表示件数
0

愛してるなんて言わなければ。

愛なんて。
初めはあんなに好きだったのに。

愛なんて。
今じゃクソ野郎。

愛なんて。
一人に注がれるものじゃないらしい。

愛なんて。
賞味期限付きだと
君が教えてくれたから

愛なんて。
くそ喰らえ。

0

秋風

哀愁漂う季節の初っぱな、
哀しみも愁いも吹っ飛ばした秋風。
その風と共に君登場。
粋な風が、君をいとおしく思わせる。

物質が消滅しないと云うのなら、
感情も消え去らないと云うの?
俺の中から旅立った感情は、
乾燥した風に乗って、誰のものになるの?

そんな思いなんてきっと知らずに、
君はコンビニおむすびを頬張る。
そんな仕草がいとおしくて、
秋も悪くねぇかな

秋風に舞う君の黒髪。
この季節にはひどく不釣り合いで、
そのくせどうしようもなくいとおしい。
ありがとう、そっと呟く。
いとおしさを連れてきた風に、
哀愁を乗せて去って行った秋風に。

0

うたうたいの独り言

自分のことは、話さない。

人には話させて。

自分のことは、認めない。

人のことは丸ばつはっきりさせるけど。

自分のことは、見せない。

人のことは見てるけど。

一生、こうやって大事なことは

何一つ言えず、

伝えたいことは

何一つ伝わらず、

拠り所も寄り添うことも

不器用を言い訳に

独りで生きていくんだろうね。

泣きたい夜と

笑えない昼の

真ん中で。

0

笑い

私の笑顔も
君の笑顔も
偽物なんだよ
私は繕う笑い顔
君は裏切る笑顔
私の心を踏み荒らして
たのしいの?
偽物も信じてみたくなっちゃうのが人なら
私はちゃんと人だね
君を嫌いたくないんだ 
信じるのは無駄ですか?

0

満たされたって、雲隠れ

今日は まんまるのお月様が見える日よ。
そう教えられたあの頃から
もう数年の月日が経った

僕の心はまんまるのお月様のように
綺麗に光って満たされているはず
それなのにどこか満ち足りないのはなぜだろう

ありのままの自分を認められず
太陽がなければ自分が輝けない
その寂しさに触れたからかな
自分が嫌になっていた。



でも、今ならいけるかも。
雲隠れしたって
太陽がなければ生きていけないから
お前は光ではないと言われても
クオーターの傷が何個もできても
しゃんと今日も夜空に浮かんで
神秘的な光をもたらす月のように




私も前を向いて
誰かを輝かせる影でありたい
太陽を輝かせる影でありたい
そう、中秋の名月に祈るのです

0

苦手なこと

人と会う約束が苦手

約束の日にちを決めるのが苦手
何日がいい?いつ空いてる?が苦手
約束の日が近づくにつれてじわじわ嫌になる

いきたくないなあ

急な仕事、って嘘も
学会が入った、って嘘も

もうバレてるんだろうけど、ごめんね
行きたくない

でも、再来月は本当に学会なんだよ
これは本当だよ

0

銀木犀の落ちる頃

金木犀が香りだす
また貴方の右手が恋しくなる
いつもカサカサに乾燥してて あたたかい
その熱を忘れたくない なんて思っていたら
いつまでも いつまでも私の中に残っている
困ったな
いつまでも
貴方を忘れることができない
イヤホンから聞こえる調べは哀愁漂うものばかりで
柄でもなくノスタルジーってやつに浸って
いつからか
お腹なんかもう空かなくなったよ
けど 今日もあなたのいない世界で生きていかなきゃ いけないから
コンビニおにぎりの最後の一口を放り込んだ

0

夜風のふく涼しさと

あの影は何に見える?
うさぎが餅つきしているの!君はどう?
...メルヘンだね。
僕にはただのきれいな月にしか見えないよ
...ばかにしてない?
してないよ。
だって月が綺麗ってそういうことでしょ?
え?
直球勝負で言うしか無いみたいだね。
君が好きです。愛しています。

