表示件数
0

.

あなたがいるから頑張れる

あなたが笑っているから
私も笑っていられる

あなたが泣いているなら
私がそばにいる

あなたが落ち込んでいるなら
すぐに駆けつけて全力で笑顔にする

あなたが寂しい時は
手をつないであげる

幸せにしてもらうんじゃなくて
私があなたを幸せにする

守られてばっかじゃやだよ
私もあなたを守りたい

ずっとそばにいたい

声が聞きたい

会いたい

0

冷たい風がふいて

ひと雨くるねってぼくが云った途端にガラスを雨が打ったから
魔法使いだねってきみが笑ったね。そう、ことばはいつだって魔法だよって声に出さずに呟いたこと
ラブレターみたいな今日だったね、通り雨が過ぎていって

(きみって誰だろう…)

1

暗い僕、だった

でも君と出会って変わったんだ

君が笑ったら

この世界さえも変わるだろう

そう、この僕さえ変わったんだから

0

恋心

毎日会えるあの日々を

幸せで楽しいと思う自分がいた

少し会えないくらいがちょうどいいと

思う自分もいた

自分の心の支えになってくれて

相手も俺の存在で支えられたと思っていたら十分だ

そう思う自分もいた

なかなか会えない中で会える1日を

大切に過ごすのが大事だと思う自分もいた


1年ごとに変わる、僕の思う恋心

なかなか自分勝手だけど

すべての根幹は変わらない

笑顔が咲き誇ること

これこそが1番だってこと

2

電話

ふとした時に電話が鳴ると
凄く嬉しい
でも電話が
ならない日は凄く悲しいよ
そう、感じる時ない?

0

.

恵まれてなんかいなかった

この狭い檻の中で

僕はひとりぼっち

突然奪われた当たり前の幸せ

こぼれ落ちた涙が僕の頬を濡らす

なぜだろう、嫌いになってしまったからかな、もう汚いから、
いらなくなってしまったのかな、
ごめんなさい、ごめんなさい

甘い毒ガスの匂いに誘われて

グワングワンと目の前が歪む

そこには優しく微笑む
僕の大好きな人

これは幻なのかな

そんなのどうでもいいや

「おいで」って手を広げたあなたの

胸のなかで目を閉じた

あたたかい…

あぁ、嘘だ
やっぱり僕は恵まれていた

大好きだったよ
ありがとう、

ありがとう

愛してくれてありがとう

さようなら
僕の大好きだった人

0

戻る場所。

あなたは過去を振り返らなくていいわね、
そんなことを言われた。


違うの。


戻る場所なんてないの。

戻れる人なんていないの。






…それでも、前を向けるならば。

0

泣きたく無い時は泣いちゃうのに
泣きたい時は泣けないなんて
ちくしょう
どうなってんだ私

1

それぞれの道

これまで歩いて来た道を
振り返る時が来る
当たり前の笑顔があって
懐かしい声が聞こえて
戻りたいと思っても戻れない
あの時見た夢を信じて
あたしはそれぞれの道を歩く
傷つく事があっても
壁にぶつかっても自分の道を信じる
確かな答えが無くても
どんだけ不安であっても
毎日笑顔でポジティブに
みんなを信じて前へ進み続ける

0

untitled

余計なことは考えなくていい。
誰に伝えたいのかだけ考えればいい。
体裁も周りの目も評価も全部無意味だ。
内容じゃない、
君が叫ぶことに意義があるんだ。

1

なんでうまくいかないんだろう。

私はバカだから
親友と一緒にいる事が当たり前になってて。。。
君がいなくなったら私は
どうしたらいいの??
たくさん思い出作ろうって
約束したのに、思い出つくりたいのに。
私は家族予定に連れまわされて
親友と遊ぶ時間がない。
あたし、みんなに
迷惑かけてばっかり。
本当にごめんなさい。

1

いつメンの親友へ

いつも一緒にいてくれてありがと。
いつも一緒に笑ってくれてありがと。
いつも一緒に泣いてくれてありがと。
いつも一緒に楽しんでくれてありがと。
いつも一緒に悲しんでくれてありがと。
いつも悩みを聞いてくれてありがと。
いつも勇気をくれてありがと。
まだまだいっぱいあるよ、
親友達へのありがとうの気持ち…
こんな私だけどずっとずっと一緒にいてね。
ずっとずっと親友って呼べる関係でいてね。
なにがあってもずっといつメンだよ。

0

君に捧げる孤独



どうしてくれるの、わたしを箱に閉じ込めて
何処にもいけないようにって鎖で縛るのね

泥の中の白い花弁が息をひきとった
嬉しそうに笑う左手は愛じゃなくて欲望だ
永遠を気どれもしない無意味なことばのなかで
愛しも愛されもしないまま夜が終わってゆく

見えないようにって目をつぶらせたでしょ
他の誰でもないあなたの身勝手のために
魔法の呪文はとっくに死んだのよ、ねえ、夜明けなんて来なかった

気がすむまで愛しあうふりをしたら
鍵はかけないで檻の中に入れておいてね
孤独が嫌いなあなたのために
生きていく義務はないんだけどな

0

.

