表示件数
0

キセキ

一つでも違えば何もかも変わっちゃうの
ほんまにそう

絶対叶わない恋やってずっと思ってたのに、
お互い同じ時期に好きになってて実は最初から両想いやって、
お互いずっと私、僕じゃ釣り合わないって思ってて笑
思えば遠距離で住んでる世界も全然違う私らが出逢えてしかも両想いになるのって、ほんまにすごい確率で
奇跡的、運命的な私の高校生最後の夏の恋

お互いがお互いのこと本気で好きで、尊敬しあってて、お互い以外はありえなくって、大切に思ってて、弱いところも見せ合って、
まだお互い高校生やけど、付き合って2ヶ月もないけど、三重と神奈川の遠距離やけど、
大学生になっても、大学卒業しても、ずっと一緒にいようねって、プロポーズ予約しとくって
高校生で運命の人に出逢えるなんて結婚考えるなんて思ってもなかった

あの日、勇気出して気持ち伝えてくれて、
いつも大切にしてくれて、
それをちゃんと言葉にしてくれて、
何でも話してくれて、
私の恋人でいてくれてありがとう

言葉にして伝えるのが苦手な私やから
いつも素直に言えないけれど、
これからもずっとだいすきやよ
はやく逢いたい

0

LOST MEMORIES CⅦⅩⅥ

「もう、ハメたってことですか長谷川さん?」
普通に聞いてくれたら良いのに。そう頬を膨らませる瑛瑠は、横にいる望と帰路についていた。
ごめんねと謝る望は、ぼく信用ないでしょ?誤魔化されないかとおもって。自嘲的にそんなことを言う。
膨らんでいた頬は元に戻り、瑛瑠はきょとんとする。
「私、長谷川さんのことは初めて話したときから信用していますよ?」
「……ウルフなのに?」
「……それの何が関係あるんです。」
思わず立ち止まって目を合わせる。望が先に吹き出した。
「ほんと、そういうところだよ、瑛瑠さん!」
楽しそうに笑って歩を進める望を瑛瑠は追いかける。
今のどこにツボがあったのだろうか。
スカートが揺れる。
ふわっと風がふたりの頬を撫ぜた。
「ねえ、瑛瑠さん。」
隣で歩く彼を見上げる。柔らかそうなそのくせっ毛が、微かに揺れている。
彼の瞳が、視線が、声が、優しくて柔らかい。
望が立ち止まるから、瑛瑠も立ち止まる。
彼の唇に乗せられた言葉。
「瑛瑠さんのことが、すごく、好きだ。」

0

君の幻

涼しい夜
静かな夜

こんな夜に君と居れたらなぁ
たくさん話せたらなぁ

でもありえないってわかってる
だから一人眠るんだ

虫の声を聞きながら

夢で逢えたらなぁ
ダメだ
眠れないや

ウソだよ
おやすみ

0

届け

こちらは星空放送局
消息不明の君へ。
ハロー、今どこにいるの?急に消えないでよ。
そこで、昔に戻りたいって言ってた貴方に一度だけチャンスをあげる。だから、私の側に帰ってきて?ちゃんと守ってあげるから。

0

消えようか

この世界に嫌気がさしたら
此処に生きる意味を見出だせなかったら
誰からも愛されなかったら
このまま誰にも気付かれずに
消えてしまおうか

0

あーーー

学校の課題で話を書けというのがしょっちゅうあって大変でも楽しいのだけど、毎度これ書きたいあれ書きたいってなるから結局時間が足りんorz
こっちに書き直して上げるとかしても良いんだろうか?

