表示件数
1

LOST MEMORIES CⅩⅡ

英人は頷いた。
「ついこの前。人間界に来る前、だが。
だから、イニシエーションなんておかしいんだ。」
「あら、英人くんまだいたの?心配なのはわかるけど、休ませてあげなさい。」
戻ってきてしまった先生。
瑛瑠は驚きすぎて言葉がでない。
英人はすみませんと応え、今度こそ出ようとする。
はっと思う。随身具無しにワーウルフの魔力を浴びてしまうことになるのではないか。それでは、危ない。
ここには無関係の先生がいるため、変な言葉やものの名前は出せない。ということで、名詞の名前は伏せて英人に伝える。
「英人さん!私に貸していただけるのはありがたいですが、あなたが持っていた方がいいと思います!だって――」
「僕は大丈夫。」
何を根拠に大丈夫なんて言っているのだろうか。
「お大事に。」
その言葉と指輪を残して保健室を出ていってしまった。
「英人くん、あなたにゾッコンねえ……若いって羨ましいわ。」
黙って眺めていた先生は、書類を整理しながらそんなことを言った。
さらに取り違えた瑛瑠が、
「自己犠牲に同情してくれたのかもしれません。」
なんて返すものだから、これは前途多難だわとため息をつかれる。
指示されたベッドに入り、先ほどの会話を思い出す。
すでに成人を迎えた英人が、イニシエーションと称されてここへ送り込まれた。もはや通過儀礼でないのは一目瞭然。ついこの前成人を迎えたということは、瑛瑠と年は変わらないだろう。なぜおかしいと知りつつ英人は来たのだろうか。
やはり、今日話したかったと悔しい気持ちでいっぱいになる。瑛瑠の力を認めてくれたから、声をかけてくれただろうに。
お礼を伝えるのを忘れたな,そんなことを思いながら、ふっと目を瞑り、眠りに落ちる。
そして瑛瑠は、夢を見た。

0

『明日がくるのがこわいんだ』

夜になるといつも思う

これから私、生きていけるのかなって

一人暮らししてバイトして

金が足りなくなって家に住めなくなったら、どうしようとか

今はなんとか、楽しみがあるから生きれてるけど

大人はよく、時が経つのが早いと言う

もし、それが本当だったら

いつ死んでもおかしくないなって思った


後悔しないように頑張らなきゃな

0

四季彩

春、新たな出逢いの季節
夏、二人の仲が深まる季節
秋、寄り添い近づく季節
冬、恋の新芽が芽吹く季節

結局全部恋に繋がるじゃんかよ。

0

認めて。

認められたい
ダメなこともたくさんしたことがある
人の心も盗めたらいいのに。

10

LOST MEMORIES CⅩⅠ

混乱する瑛瑠。全く状況が飲み込めない。
「え、あの、これって」
「左手の薬指は心臓に直結している。その指輪が、きっと君を守ってくれる 」
瑛瑠に最後まで言わせずに英人は言う。
「おかしいと思わなかったか?君だけ体調が悪くなるなんて。僕が何型かは知っているだろ?」
たしかに、ウィッチもヴァンパイアも同じ特殊型である。てっきり、瑛瑠へ向けられたものだからだと早合点してしまっていたが、あの様子を見ると英人への嫉妬心も少なからずあったように見えた。英人が望の力の影響を受けてもおかしくなかったのに。
「それが守ってくれていた。」
思い当たるのはひとつしかない。左手を翳しながら聞く。
「まさか、随身具ですか?」
「ああ。」
瑛瑠はふと考える。
「……ちょっと待ってください。
英人さん、成人してらっしゃるんですか!?」

0

体育館の横で

僕が発した音で
君が泣いた
少し怖くなった
僕には誰かの感情を揺るがす権利があるのか、
同時に キラキラと光るものも見つけた。

0

ふと、

できるだけ楽に生きていきたい。

でも、時には挫折をあじわってもいいんじゃない?って思ったりする時がある。

1

non title

言葉に愛が溢れているこの場所が、いまもここにあって本当に良かったなあ。

0

勿忘草


青い夜、つめたい夜、うすい布団にくるまってきみの声を聞くのがすきだ。少し眠たげなやわらかい声で、言えずにいたことを吐き出してくれる、あの瞬間がすきだ。
布団にまもられてぼくらは抱き合って、未来へのおびえを忘れようとして、いつもそれの繰り返し。あっさり明けてしまう夜のせいで、行き場のなくなった身体を押し付けあうしかない。
いつもいつも。

