを綴らせる。
それは顔も姿も声でも話さない
文だけの世界。

文で始まって 文で終わる。
時には絵を描いてみたり。みなかったり。
その交換は 静岡と岡山を繋ぐ。

お姉さんは私にたくさんの強いメッセージをくれた。
時に「私が死んだら悲しいですか?」と愚問をしても
嫌いにならないで長文をくれた。
憧れのお姉さん。

今のご時世、「文通をしている」と言うと
「え?なんで?わざわざ文とか書くのめんどくさっ。時間かかるじゃん。」
確かに返信には時間がかかる。
でもSNS上での文と 温もりあるその人だけの直筆は
相当な違いが在ると思う。

直接会っての会話も大事だし、ネットの中で顔も見たことない人との交流も時には大事だし、個人的に文通も嫌いじゃない。

好きです。

0

ミニマリスト

心を最小限にすれば
嘘も少なく
キズも少なく

0

心中立て

あぁ、あぁ。
惚れていたからって
愛していたからって
それに飲み込まれて
容易く“一緒に…”などと
口にするんじゃなかったわ。
だって好きだから
大切だから
独りになんてできないじゃない。
なぜだかそこに
つけこまれたような
じわりじわりと粟立つような
そんな心持ちなのよ。
あぁ、あぁ。
このまま一人
逃げてやろうかしら。
あぁ、あぁ。
でも、もう手遅れね。
あなたの首は鮮やかな赤で染まっているし
わたしの胸には
何かを誇るようにキラキラと
揺らがずに立つ
銀のもの。
あぁ、あぁ。
あぁ。

0

ポエムじゃないかも。

あなたと接していると
私の存在価値を見失う。
でも繋がりは見失いたくない。

長文だってあなたに対してなら苦じゃない。
温かい毛布だって調整しながら掛ける。
背負ってくれるのはうれしいよ。
でも私だって貴女だって全てなんかなれずに一部だけで。
それがいい。それでいいよ。

貴方は日記をつけてて
そのワードセンスが好き。
人と関わりたくない、死にたいと。死にたい死にたいと。
言っているけど私と話してくれてありがとう。

0

ふぁすたーざんきゃのんぼーる

押し入れに一時避難させた要らないものは
何時か彼女が欲しがった精文館のぽイントカードと
同じ匂いがして
朝に感じた栄光が遠くなる昼、欠席連絡を躊躇いなく
化学反応が終わった電池みたい
もうどうにもならない電池みたい

0

貴方の心を諮るのに
小指と小指を絡めては
その指先を口に含む
あたしは狡い女よね。
小指に付いた紅を見て
なにも言わずに目を伏せて
あたしの胸に顔埋め(うずめ)
嗚咽の余韻を残すのは
貴方の狡さなのかしら。

1

「」

知らないよ知らないいらない
僕には必要なものじゃ無いんだ
標準装備の愛情も希望も感情も生命すらも
何もなければ傷付くことだって無かったの
だからあの日はああして泣いてたの

知ってるよ知ってる大丈夫
君にも必要な筈さ
鉾先も後悔も理性もいつかの終わりだって
「そうして出会った誰かが傷を治してくれる」
だから僕はこうして君を抱き締めてるの

2

夢のあとに続く。

夜も眠れる頃、寝惚けたひとに抱き寄せられて、わたしの耳もとを寝息がくすぐった。くすぐったいのを堪えて眠れぬ頃。生きたくない日もあったけれどずっと生きてたね。こんなふうになるとは思ってなかったような。けれど、じぶんで引き寄せたような。無防備だった背中が愛につつまれるふしぎ。真っ白でも許して、灰色でも許してみたの。切なくってちぎれても、許してみたの。手と手をつないで。ほんとうの話ってなんだろう。分からないってどんな話だろう。つないでいくよ。ふたり、ひとつずつ。