0

秋雨

何かを堪えるような雨が降った
まるで私みたい、と笑った
頬に流れる雫は私の涙か、雨か
解らなくて
この雨が止んだら
寒くて 苦しい
冬が来るんだろう

0

無題

「大丈夫?」って聞かれたら
「大丈夫」って答えるしかないじゃん

0

気持ち

ため息が出るんだ
もう逃げれる幸せなんてないのに
もうこれ以上僕から何も取らないで欲しい

雷が光る
雷が鳴る
ココロノヒビもあんなふうに
遠くから近ずいて来るとわかったらと
できる前に信号があればと
あんなふうに皆に見えたらと
恐れられたらと

会いたくない
触れないでと
これ以上触ったら
崩れてしまう
どうにか形保っていた
ヒビだらけの
瓶のように

涙が出るんだ
もう水源は枯れてしまいそうなのに
もうこれ以上僕から何も取らないで欲しい

風が吹く
風が鳴る
ココロノヒビもあんなふうに
皆に気づいてもらえたらと
迷惑をかけれたらと
あんなふうに皆に感じられたらと
恐れられたらと

会いたくない
触れないで
これ以上触ったら
崩れてしまう
どうにか形保っていた
海に削られた
海氷のように

崩れないようにそっと抱き抱えてほしい
ぼくが綺麗に治るまで

3

ねえ、

百万回の I love you.と

たった一度の愛してる

どっちの方がいい?

0

オセロ

黒に挟まれたら
否応なしに黒になる

白に挟まれたら
否応なしに白になる

だけどせめて
裏側に
本当の色を隠し持っていたい

そんなことを言っても
どっちが本当の色かなんて
自分でも分からなくなってしまう

0

しらんけど

出会い別れ重ね
寂しさに目覚め
白黒の日々を今日も生きてる
悲しみに耐えて
苦しみを隔て
その中でも強くあれ たらいいな

今日日あった嬉楽しきことも
自信持てずに振り返る何度も
自分が今までやって来たこと
本当に自分が歩んできたもの?
記憶さえ作られてしまうならば
安らかに無意味な今日にも去らば

一途な想いが私には眩し
長年片想い私には重い?
開けてない扉 行き先はどちら?
日常から夢想に逃避行

寂しさに目覚め
出会い別れ重ね
彩りの中を今日は生きてる
昨日までの日々も
今日からの日々も
1つ日々もが私の人生だから

0

LOST MEMORIES CⅦⅩⅤ

静かで落ち着いたその声は、瑛瑠を離さない。
「瑛瑠さんのこと、避けてるか避けてないかでいえば、避けてるのかもしれない。」
教室でも聞いた言葉だった。
「ぼくが原因で瑛瑠さんを困らせてたことを知って、恐くなったんだ。近くにいると、困らせると思って。」
哀しそうに微笑む望。
窓から、暖かい光が入ってきた。望の視線から解放されふと外を見ると、夕焼けと呼ぶにはまだはやい赤みがかった青い空が見える。
瑛瑠の視線の先に気づいて、望は先程より柔らかい声で訊ねる。
「綺麗だね。帰ろうか。」
さすがに驚く。まだ望はここへ来たばかりである上に、話も始まって間もない。何か理由があってここを指定したのではないのか。
口ほどにものを言う瑛瑠の澄んだ眼に望は苦笑する。
「ここを指定した理由は3つ。1つ目は、人が少ないから他人の目を気にしなくて良いということ。2つ目は、待ち時間が暇にならないような場所であること。最後が。」
一度切ったことで、瑛瑠の眼は再び望を捉える。
「瑛瑠さんが、何について調べているのかを確かめるため。」

0

依存症

出口のない部屋に君と二人
ずっと一緒にいられたら
どんなに幸せなことでしょう

飽きさせない
逃げさせない
愛してあげる

どんなにどんなにどんなに愛したって
貴方が好きって言ってくれなきゃ
こんなこと考えもしないのに

0

白昼夢

あなたは確かに笑った
彼岸花のように紅くて
なまめかしい唇を歪めて

鮮明に覚えているのに
長くて艶やかな黒髪も
吸い込まれそうなあの瞳も
消えてしまいそうなくらい透き通った肌も

あなたはどこへ
行ってしまったの

1

gazer

who it is that we are handled by
someone is gazing our trivial battle and struggle
riddle to me
we just huddle in the middle of the vast globe