眠れない夜には天使が子守唄をくれるんだって、そう言ってきみは笑っていた。
目の奥でうつくしい紅色が燃えていた。
あれがきっと命の灯だろう。

重い身体だってきみのためにあると思えば、もう少し生きていたいような気もするよ。いのちの使い道を見つけてしまったからには、生きていかなくちゃいけないな。

だからきみ、どうか笑っていてよ。いつまでもいつまでも、そんなふうに笑っていてよ。きみはきみのままで、ずっと幸せでいてよ。

ぼくの幸せなんて、実はどうだっていいんだ。


7

LOST MEMORIES CⅩ

望の言葉を思い出す。望から距離を置くために放った解釈違いの言葉を。
「いや、あの、ひとりがいいってそういうことではなくて!」
慌てて弁解する瑛瑠に、微かに笑う。英人が笑った顔は初めて見た。
「そうじゃない。自己犠牲を躊躇わないコケットだったってこと。」
思わず英人の顔を見つめてしまう。
「……馬鹿にしてます?はたまた貶していますか?」
それにはなんとも答えず、英人から礼を言われる。
「さっきはありがとう。かばってくれようとしていただろ、目をつけられないように。」
「かばったことがバレるほど恥ずかしいことはないですね。」
「結果的に嫉妬心を逆撫でただけだけど。」
「……うるさいです。」
ふて腐れたような瑛瑠の声にくすりと笑みをこぼす。
「それだけ言い返せる元気があるなら大丈夫だ。ほら、保健室。」
入ると、微かな薬品のにおいが漂っている。
英人が状況の説明をし、瑛瑠は言われたように熱を測る。
一回お休みしましょうかとベッドへ促され、英人とはここで解散となるも、養護教諭の先生が何やら必要なものがあったらしく保健室を出る。それと一緒に出ていこうとした英人は、思い出したように振り返り、まだ椅子に座っている瑛瑠の元へ。瑛瑠は不思議そうな顔をする。
「手、出して。」
両手を出すも、英人がとったのは左手。さらに、その薬指へ、自身が付けていたリングネックレスの指輪の部分を外してつける。
「僕の大切なものだから、なくしたら許さない。」