それは10年前の記念日。
君を見るのが最後になるなんて、
そのとき僕は思いもしなかった。

そちらからの月はどう見えてますか?
僕は相変わらずきれいな月にしか見えなくて。

ふと、涙で濡れた頬。
涙で滲んだ目に映る月に、
初めて、あの影が見えたような気がしたよ。

0

おやすみがあるからおはようがある

昨日のうちに窓を開けて
2人で月を見て布団に入ろう。

そしたらきっと明日の朝、
隣にいる君の温かさが嬉しく感じるから。

2

LOST MEMORIES CⅦⅩⅧ

望はくすりと笑みを溢す。
「さっきより険しい顔になったね。
……急に言われても困るだろうなって思ったんだけど、止められなかった。」
頬を少しかく。
「どう想っているか知ってもらいたかっただけなんだ。だから、返事はいらない。むしろ、ここで返事を引き出してショックを受けたくないからね。」
保守的でしょ?攻撃型なのに,そう言って笑った。
望の目が真剣な色を帯びる。
「それ以上に、共有者として、仲間として、同士として、瑛瑠さんと信頼関係を築きたいんだ。」
「……それは、私もです。」
それがひとつの終止符となる。風の優しい音を共に聴きながら、ふたりは特に何を話すわけでもなく歩いた。
そして、T字路に出る。

0

出来たらでいい。

出来たらでいいから
そばにいて。

出来たらでいいから
僕と話をして。

出来たらでいいから
手を繋いで。

出来たらでいいから
君の時間、僕に頂戴。

出来たらでいいから。

出来たらでいいから。

出来たらでいいから。

僕なんかで良ければ愛して。

出来たらでいいからさ。

0

What Are You Waiting For?

‪一体何を待っているの‬?
‪ ‬
‪ひとすじの落雷‬

‪完璧な夜‬

‪全てが正しくなる日‬

‪こんなところでずっと何を待っているの‬?

‪奇跡が転がり落ちるとき

空からお告げが降りてくる

‪そんな頂を見ながら

‪愚図っと立ち尽くしてるだけ‬で

‪一体何を待っているの‬

‪何を目指しているの

‪何を備えているの

‪恐怖なんていらないでしょう‬

‪思い通りに生きたいでしょう‬
‪ ‬
‪もう二度と立ち止まらず‬

‪走り出してみなよ‬

‪間違いを犯すのは怖くないって‬

‪もう待たなくて良いんだって‬

‪その背中を蹴飛ばしてあげるからさ‬

‪だから教えてよ‬

‪こんなところでずっと何を待っているの‬

0

稲荷寿司

 空気は乾燥してるし毎日嫌なことばっかだしまわりは嫌な奴ばっかだし田舎だし学校遠くて通うのめんどくさいしでもお母さんうるさいからしぶしぶ唇の皮を歯でむきながらほら、ぷぷぷって歯の先でむいた皮吐き出しながらとぼとぼ歩いてたら汽車来てたからでっかい胸揺らしながらホームに向かって階段ダッシュしてわたしの胸はお母さんゆずりの巨乳でずっとコンプレックスで高校卒業したら東京で絶対小さくする手術するんだって三年前から強迫的に浮かんでくる観念にまた頭支配されちゃってわーってなっちゃってホームにうずくまってたらトレンチコートに肩かけ鞄、ハット姿の哀愁漂わせた初老の紳士が大丈夫ですかって声かけてきてうつむいたまま大丈夫ですって言ったら、「そんなに世のなか素晴らしい人いますか? あなたはまわりにばかり求めているようですがあなたは素晴らしい人に見合うだけの人なのでしょうか。まあそんなことはいい。あなたを傷つけてくるような人はあなたより劣った人なのです。そんな人に出会ったとき、わたしだったらほっとします。自分の劣等感を刺激されずにすみますからね」なんてぬかしやがる。
 何言ってんだこのじじいって思ってからもう帰ろって思ってとりあえずベンチに座って呼吸ととのえてたらじじい、肩かけ鞄からコンビニのおむすび出してきて、「朝ごはん、食べてますか? 朝食べないから貧血起こすんですよ」って。うつむいてたけど絶対にやにやしてやがるのはわかった。
 むかついたわたしはおむすび(沖縄塩)引ったくって貪り食って顔を上げたら地元の観光協会の作った稲荷大明神のオブジェ。
 田舎は変化しない。老化するだけだ。塩おむすびび色の雪がまた今年も。けっ、死ねよ。どうせなら稲荷寿司よこせ。

