表示件数
0

もーう

もーう



泣きそうになったじゃんか



頑張り方探しながら今までやってきてんな。ようやってきたなここまで。

とか言われたらもう、、

1

ソーダとカクテル

君と一緒に居られるのって
後どのくらい?
どんどんソーダの泡が浮かぶように
君と私の時間もどんどん過ぎていくんだ

辛いこともたくさんあった
何度も涙を流した
そしていつしか涙はソーダに変わる
私を嘲るあの子のお気に入りは
涙色のソーダと透明な空のカクテル
あなたが嘲る私の涙で出来たソーダは
そんなにも美味しいかい?

涙を流したから
心が冷え切ってしまったわ
透明の空のカクテルに入れる氷を
固めるにはちょうどいいけど
もうカクテルは売り切れたから
そろそろ君への恋心で
この氷溶かせないかしら?

だから君のお気に入りの
透明な空のカクテル
また作るから
今日は君に酔ってもいいかしら?

0

戯言即興詩。

ことばは量子力学じゃないし、国語は数学じゃない。
正解を探そうとするたび、なにかが軋んでいく音がする。
けれど間違いたくはないんだって、何処かでぼくの声がする。

正しい日本語って⇔国語の乱れってなんだろう?どんなに滑稽でも美しければそれでいいのにね。


(にほんごについて、美しさについて)
(詩人ってなんだろうか、いつも考えている)

0

3秒

君がここにいて
本当によかった
またいつの日か

0

涙は一歩を踏み出した

鏡を見つめ 自分の感情を確める
その表情から出た答えを口に出したいのに
口に出した答えを行動に移したいのに
涙ばかりが頬を伝う
それは私の気持ちを無視して下に落ちて行くばかり
その時気づいたんだ
瞳から流れる涙はしっかり意思を持っていた
その涙の感情を心を守り抜くために
瞳から飛び出したんだ 自らの殻を破るように
涙は一歩を踏み出した

2

友達って何
いる意味あるの
助けてほしい時いなくて
都合のいい時だけ来る
そんな友達いるの

0

日常

日常なんて、俺の中には存在しない。
そもそも、毎日が非日常だから。
非日常がいくら集まっても、非日常にしかなれない。
マイナスをいくら足してもマイナスになるように。
でも、過ぎ去った非日常が日常に思えてくるのは、
一日一日がマイナスじゃなくてプラスだからなのかもね。

0

love,

君が大好きだから
やっぱり誰にも取られたくない…。

だから
一生懸命立ち向かう。

1

No title

足下に僅かに残る希望
見失わぬよう強く踏みしめた
少しずつ鈍る感覚が
嫌なことを明確にさせた

わかっているから、キミが思うよりずっと。

綺麗に塗れたものも綺麗に濡れた夜も
僕が見せてあげる
僕が変えてあげる
何も持ってない空っぽの僕だから
キミのいらないものすべて飲み込んでみせる。

2

波、波、波

どこでもいい が
いちばんこまると
知りながら
どこでもいいよ
きみと行くなら

1

  

つまらない 何もかも
映画を見ても 音楽を聞いても
歌を歌っても 下手くそなギターをひいても
やりたいことも何だったかな
輪郭はつかめるのに
ぼやけてしまって
まるでメガネをかけ忘れた朝のような
答えは自分の中に埋まってるはずなのに
タイムカプセルのように目印が消されている
きれいな光が僕を誘ってきて
入り口を抜けるとそこは
いくつもの道があった
どこから入ってきたかは覚えているのに
その場所がわからなくなるほどに
迷っている
出口を探せば探すほど
暗闇へと進んでいくような感覚になる
閉ざされた世界
抜けることも戻ることもできなくなってしまう
迷路のような自分迷宮

1

non title

帰り道が分からなくなって
歩いて走って歩いて、ふらつきながら
迷ってやっと、帰りついた場所

まだ僕は弱いみたいだ
強くなろうと背伸びばかりした代償だ

君は言葉の魔法使いで
僕はそこに一匙の砂糖を添えるだけで十分だったのに
果たして何を望んでしまったんだろう?

そんな分からず終いの物語にも答えは隠されてるんだから、焦らなくていいよって言えたらなあ

さあ、行こうか
言葉の旅に。

2

あの子の傘 ピンク色
あいつの傘 赤色
あいつは緑 あの子は黄色 あいつは青 あいつは黒
私の傘は? 透明。

1

リバーシブル

裏側を見ないでほしいわけじゃない

ただびっくりはするだろうけど

1

Cut

僕のこの傷は一生消えることはないだろう。

あまりにも深くて見苦しい…

だけど僕はこの傷を誇りにも思ってるよ、

頑張った証として。

この傷が消えるのを恐れ何度も繰り返した日々…

この傷が消えたら僕の頑張りが流されるような気がして
怖くなったから。

だけどその考えは少し間違っていたのかもしれない。

よし、明日からまた新しい自分を見つけよう。

1

(タイトル未定)