綺麗な景色を見たとき

美味しいものを食べたとき

好きな音楽に出会ったとき

面白い話を聞いたとき

1番に伝えたいと思うのは

一緒に見たいと思うのは

全部君だよ

0

No title

このままボクはキミの前から消えてしまっても
ただ真っ直ぐに歩いて行くだけの変わりばえない蝋人形さ
きっとキミはボクを操るために生まれてきた
傷つけるのも計算内の話で
どんなことをしたって笑っているから
あなたにも笑っていてほしいんだよ
泣かないでよ

2

水風船と歩道橋。

歩道橋の上からみた
濡れたアスファルトが
いつもよりも綺麗で

数秒間だけ、

君のことを忘れられたよ

それでも数秒後に
少し秋めいてきた日常が戻って
割れた水風船みたいに
抜け殻の愛おしい記憶の中に君を探すよ

1

今の気持ちそのまま

泣いてしまいたい
なんて 何度も星に願った
流れていった 涙じゃなくて星が
いいかげんにしてくれよって
叫んでしまいたかった
でも それを口に出せないのが
本当の私 弱虫で情けない

今の気持ちはこの詩で

1

ありがとう

ごめん、私、バカだからこれしか言えないの、

ねぇ、
いつもありがとう。

0

無題

「離れてても大丈夫だよ」

この言葉が本当だったら今こんなに辛くないはずなのに。

0

言葉に

まだ 耳を澄まして みれば

ありがとう ごめんなさい

聞こえてる

きっとまだ この世界は 終わっちゃいけない

1

蝉が啼くから夏休みだ。

はれたそら、落ちてこい
真っ白に燃え尽きながら
汗に濡れて、ぼくは

0

うたうたいの独り言

届かない

触れない指に

冷たい風がとおる。

響かない

揺れない鼓膜に

世界が斜めに揺れる。

未来は、

僕が、

独りで描けるものじゃなく

暗闇では道は見えない。

愛しい、

恋しい、

誤魔化せるものじゃなく

色も意味も見えない世界で。

1

音のナイフ9

女の子の部屋は、花であふれていました。
お母さんが育てた花をたくさんくれたのです。
男の子にはすべての花の種類を言うことができます。

この花はどうしたんですか?

枯れちゃったの。

この花にあまり水は必要ありません。水をやるのをやめて、陽に当たるところに出してあげてください。

男の子はそっと植木鉢を手に取ると、窓際に置きました。

ありがとう。

んで
もっと聴かせて欲しいの。オトの楽器の音を。

男の子は生活のために楽器を作り、鳴らしてきました。
しかし、この女の子にはいつまででもずっと聴かせてあげたいと思いました。
見たことのない世界を見せてくれた女の子には、聴いたことのない音色を。歌を。

男の子は楽器を手に取ると一音鳴らして、口を開きました。

0

おしえてほしい

あの子と話すのは楽しいですか

私と話すのは楽しいですか

あの子と私どっちの方が好きですか

0

うん。

頑張っても何も
変わらないかもしれないし、
後悔するかもしれない。
嫌われたくないし、
傷つきたくない。
きっと逃げた方が
楽なんだ。
でもね、あたし思ってたよりもあなたの事が
好きみたい。

0

いるんじゃなくて

神様なんていない
そんなこと、誰が言った?
同じような言葉ばかり綴りやがって
いいかげん気づけよ バカじゃないなら

神様はいるんじゃなくて
あるんだってことに

神様っていう存在自体が私たちに色々なことを教えてくれてること
君は気づいてた?

本と同じで神様は私たちに
自然の美しさ、儚さ、怖さ、摂理
人を大切に思うこと、好きになること、傷つけたりしないこと、いじめないこと
他にもたくさん教えてくれてる

宗教とかそういうことじゃないんだよ
当たり前のことを
誰もが受け入れやすくしたもの
それが宗教じゃないか?

ノートに書いて英単語を覚える人
教科書を読んで覚える人
やり方は違っても同じだろう?
だから宗教の違いで争うとか
神様信じない俺かっこいいとか
そういうのはもうやめよう
神様は信じる信じないじゃない
仏様アッラーキリストムハンマド
自由なやり方で学ぼうよ
当たり前のこと

みんな違ってこそ
たくさんのことが学べるんだ

神様を信じない
それに明確な理由があるなら
信じなくてもいいと思う
信じるところはみんな違うから
だけど 神様とか宗教とか
よく知っていないのに
神様仏様ムハンマドキリストアッラーを
悪者にしたような、
俺はそんなのいらねぇ、みたいな
ひねくれた考えはやめないか

あなたが信じてないものを
否定するしないも また自由
だけどそこには
信じてる人がいることを
忘れないで欲しいんだ

1

青空

雲一つない空 広大でどこまでも続いてる
太陽が眩しい すごく輝いてる
この空を見ていたら 自分の悩みなんてちっぽけに思えてくる
澄み切った青空のような心に私はなりたい

0

花火を見て(短歌)

月のぼり 空のキャンバス 描くなら
色様々の 大玉花火