0

ネバーランド

不気味なほどすがすがしいこんな朝に
きみが死ぬことについて考えていた
もう秋だね、もう冬だね、
あたらしい季節にいのちがめぐって
きみはまたひとつ、重力を
羽に変えようとする
そういうところがとても嫌いです

ぼくがぼくでいなくちゃならない
理由をさがす理由が見当たらない
迷子は詩人になりたがって
大切なひとを大切にする方法がわからない

空想のなかで百回きみが死んでも
世界の終わりにながす涙はきっと
きみのかたちをしている

0

二次関数、恋心。

「君が好き」

伝える為に何回も解き直した二次関数。

切片も傾きもXの僕も、

何回も確認して値は合っている

…はずなのに

Yの君はいつも違う数値。

確かめ算だって、グラフの見直しだって、

嫌という程しているのに

Yだけが思った数値と違う

ねえ、教えてよ。

Y(君)は、どこにいるの?

0

メッセージ

突然、飛び込んできたメッセージ
月が綺麗ですね
見上げてみても月は出てない
貴方が伝えたかったことって
もしかして
愛してる
ほんとだ 月が綺麗だ

6

LOST MEMORIES CⅦⅩⅦ

「でも。」
望は歩くことを再開する。瑛瑠にどう反応して良いものかを考える時間すら与えずに。
「だからどうしたいとかじゃないんだ。」
振り返り、瑛瑠に笑いかける。
「置いてくよ?」
瑛瑠は慌ててついていく。
「あ、あの、」
「ぼくは。」
瑛瑠の言葉に自分の言葉を重ね、ふうと息を吐く。
「ぼくは、瑛瑠さんを困らせたい訳じゃないんだ。」
しわ寄ってるよ,そう言って眉間を軽くつつく望に、2日前の荒れたような気はない。
瑛瑠は絶賛混乱中である。何が、どうなっている。
「すべての原因は、ぼくが瑛瑠さんに寄せる想いなんだよね。
だから、我慢できないなら我慢しなきゃ良いと思ったんだ。」
前半はそうなのだろうと、他人事のようにではあったが感じていた。しかし、それがどう転んで、だからに繋がるのか。

0

秋の月との距離

>そっちから見える?
                                 何が?<
>月。
>今日は中秋の名月だから
                                  へぇ<
                              テレビ見てた<
                       ちょっと待ってね、今外出る<
>どう?
                           んー、雲に隠れてる<
                                   お<
                              見えた見えた<
                      おーきれいきれい、すごいよー<
                              すごく明るい<
>ほんと?
>写真送って
                           そっち曇ってるの?<
>そうなんだよね……
>見てみたくてさ、お願い!
                                いいけど<
>けど?
                             いや、いいよ?<
>やった!
                           ん、うまく撮れない<
                                 撮れた<
                           こんな感じでどう?<

届いた写真。
白く光る月。
細い指のピースサインが写っている。
宮城―東京間の距離は約300km。
地球ー月間の場合は約385,000km。
どっちも遠いには遠いんだけど。
きみのその手の方がよっぽど近いんだよ。
 
>きれいだね
                                そうだね<

0

夏と髑髏

私が骸になるべきだったのか
呪いがまだ解けないままだ
舌を出して 中指立てたって
弱い自分が変わるわけもない

怒る資格なんてあるのかな
所詮私もあなたと同じなんだ
自分の弱さ認められず
傷つけてしまったんだな

蝉の死骸すら美しくみえた
あてがおうとしたナイフは消えてしまった
あの人の伸ばした手が、脳裏から消えない
そんな夏を超えて

それでも私は生きている
それでも私はここにいる
髑髏が踵を返して
死に見放されて私は生きる

彼の伸ばした手は、暖かった
そんな疾風の如く
消え失せた夏だった
それでも
あなたにどれだけ嫌われようが
どれだけ好かれようが
もうどうだっていい
私の夏は、きっとそんなことだ

0

中秋の名月

「月が綺麗ですね」
こんなセリフ、私にはかっこ良く言えそうにないから、ストレートな言葉で伝えようと思う。
そんなこと、「好きです」なんて伝えられるはずないのにな。