2

ふるさと

私といえば、此処なので

やはり此処にも書き込みします。

~~~ふるさと~~~


ただいま、と云える心のふるさと


ひとつあるというのは


ありがたくて


幸せだ


たとえ今悲しくても

前を向ける欠片がある。


少しだけ休んで


また発つよ、


2008/12月~2018年8月の
卒業生より。


1

3行ポエム

俺の声は、みんなに届かないかもしれない、多分届かない。でもまあ、それもいいかなって。俺の大切な人に、しっかり伝われば。

3

LOST MEMORIES CⅨ

英人が咄嗟に瑛瑠の腕を掴んで抱きとめていなければ、今頃机の海にダイブだっただろう。
「瑛瑠!?」
「大丈夫、です。」
意識はある。さすがにクラスメートもざわつき始める。
立てるか?という英人の問いかけに、英人の腕につかまりながらも はいと応える。
目眩は一瞬。今はたぶん大丈夫。
瑛瑠に手を貸す英人は、厳しい目付きで望を見る。
「長谷川、クラスメートに落ち着くよう伝えてくれ。瑛瑠なら大丈夫だから。」
黙りこむ望を睨む。
「委員長だろ。」
保健室へ連れていくと言葉を残し、瑛瑠は英人に連れられて教室を出る。
「すみません……。」
何か言わなければと思って口をついたのがその言葉。足取りはしっかりしている。本当に、先の一瞬だけだった。
「いや、ごめん。僕が悪い。まだ君の性格をちゃんと把握しないで不用意に近づいた。」

2

爆弾 【3】-2

「これは爆弾ではありません」


「......は?」
 Dにはその意味が暫くわからなかった。
「何をいっているのだ、こんなに大騒ぎをして、それは爆弾ではなかったというのか!」
「じゃあ、私たちは偽物の爆弾に踊らされたってこと...?」
 Sも当惑した表情で小さくそう言ったが、この運転手は首を縦に振らなかった。
「確かにこれはダミーです。がしかし、これには発信器が付いています」
 そう言うと、運転手はひどく怯えた表情になって再び言った。
「そしてこの発信器は、半径一メートル以内の物としか電波を交信できません。そしてその対象物は...」
 そこで言葉を切ると、運転手はスウッと息を吸い込み、こう言った。
「それは、明らかに爆発物です」
 黙って話を聞いていたDは、その言葉にひどく恐ろしくなった。それでは爆弾はまだ解除されておらず、しかもこの近辺にあるというのか...?!
「あの残り時間の数字は、その爆発物が爆発するまでの残り時間です」
「あり得ない!この車の近辺はくまなく探したはず。何処にもそれらしきものは...」
 そのとき不意に、隣に停めてあった車の後方から、小さくパンッと何かが弾ける音がした。
 その瞬間、Dは思い出した。この隣の車が駐車してきたときに、どこか見覚えがあると思ったことを。この車を何処で見たか。それは確か...。
「首長官邸だ」
 Sと運転手がぎょっとした顔で振り向く。その瞬間、Dは激しい光と音に包まれた。

0

爆弾 【3】-1

 数分後。既に残り時間は一分を切り込んでいる。
「おい、大丈夫なのか...?」
 そうDが訊いた矢先、

 ピピピッ、ピピピッ

「解除、できました」
「何、本当か!」
 運転手の言葉に、DとSの顔がほころぶ。
「ああ、良かった...!」
「良かったですね!」
 二人はしっかと手を組み合い、喜びを分かち合った。先程までの緊張感とはうって変わって、朗らかな笑い声が響く。深い安堵感に包まれてDは運転手に言った。
「君は本当に優秀な運転手だ。ぜひ昇進を考えよう。なんなら...」
「ちょっと待ってください」
 運転手は、なおも爆弾を分解しながら、厳しい声で言った。Dは、誰に向かって口をきいているのだ、と少し不愉快になったが、この際なんだ、と特に言及はしなかった。それよりも、彼のその口調が気になった。
「何だ、まだ何かあるのか」
「ええ」
 運転手は手を止めない。Dは少し不安になってきた。この男は何を言おうとしているのか。その思いに気づいたかのように、運転手は小さく、しかし強い語調で言った。

0

三行ポエム

年を取るにつれて、時間の流れは速く感じるようになるものらしい。僕らはもう、人生の半分を生き終わったんだって。

7

LOST MEMORIES CⅧ

「昨日はごめんね。」
開口一番に望は瑛瑠に謝ってきた。申し訳なさそうな様子からは、謝罪の気持ちしか見てとれない。
「いえ、こちらこそすみませんでした。」
あの別れ方は礼儀としてなっていないと、瑛瑠も反省した。昨日の瑛瑠の拒絶のためか、気持ちに抑えがかかったのかもしれない。魔力は少しも感じられなかった。
午前の授業が終わるまでは。
午前中の授業が終わったあと、英人が話しかけてきたのだ。