学校に行ってるときより、ずっと家にいる方が、生きてる感じがするのはなぜだろう

0

一行ポエム

未来はきっと、今なんかよりもっと面白いからさ。生きてみようよ。

0

夢喰い

夢を喰らってください

貴方の夢なんて見たくない
貴方が笑ってくれたって
貴方じゃないもの

私は夢の中で貴方を喰らう
私だけでいい
夢で貴方じゃない貴方を見るのは

0

勇者

勇者は旅に出る
毎日せっせと働いて
強制的に課金させられて
でも強い武器は手に入れられなくて
それでもクエストはたくさんあって
ラスボスを倒せるパーティーなんて一握りで
みんなボロボロの装備で
ボロボロになりながらたたかっている
そんな勇者がたくさん旅をしている

勇者が今日もひとりたたかっている
この世界のために
ボロボロになりながら
この世界の不確かな未来のために

2

うたうたいの独り言

説明しない君。

理解しない僕。

断捨離の君。

収集の僕。

菜食の君。

肉食の僕。

肉食の君。

草食の僕。


どうして一緒に居られるのか、不思議なくらい

きっと好きなんだね。

…なんて。

0

I.

あんな親友大嫌いなんて
大声で叫んで
教室を飛び出る

きっと本性なんだろう…。

あれがあの子の本当の姿
誰も気が付かない悪魔の姿

周りを騙し続け
天使の姿だけを見せてきた

でも見てごらん

あの子の姿はまた天使へと
戻っていってるのだから…。

0

たった一人の

僕ら、たった一人の当事者である
誰にも理解されずに、深い海のような存在である。
僕ら、誰もが詭弁な勇者である
簡単に曲がる泥道をただひたすらに歩むのみだ。


全て運次第だと開き直る者もあり
世界を変えるのは俺だと意気込む者もあり
きっと世界中がそんな複雑な脳の中でいいように変換されているよ。



だから君は好きに生きればいい。
便利な時代になったもんだぜ。
耳が痛けりゃイヤフォンで塞げ、手が暇なら楽器を持て。
ほらね、簡単に攻略しちまった。



僕ら、今、世界の目撃者である。
誰かに言うも、秘めるも、自分勝手な脳次第である。
僕ら、誰もが愚かな勇者である。
信じては裏切られて、それでもやめられないでいる。


四肢を投げ出して眠る者もあり
信念ひとつ抱え走り去る者もあり
きっと視界の隅まで覆い尽くされたガラクタ&デタラメが邪魔なだけさ。



だから僕も好きに生きよう。
楽な時代なんてある訳がねぇ。
目を塞ぎたけりゃ端末覗け、口が暇なら歌を歌え。
ほらね、簡単に躱しちまった。



許せ!だなんて通用しない。
頭痛が痛い?ってバカ言うな。
きっと世界中があまりに複雑な人の中でしっちゃかめっちゃか誤解を進めているよ。


だから僕らは好きに生きよう。
孤独な時代を生きよう、勇者。
耳が寒けりゃヘッドホンで塞げ、足が暇なら走り出せ。
こりゃ、面倒な人生になりそうだ。


だから今は好きに生きよう。
現実を信じなくっちゃね。
っつったって何を信じたらいいのやら、まずは選挙にでも行こうか。
これは、僕らが一人であって一人じゃない証明的なやつかもな。
勇者なら世界を決めなくちゃ。

0

勉強ばっかりじゃ

勉強ばっかりじゃ



人が腐るよねきっと



私にしかできないことって。
なにがあるんだろう。

0

欲まみれ

世界は何が回してる?
金か? 
違うよ
欲だろ

0

恋心

ドキドキドキ
高鳴る心臓うるさいな
ドキドキドキ
隣を通ってあらため実感
ドキドキドキ
ああ、こんなに好きなんだ
ドキドキドキ
諦められない恋心

0

ドッペルゲンガー

「自分よりも頭がよくて
 自分よりも絵がうまくて
 自分よりも愛想がよくて
 自分よりも自分でいられて
 自分よりも文章がうまくて

 生まれてきた場所も時間も同じなのに
 僕は彼より劣っている。
 似ているのは顔だけで、中身は全くの別物。
 それではまるで、自分がドッペルゲンガーではないか。」
怪物は嘆いた。

0

不細工の恋詩

あなたといたいと思ったのは
あなたが可愛くなかったから
あなたを好きになったのは
あなたが不細工だったから

あなたを守りたいと思ったのは
あなたが強くなかったから
あなたを傷付けてしまったのは
あなたが弱すぎたから

あなたの声を聴きたいのは
あなたが嫌いになりそうだから
あなたの手を握るのは
あなたを嫌いにならないため

あなたといたいと思ったのは
あなたが可愛くなかったから
あなたを好きになったのは
あなたが不細工だったから