0

けじめ

知らなかった、こんなに重いものだとは…

もうただのクラスメイトなのに、
同じ部活にいるだけなのに、
もう、糸はぷっつり切れてしまったのに…

他の誰かを好きになって、告白したくて、
その前に、けじめをつけなきゃって気がして、
あなたに、…てほしくて、
その勇気が湧かなくて、今日もうだうだして、
俺の臆病さを呪って、
今日が終わってく。

0

いたい

手の平は灼けた
屑になって
触れられない秘密が花びらが落ちるように花が枯れていくように
言葉もない
弓なりになった月
明日の行方
君はいつも笑っている
手探りだったのに
蝕まれた患いで落ちるような気がした

0

漂ってる
ただ酔ってる
頼ってる
必要なことは何?

0

秋は恋の季節

秋の匂い
秋の風
鉄紺色の月
銀杏の葉っぱ

その全てが
だれかと愛し合いたくなる

1

ぶれーくふぁすと

温もりなんていらない
あなたの体温なんてあてにしてない

くすぐったくて起きた朝に
嘘はひとつもないから

何でも完璧にこなしていた
中の上の生活調整して
誰にもバレないように迷惑かけないように

生きたくはない
誰なんだ僕は

あえて焦がした方が美味しいよ、と
君は僕に作ってくれた
今ではもう自分で出来るよ
焦げてしまったベーコンと黄身の割れた目玉焼き

0

そういうものなのか。

こんなことをしたくて生きているわけじゃない

もっとなにか爆発的なものを自分から生み出したかった

それを多種多様な方向にぶっぱなしたかった

そんな気がする。

0

夢、それは嘘

ここは夢のくに
そう、そして嘘のくに

その全てが夢という名の嘘なのです
あなたは今日も
その嘘に騙され
幸せな夢を見るのでしょう

でもはじめから
あなたは分かっているでしょう

ここは嘘のくにだということを


0

中毒症

ふとした気の迷いで色んなことをしてしまう
人間ってそんなものだ
魔がさす、ってやつかな

魔法のカクテル、と称して
薬に手を出すことだって
本来犯罪だ
みんなは薬がダメだって知ってるから
理性を保つけど、もし理性がなくなったら
この世界はどうなるのかな

私は…?私は理性を保てるのかな?
今保ってるけど、いつか途切れてしまう日が
来たりしないよね?
そんな不安に駆られる

今だって携帯中毒症に近いし
あの傷だって治りゃしない
傷は消えても跡がなかなか消えなくて
まだ心にナイフが刺さっている

嗚呼 私って弱いね
素晴らしい人間になりたいだなんて言っても
結局人間なんて醜い生き物だ
中毒に塗れたこの「ほし」は

4

3341

タイトルに
  回
 転
をかけてしまったので


でいいます


恋人がほしい

1

背伸びした食べ方。

お皿に移した瞬間に
崩れてしまった プッチンプリン
ボクにはまだ早かったのかなぁ
大事にしたかった気持ちと
かっこつけたがった気持ちとが
お皿の真ん中でぐちゃぐちゃに混ざる
そんなボクの腑抜けた顔を
残念顔のキミは画面越しに見つめてる

0

決断と後悔のカップリング

とりあえず選択肢広げるために勉強するとか
多くのことに手を出してみるとか
そんなこともよくあるけど
いざ決断をしたあと
選択肢が多い方が後悔は大きくなるんだ
そしてそれに気づくのが往々にして
事後っていうのがまた呆れる
だから今日もまた乾いた笑みを浮かべる