「瑛瑠、少し話したい。昼休み、抜けられるか?」
瑛瑠が気付いたことに気付いて話しかけてきたのだろうと察する。だから、二つ返事で応えるはずだった。
ここで、思わぬ邪魔が入る。望だ。
望はそれまで頻繁に後ろを振り返ることをやめていたため、英人のその言葉に気付いて今日初めて振り返った。
「瑛瑠さんはひとりがいいんだよ、霧。不用意に近づくのはやめてあげなよ。」
思わぬ解釈のされ方だった。自分の発言に混乱する瑛瑠。たしかにひとりにさせてとは言ったが。
どうやら、望に対する拒絶というより、周りへの拒絶と受け取られているらしい。
「いえ、私がお願いしたんです。行きましょう、英人さん。」
英人まで目をつけられるのは避けたい。なんせ、彼も特殊型だ。さらに、情報は掴んでおきたい。これはチャンスなのだ。
立ち上がり、英人の服の端を掴んで促す。もしかすると、この行動がいけなかったのかもしれない。はたまた名前呼びか、英人を優先したことか。
激しい目眩に襲われ、瑛瑠は卒倒した。

2

傲慢な詩

君のこと、すきだって
どうか 気がつかないままで
君は 知らないままでいて

知らないままで
そばにいさせて

2

LOST MEMORIES CⅦ

「正解です。つまり、そういうことです。」
そういうこと、とは。自分と同じ型では、魔力自体アップしても、攻撃型との相性は悪いままである。それはきっと、チャールズのものじゃない。では、誰のものだろうか。
「私の随身具があれば迷わずお嬢さまに貸すのですが、これでは何の解決にもなりませんからね。」
さらに頭を悩ませるチャールズ。しかし瑛瑠は、チャールズの随身具が気になって仕方がなかった。誰のものなのか。そして、チャールズのはどこへいってしまったのか。
結局、できるだけ刺激をしないように、近づかないようにするというあまりにも進展のないものしか出せなかった。そりゃ、二人のうち片方の頭脳が別のことでいっぱいなのだから仕方ない。
ベッドに入ってからも考えていた。チャールズは、自分のがあれば瑛瑠に貸すと迷わずいい放った。少なからず蔑ろにしていい代物ではないはずだが、純粋に自分を想ってのことであると理解できたし、チャールズは簡単にそういうことをする人物ではないのもわかっているつもりだ。そうして悶々と考えているうちに眠りについてしまったらしい。
頭のなかが混沌としている瑛瑠は、この日身に起こることなど知る由もなかった。

2

3行ポエム 

コーヒーを買って帰ろう。キミとの恋もこんな味だから。
空の月はキミと同じなのに

2

うたうたいの独り言

鼻に通る風の匂いが変わる。

お日さまは、ハイテンションになっている。

ただいまとおかえりの海岸通り。

焼けた砂浜のイバラ道を抜けたら

あついのにつめたい、潮水。

見ても、触れても

綺麗で、

濁りを知らない深い紺碧が

僕の心を弛緩させる。

ばいばいとまたねの海岸通り。

サザンよりアジカンな

夏の日だ。

2

LOST MEMORIES CⅥ

その夜に行われた次の日の予定確認では、チャールズはやけに難しい顔をしている。
「近づくなというのは無理な話でしょうが……。」
解決策が出てこないのだ。しかし、力駄々漏れ状態のワーウルフにウィッチを近づけるのは苦である。
「随身具(ずいじんぐ)でもあれば良いのですが……。」
随身具、それは成人の儀でもらえる護身用のアクセサリーのこと。自分に相性のいい力が宿されている。相性の悪い力から身を守るために。つまり、パプリエールが成人すると、防御型の力の宿ったものが授けられる。それを身に付けることで、攻撃型の力を防ぐ力が補われるということ。しかし、瑛瑠はまだ成人していない。
「生憎、私の随身具はここにありませんし……。」
瑛瑠はふと疑問に思う。チャールズの首元のそれからは、魔力が感じられる。
「チャールズ、そのネックレスは随身具ではないの?私、てっきりそれがそうだとずっと思っていたのだけれど……。」
チャールズは、ああ,と言って外してみせる。チャームも何もついていないネックレスを、テーブルの上に置く。
「この魔力が何型かわかりますか?」
本来であれば、ウィザードは防御型の魔力を宿した随身具であるはずだが、瑛瑠の感じたものは違った。
「……特殊型?」

0

我が儘

見上げた空には
輝く月

その近くで
輝く電灯

なぜ人は
手の届かないモノを
手に入れたいと
思ってしまうのでしょうか

6

LOST MEMORIES CⅤ

無意識に手をのばしていた白桃烏龍は、もう半分もない。
ここまで誘導されてわからないチャールズではないし、そもそも話を聞いてはじめから察していたようにさえ感じる。
「いつになっても色恋というのは面倒なものですねえ。」