4

LOST MEMORIES CⅦⅩⅣ

妖孤のランクについてページを進めようとしていたところで望が来た。
「ごめんね、瑛瑠さん!」
図書室のため声は抑えているが、申し訳なさ全開の表情からそれは伝わる。
望は瑛瑠の隣に腰かけた。
「いえ、興味深いことがたくさん学べました。大丈夫ですよ。」
開かれたままのページを望は目で訊ねる。
見てもいい?
瑛瑠が差し出すと、心得顔になる。瑛瑠がほんの少し目を丸くする羽目になった。
「やっぱり、瑛瑠さんとちゃんと話さないと。」
ぽつりと零れるその声。
窓の外からは、色々な音が聴こえる。この声は、運動部だろうか。遠くでは、楽器の鳴る音が聴こえるような気がする。
それでも、静かなその声に耳を奪われる。
横にいる望と視線が交わる。目を逸らすことは叶わない。
「ぼくは、ワーウルフだ。」

0

花占い

好き
嫌い
スキ
キライ
すき.....
きらい........

もうそんなことやめて
その摘んだ花一輪もって
つべこべ言わずに
大好きな人に会いに行けばいい

0

題無し

この間、家を出ようとしたら、雨が降っていた。合羽を着なくっちゃ、鞄もゴミ袋に包んで濡れないようにしよう、駅から高校まで少し歩くから傘も持たなきゃ。そして約5分後。万全を期して僕は玄関の戸を開けた。雨は殆ど止んでいた。
「…お前、僕のこと嫌いだろ…」
と、僕は世界に向かって口の中で呟いた。

0

このままずっと夜が続けばいいのに
そう嘆きながら
今日も逃げ続ける

昼間さえも
なにもかも
自分のものになればいいのに

いつもいつも同じことを嘆き続けて
そうして
はじめて私は生きていける

0

 お花畑

幸せってなんだろうな
王子様とお姫様みたいにはいかないけどさ
あなたが隣にいると 世界がニカッと笑っていて
世界が僕ら二人だけを隔離している
お話のようなロマンチックな演出は
そんなには起こりはしないけど  
こんな平凡が僕にとっては
きっとそうなんだろうな

王子様とお姫様がたまたま美男美女だっただけでさ
王子様はお姫様が隣にいるだけできっとそれだけで
そこだけなら平凡なぼくと何ら変わりはないのかも

0

No title

丁寧に包んだって
あなたはきっと乱暴に剥がすから
はじめから剥き出しの
ありのままの私を見てよ

0

星巡りの詩

あのひとの命に終わりがあるように
あのひとの言葉は永遠ではないのかもしれない
抜け殻みたいな落書きに神様は宿らない

動物が、呼吸をすることがそんなに
しあわせなことだと思えないんだ
目を伏せて懺悔したきみの横顔
ひとり分の酸素が飽和した星で
辿った足跡の途切れる場所を探している

報われないことばかりだなにもかも
隣にいても触れられない近さで
きみのこといちばんに知っていたかった

0

あの日

もういちどだけでいい。
あの日を繰り返したい。
君にもう一度逢いたい。
あの日存在していた君。
今は存在していない君。

0

明日へ送る詩

朝起きて、学校行って、友達とダベって、部活やって、電車乗って、家に帰って、寝る。
大まかに言えば単調な日常だけど、それぞれは毎日ちょっと違って、それが楽しいなって。
今日の違いはなんだろうって、毎日がちょっと楽しくなる。
さあ、明日はどんな明日が楽しめんだろう

0

空虚

虚しい
苦しい
寂しい
面倒くさい
私の思うことは
いつだって 真っ暗
こんなとこで泣くなんて
ばかみたい
ばかみたい
ばかみたい
自分が何処にいるか
分からない
分からない
分からない
自分の居場所なんて
どこにも無いんだ

0

進め

進め その1歩が道となる

進め その1歩が力となる

進め その1歩が誰かの道しるべとなる

進め その1歩に全てを込めて

0

過ぎ去りし一瞬

海に行けなかったこと
5年ぶりに食べたかき氷
全力で楽しんだ大好きなアーティストのライブ
ライブグッズのためと、頑張れた短期バイト
いつもに増して暑かった日々
少しだけ日焼けた肌
花火大会
ひさびさに会えた友だち

長く、短い夏でした。

0

寄生虫

君の脳内に住み着きたい

貴方が思うこと
貴方が感じること
貴方が好きなひとを

前頭野を駆け巡り
後頭野を走り抜け

全部全部全部
認知するの

麻痺させてあげる
脳内は私だらけに