0

ゆうぐれ

わざとらしいしかめっ面をしてみせた
君のあたたかい手で撫でてほしかっただけ

少し大きかった左手のリングはいつのまにかぴったりになっていて
あんなにほしかった温もりがすぐ隣で眠っていた

幸せだ幸せだって言い聞かせて歩くの
いつまでもいつまでもこのまま笑っていたい

幸せだ幸せだって言い聞かせて眠るの
君が生きている限り死んだりしないよ わたし

0

秋の夜長

あぁ疲れた、なんて
霧雨舞う夜に呟く口元
かきあげた髪の毛、指先

最近はどうも乾燥がひどくて
あちらこちらがカサついている

そんなことを思いながら歩く夜道
高いところにいるお月様に哀愁を感じる

秋の夜長というけれど
それでも24時間じゃ全然足りないよ

やらなきゃいけないことは山積みで
乾燥に負ける唇を、髪の毛を、指先を
大切にいたわる時間も無いままに今日が終わる

コンビニおむすびを頬張るその口が
また少し切れて痛む季節


秋の夜長なんて勿体つけずに
どうせなら1日が34時間くらいになればいいのに

そうすれば何もかも大切にできるのに

0

キセキ

一つでも違えば何もかも変わっちゃうの
ほんまにそう

絶対叶わない恋やってずっと思ってたのに、
お互い同じ時期に好きになってて実は最初から両想いやって、
お互いずっと私、僕じゃ釣り合わないって思ってて笑
思えば遠距離で住んでる世界も全然違う私らが出逢えてしかも両想いになるのって、ほんまにすごい確率で
奇跡的、運命的な私の高校生最後の夏の恋

お互いがお互いのこと本気で好きで、尊敬しあってて、お互い以外はありえなくって、大切に思ってて、弱いところも見せ合って、
まだお互い高校生やけど、付き合って2ヶ月もないけど、三重と神奈川の遠距離やけど、
大学生になっても、大学卒業しても、ずっと一緒にいようねって、プロポーズ予約しとくって
高校生で運命の人に出逢えるなんて結婚考えるなんて思ってもなかった

あの日、勇気出して気持ち伝えてくれて、
いつも大切にしてくれて、
それをちゃんと言葉にしてくれて、
何でも話してくれて、
私の恋人でいてくれてありがとう

言葉にして伝えるのが苦手な私やから
いつも素直に言えないけれど、
これからもずっとだいすきやよ
はやく逢いたい

4

LOST MEMORIES CⅦⅩⅥ

「もう、ハメたってことですか長谷川さん?」
普通に聞いてくれたら良いのに。そう頬を膨らませる瑛瑠は、横にいる望と帰路についていた。
ごめんねと謝る望は、ぼく信用ないでしょ?誤魔化されないかとおもって。自嘲的にそんなことを言う。
膨らんでいた頬は元に戻り、瑛瑠はきょとんとする。
「私、長谷川さんのことは初めて話したときから信用していますよ?」
「……ウルフなのに?」
「……それの何が関係あるんです。」
思わず立ち止まって目を合わせる。望が先に吹き出した。
「ほんと、そういうところだよ、瑛瑠さん!」
楽しそうに笑って歩を進める望を瑛瑠は追いかける。
今のどこにツボがあったのだろうか。
スカートが揺れる。
ふわっと風がふたりの頬を撫ぜた。
「ねえ、瑛瑠さん。」
隣で歩く彼を見上げる。柔らかそうなそのくせっ毛が、微かに揺れている。
彼の瞳が、視線が、声が、優しくて柔らかい。
望が立ち止まるから、瑛瑠も立ち止まる。
彼の唇に乗せられた言葉。
「瑛瑠さんのことが、すごく、好きだ。」

0

君の幻

涼しい夜
静かな夜

こんな夜に君と居れたらなぁ
たくさん話せたらなぁ

でもありえないってわかってる
だから一人眠るんだ

虫の声を聞きながら

夢で逢えたらなぁ
ダメだ
眠れないや

ウソだよ
おやすみ

0

届け

こちらは星空放送局
消息不明の君へ。
ハロー、今どこにいるの?急に消えないでよ。
そこで、昔に戻りたいって言ってた貴方に一度だけチャンスをあげる。だから、私の側に帰ってきて?ちゃんと守ってあげるから。

0

消えようか

この世界に嫌気がさしたら
此処に生きる意味を見出だせなかったら
誰からも愛されなかったら
このまま誰にも気付かれずに
消えてしまおうか

1

あーーー

学校の課題で話を書けというのがしょっちゅうあって大変でも楽しいのだけど、毎度これ書きたいあれ書きたいってなるから結局時間が足りんorz
こっちに書き直して上げるとかしても良いんだろうか?

