表示件数
0

うみがめぐり

皆さんは、かわさきしゅんいちさんという方をご存知でしょうか?
彼は動物画家で、ペットの似顔絵などのお仕事をされています。そして、先月初の絵本が発売されました。
絵本のタイトルは「うみがめぐり」。ウミガメのシビアな生を軸に、命が巡る様子を描いたお話です。まさに子供と一緒に考える本。そして表紙の意味がわかった瞬間に、心臓がドキリと音をたてました。……とにかく色んな人に読んでもらいたい絵本!
まだ新人さんということで発行部数は少ないそうですが、ぜひ探してみてください。きっと何か得られるものがあるはずです。

0

漫画

バディゴ!って言う漫画おすすめ!
ぜひ読んでみてください!

6

誰か知りませんか?

もうシリーズとしては終わっているのですが、横槍メンゴさんの「クズの本懐」っていうマンガがすきです!

読んだことがある方、読んでみようと思ってる方、レス待ってます( ^ω^ )

0

ヌーナの音に14

一軒の小屋が見えると、あれが研究室なのだとエジーは教えてくれた。研究室という言葉からもっと仰々しい建物を想像していたヌーナは拍子抜けした。
そこでエジーはじゃあ、と言って歩き出した。ヌーナはありがとうございました、とエジーの背中にお辞儀をした。
小屋をぐるっと見渡してもインターホンが見当たらなかったので、大きな扉をノックした。はあい、と女性が応答した。扉が開き、ショートボブの女性が現れた。
「あ、ヌーナさんね。ザッキーから話には聞いたわ」
イチローを看病していた女性にザッキーと呼ばれる女性がいたことを、ヌーナは思い出した。
「どうぞ、入って」
お邪魔します、と小さく呟いてヌーナは中に入った。白を基調とした綺麗なラウンジは、研究室という名前にはおよそ似つかわしいものではなかった。透明な窓越しに見える中庭に植えられている色とりどりの花。紅茶の香り。シャンデリア。
中にはその女性の他に二人の女性がいた。誰に言われるでもなく、三人はラウンジの椅子に座った。ヌーナも促されて向かい側の椅子に座った。
「よく来たね、ここまで」
一人の女性がそう労った。肩までかかるほどの黒髪のストレートが特徴的だった。
「大変だったでしょう」
ポニーテールの女性も同様の言葉をかけた。
「お菓子食べる?」
テーブルの上にはさまざまなお菓子が置いてあった。クッキー、マフィン、マカロンのいい匂いがした。
「これはどう?放課後ベリー味」
差し出されたのは細長いチョコ菓子だった。放課後ベリー味とは一体どんな味なのか予想できなかった。
「じゃあ、一つもらいます」
ヌーナはチョコ菓子を歯で半分に折って食べた。美味しかった。
「美味しそうに食べるね」
ショートボブの女性が微笑んだ。その笑顔に思わずヌーナはドキッとした。それを誤魔化すかのようにヌーナは喋り出した。
「あ、私ヌーナです。あの、ここに来たら箱が貰えると聞いたんですが」

11

はやみねかおる

怪盗クイーンとか夢水清志郎とかマチトムとか‥高校生になった今でも大好きです。好きな人いませんかー?

1

心が痛い

最近学校の友達に、あるシリーズ物をオススメしています。となると必然的にそれについてしゃべることになるのですが、
「私このキャラ本当に好きなんだよ!(後で死ぬけど)」
「あっこの子好きなんだ!いいよね(死んじゃうけど)」
みたいな感じで心がずきずきします。もしかして私は悪いことをしているのでしょうか……?
その友達がそのキャラクターが死んだ後に好きになっているのならともかく、彼女にとってはまだそのキャラは死んでいないので、彼女が死ぬシーンまで読み進めた時点で、彼女が(読むことによって)殺したことになるような気もします。
それで言うと著者さんと私はすでに殺した後ということになりますけどね……。
そして、もしもそのキャラクターが死んだ後に好きになっているとしても、それはとてもむなしいことではありませんか?
むろん、これらはすべて独りよがりなのですが……。
長文失礼いたしました。

0

異色作のおすすめ。

僕のおすすめは、藤子・F・不二雄のSF・異色短篇です。作者にとってのSFはすこし、ふしぎな物語という意味で、1話ごとに全く異なる世界が描かれています。舞台も現代に生きる人にある日異変が起こる話や遠く離れた国、時代の話など様々です。大人向けの作品の為、内容も話によってはかなりハードだったりします。バッドエンドも多く、ドラえもんを書いた人の作品とは信じられなくなります。
(僕は小3.4の頃にヒョンヒョロという作品を初めて読み、とても怖かった記憶があります。)
一コマ一コマ読み進めるとその話の深さが伝わってきます。是非読んでみてください‼︎

2

5月4日

昨日になっちゃったけど・・・

工藤新一の、誕生日でした!
おめでとうッ!