0

日常

こたつで寝ている母を見ながら

あと何年一緒にいれるんだろうとか
いつまで愛してくれてんだろうとか

考え出すときりがないし
数字は恐ろしいくらい小さいけれど


いつも「ありがとう」も「ごめん」もまともに言えない私と
毎朝欠かさない「いってらっしゃい」に
       「いってきます」といえない私と



いつかちゃんと私が
何かを伝えられるような人になってからお別れはしよう。

話が矛盾してるのはわかってる。

でも約束して欲しいの。

2

狂言

2番目でもいいんです
あなたの眼に私が映るなら

約束を忘れられても
綺麗な指輪がもらえなくても
知らないとこで誰かと愛しあっていても
それでもいいんです

例えあなたの愛情表現が
首を絞めることであっても別にいいの

あなたが私を好きって言ってくれるなら

0

雨 雨音 しずくパラパラ。☔

雨の様に
 沈んだ心を音で隠し癒してくれる。

雫の様に
 一粒一粒で雨に身を寄せて誰かを守る。

雨音で癒されて救われて、雨と共に傷を流す。
音より前に出さずに部屋の中独りで自分を出す。
雨だから。

あたしは。

誰にも気づかずに密かに自我を見出し初めて理解できる。

0

ショートフィルム

想い続けるなんて
なんて馬鹿なことなんでしょう。
叶う恋なんてもうないのに。

でも、そこに
あなたに溺れた、私がいました。
楽しくて もどかしくて 戻れない
そんな時間に
惚れていた、私がいました。

おわり

5

戯言即興詩。

きみにかけるためのことばも見つからないまま
ぼんやりとストーヴの「よい炎」を見つめてる
よく冷えた今日の風を思い出して首許にカイロ

…おやすみ。と云ったきみの、ひとつ前のことばを思い出せなかった。

0

HALO

さよなら さよなら 少し前までの私よ

マスクとメガネとイヤホンで 混雑した耳元で流れたあの曲
気づけば僕以外誰もいなくなった あの場所に響いたあの曲
あの日僕を目覚めさせた 彼の言葉にどこか連れていかれて
彼らにどうしても追い付きたくて こうやって独り言を歌にして
あなたに届けば嬉しいななんて 汚いところを少しでも綺麗に見せて
何も持っていない独りぼっちのあなたを 今から迎えに行くから

待ってて 待ってて 少し先のあなたよ

ありがとう ありがとう ずっと前の私よ

0

うんめい

運命なんか知るか。君が傷つくくらいなら、そんなもの運命と呼ぶな。
「これも運命」
だなんて、逃げるにはうってつけの言葉だから。
運命に飲み込まれないような人間に、なってみせるから、待ってて。

0

詩織 ⑰

ライバルだ、なんて馬鹿みたい


あいつはあたしのことなんて見えてない



全力ダッシュしてるあたしの横を



あいつは鼻歌歌いながらスキップで抜かす



そしてあっという間に見えなくなる


0

忘却曲線

忘却曲線 指でなぞって
時間が経てば忘れるよと
捨てれば忘れられるよと
なんて簡単だ
忘れたくないことも
忘れたいことも
いつか全て忘れて
いつか全て此処へ置いていって
何処か遠い場所まで

忘却曲線 逆さまにして
時間が経てば思い出すよと
捨てれば思い出せるよと
なんて難解だ
忘れていないものも
忘れたものも
いつか全て思い出して
いつか全て彼処へ取りに行って
何処か遠い場所まで

0

忘却

さよならと告げた君の スカートの色を忘れた
頷くことも出来なかった僕の 履いていた靴も
ただ遠い と感じることに 安心を見出していた

君を乗せた箱が通り過ぎていく
何も駅のホームで言わなくたって良かったんじゃない
取り残された僕は まるで迷子のようで

愛していたと言った君の
まだ好きだと言った僕の

お互いの色 忘れなければ きっと
もう一度、会えるだろう

0

つんと澄ましたあの子のような、

雨に濡れた野良猫のような

泣きたいのに泣けなくて瞑った瞳の奥のような

鋭くて冷たくて甘い

窓から流れ込む風の匂いに

何か大切なものを失って何かを見つけたような

冬が来た。

0

幸あれ。

親しい友人が

私に手紙の最後にいつも

「しずくに幸あれ」って書いてくれる。


この書き込みを読んだ、


あなたに幸あれ