1

秋雨

何かを堪えるような雨が降った
まるで私みたい、と笑った
頬に流れる雫は私の涙か、雨か
解らなくて
この雨が止んだら
寒くて 苦しい
冬が来るんだろう

2

無題

「大丈夫?」って聞かれたら
「大丈夫」って答えるしかないじゃん

0

気持ち

ため息が出るんだ
もう逃げれる幸せなんてないのに
もうこれ以上僕から何も取らないで欲しい

雷が光る
雷が鳴る
ココロノヒビもあんなふうに
遠くから近ずいて来るとわかったらと
できる前に信号があればと
あんなふうに皆に見えたらと
恐れられたらと

会いたくない
触れないでと
これ以上触ったら
崩れてしまう
どうにか形保っていた
ヒビだらけの
瓶のように

涙が出るんだ
もう水源は枯れてしまいそうなのに
もうこれ以上僕から何も取らないで欲しい

風が吹く
風が鳴る
ココロノヒビもあんなふうに
皆に気づいてもらえたらと
迷惑をかけれたらと
あんなふうに皆に感じられたらと
恐れられたらと

会いたくない
触れないで
これ以上触ったら
崩れてしまう
どうにか形保っていた
海に削られた
海氷のように

崩れないようにそっと抱き抱えてほしい
ぼくが綺麗に治るまで

5

ねえ、

百万回の I love you.と

たった一度の愛してる

どっちの方がいい?

0

オセロ

黒に挟まれたら
否応なしに黒になる

白に挟まれたら
否応なしに白になる

だけどせめて
裏側に
本当の色を隠し持っていたい

そんなことを言っても
どっちが本当の色かなんて
自分でも分からなくなってしまう

0

しらんけど

出会い別れ重ね
寂しさに目覚め
白黒の日々を今日も生きてる
悲しみに耐えて
苦しみを隔て
その中でも強くあれ たらいいな

今日日あった嬉楽しきことも
自信持てずに振り返る何度も
自分が今までやって来たこと
本当に自分が歩んできたもの?
記憶さえ作られてしまうならば
安らかに無意味な今日にも去らば

一途な想いが私には眩し
長年片想い私には重い?
開けてない扉 行き先はどちら?
日常から夢想に逃避行

寂しさに目覚め
出会い別れ重ね
彩りの中を今日は生きてる
昨日までの日々も
今日からの日々も
1つ日々もが私の人生だから

0

LOST MEMORIES CⅦⅩⅤ

静かで落ち着いたその声は、瑛瑠を離さない。
「瑛瑠さんのこと、避けてるか避けてないかでいえば、避けてるのかもしれない。」
教室でも聞いた言葉だった。
「ぼくが原因で瑛瑠さんを困らせてたことを知って、恐くなったんだ。近くにいると、困らせると思って。」
哀しそうに微笑む望。
窓から、暖かい光が入ってきた。望の視線から解放されふと外を見ると、夕焼けと呼ぶにはまだはやい赤みがかった青い空が見える。
瑛瑠の視線の先に気づいて、望は先程より柔らかい声で訊ねる。
「綺麗だね。帰ろうか。」
さすがに驚く。まだ望はここへ来たばかりである上に、話も始まって間もない。何か理由があってここを指定したのではないのか。
口ほどにものを言う瑛瑠の澄んだ眼に望は苦笑する。
「ここを指定した理由は3つ。1つ目は、人が少ないから他人の目を気にしなくて良いということ。2つ目は、待ち時間が暇にならないような場所であること。最後が。」
一度切ったことで、瑛瑠の眼は再び望を捉える。
「瑛瑠さんが、何について調べているのかを確かめるため。」

0

依存症

出口のない部屋に君と二人
ずっと一緒にいられたら
どんなに幸せなことでしょう

飽きさせない
逃げさせない
愛してあげる

どんなにどんなにどんなに愛したって
貴方が好きって言ってくれなきゃ
こんなこと考えもしないのに

0

白昼夢

あなたは確かに笑った
彼岸花のように紅くて
なまめかしい唇を歪めて

鮮明に覚えているのに
長くて艶やかな黒髪も
吸い込まれそうなあの瞳も
消えてしまいそうなくらい透き通った肌も

あなたはどこへ
行ってしまったの

2

gazer

who it is that we are handled by
someone is gazing our trivial battle and struggle
riddle to me
we just huddle in the middle of the vast globe