「俯瞰しているのね、チャールズさん。」
渦中にいる瑛瑠は笑えない。冷ややかな目を向けると、微笑みが返ってくる。
「でも、得るものは多いんですよ。」
優しく微笑んだまま言葉を紡ぎ出す。
「そこでしか得られないものもあります。お嬢さまは縛られた立場ではありますが、否定されていいものではありません。
学校生活では、何があるかわかりませんから。」
ね?とウインクするチャールズ。これはどのように受け取ったらいいのだろう。
「チャールズも何かあったっていう解釈でいいのかな?」
ちょっと口角を上げて尋ねると、カップを置きソファに身を沈め腕を組み、
「おませさんですね。そんなにオトナの恋愛を訊きたいですか?」
なんていうから堪らない。
「お、オトナって……高校のときの話をしてるの!
そんな色気撒き散らして変なこと言わないでバカ!」
顔を紅くして横のクッションを投げつけて出ていく瑛瑠は、チャールズがしばらく笑いが止まらなかったことなど知る由もない。

0

爆弾 【2】-2

 運転手が車の下から手を引き抜くと、その手には黒く重厚なものが握られていた。
 真っ黒な四つの円筒。
 赤や緑、青の導線。
 黒のバックに赤く光る7セグメントの「06:26」。
 そして、断続的に鳴る、鋭い電子音。
「じ、じ、時限爆弾だ...!」
 Dはすっかり腰を抜かしてしまった。運転手は目を見開いたまま驚愕の表情である。Sは完全にパニック状態だ。
「どどどどどどうしましょう?!」
「あ、あ、あわ、慌てるな!おおお落ち着くんだ!」
「二人とも落ち着いてください!」
 運転手が二人をたしなめる。しかしその当人もひどく落ち着きがない。そうこうしているうちに、残り時間は「05:58」を表示している。
「こ、これって、解除しないとマズいんじゃないですかね...」
「何を言ってるんだ、今すぐ逃げるんだ!」
「しかし、このまま逃げては、F国の人々を犠牲にしてしまいます!」
「むう...。だが、それならどうすればいいと言うのだ」
「私が解除しましょう」
「「ええッ!!!」」
 突然の運転手の申し出に二人は思わず声をあげた。
「本当に、本当にできるのか...?」
 驚愕を隠しきれず、Dが言った。
「正体のわからない人とは常々思っていたけれど、まさかこれまでとは思わなかったわ...」
 Sも目を見開いたままそう言った。
 運転手は全く耳を貸さないで爆弾に向かっている。ハサミとドライバーを手にしてなにやら真剣そうである。仕方なく、Dはこの得体の知れない男を見守ることにした。

0

靴、ぬぎすてて。

ほら、空をみあげてみよう。
世界ってかなり広いんだ。
君らの世界なんて狭いんだ。
ほら、全部ひっくるめて。
現実のいやなことをよ。
思いっきり走れ。
あの太陽へ。

1

三行ポエム

なんだかいつもより喉が痛い気がして、咳き込んで吐き出した痰は、昨日言い損ねた「ごめんなさい」と、明日言おうと思った「ありがとう」の塊。

0

爆弾 【2】-1

 それから十数分後のことである。一行は休息を終え、車に戻ってきた。そのとき、一行の車の横に空いていたスペースに、一台のバンが勢いよく滑り込んできた。ちょうどその横にいたDは危うく轢かれそうになった。
 何処を見て運転しているんだ、危ないだろ、と声を荒げるも、その車の主は何食わぬ顔で車を降り、行ってしまった。
 ますます不機嫌になりながら、Dは悪態をついて車に乗り込んだ。すると、Sがドアを半開きにしたまま、車の横に立って眉を潜めているのに気がついた。
「どうした、さっさと乗らんか」
 とDが車の中から未だ不機嫌そうに言うと、
「あの、何か変な音がしませんか」
 Sが怪訝な顔で言った。
 少し耳をすませてみると、なるほど、確かに微かな電子音のような音が聞こえなくもない。Dは表情を少し不安そうに変え、
「一体何の音だ」
 と言った。Sはゆっくりと車を一周して、辺りをきょろきょろと見回し、それからもう一度ぐるりと回って言った。
「この車からです」
「何ッ」
 そう叫ぶと、Dは慌てて車から飛び出した。
 二人は運転手と三人掛かりで音の発生源を探した。そうして一分もたたない頃、運転手が車の下を覗き込んで、
「ありました、多分これです!」
 と叫んだ。

1

ズルいよ

謝るなんてズルいよ。
何も悪いことしていないのに
そんなに謝られると
自分が加害者みたいになるじゃん。
何も悪いことしてないから
謝らなくて大丈夫だよ。
もっと胸を張って良いんだよ。

と思ったけど人のこと言えねぇや。
自分も結構の頻度で謝っているから。
多分相手も同じこと思っている。
お互い様だな…。
切磋琢磨して頑張りましょう。
互いに高みを目指してこれからも。