表示件数
0

宿題の公式

髭男先生、ちゃおちゃお〜!!(やめろと言われても強気でいきますよ笑!!)

中高一貫の部活で6年間様々な先輩・後輩と出会ってきた私が考えた先輩・後輩の公式は、
憧れの先輩像−自分+後輩=理想像に近付いてなくても悩まなくていい!
てす。

憧れの先輩って大体誰しもにいると思うし、その先輩みたいになりたい!って思うと思います。でもいざ自分が先輩の立場になってみると、「全然先輩みたいになれない…」と悩むこと、ありますよね。私もそうでした。私自身全然まともな人間ではないし、「自分ほんとにだめだな〜」とずっと思っていました。でもなぜかこんな私のことを尊敬してくれた後輩がいます。それは多分、「自分があれをされて悲しかったから自分はこうしよう!」ということをいつも意識して後輩に接していたからです。
先輩に憧れているとその先輩のいいところばかりに目がいきがちですが、ぶっちゃけそんなに完璧な先輩なんていないと思います笑!だから、自分の理想の先輩像に近づけない…と悩むのではなく、「こうしよう!」ということだけ決めていればいいのではないでしょうか笑!そうすればきっと後輩はついてきてくれるし、気持ちも楽になれると思います!

0

宿題

先輩+笑顔×「強制じゃないからね」=強制力

先輩が後輩を気遣って言ってくれる「強制じゃないからね」という台詞を聞くと
後輩が先輩を気遣ってしまってそのまま流されてしまうことが多いですね。

0

宿題提出

髭男先生こんばんは!
私は今受験生で、責任感と、受験生という緊張感をとても実感しています!先輩という立場は憧れだったけど、実際なってみるととても大変で忙しい毎日を送っています。でも、この立場として気づいたことがたくさんありました。
そこでこんな公式を作ってみました!
先輩の言葉=緊張と責任=バトンを繋ぐための宿命
です! 後輩にかける言葉はとても責任感が問われるけど先輩だからこそ教えられることがあるのでアドバイスや、先輩としての責任を持って行動したいです!

0

先輩後輩の公式

髭男先生こんばんは!
今から書く公式は私の体験では無いのですが、今のコロナ禍だからこその恋愛系の公式です!

先輩への告白×マスクの中の言葉=切なさ

これは、先輩に、勇気を出して必死に想いを言葉にして伝えているけど、マスクで声が塞がれて聞こえずらいという切なさを描いて見ました。
後輩の身だからこその先輩への緊張感がとても心を揺るがさせられます!

0

宿題提出!

私の考えた先輩、後輩の公式は
先輩×後輩+放課後=Official 髭男dism
です!髭男先生は年齢がバラバラだけど、みんな仲が良いので、先輩と後輩の関係もそんな風にしていきたいのでこの公式にしました。礼儀はなっているけどなんでも話す事ができる、そんな関係をつくっていきたいと先輩になった今、この公式を通して改めて思いました!

1

宿題提出!

遅くなりましたが宿題提出します!

先輩:後輩=経験:初心

部活の先輩が教えてくださったアドバイスと先輩になってから感じたことをもとに作りました!
先輩と後輩とは経験値が違う。でもこの公式を変形すると
先輩×初心=後輩×経験
先輩が初心に戻れば、後輩のようなクリエイティブさがあらわれ、後輩が経験を積めば先輩のような技術を掴める。
どうですかね...先輩後輩って難しいから悩みました...

ちなみに私は後輩達(6年制の学校です)にヒゲダンとaikoが好きな先輩と認識されているみたいです(笑)ヒゲダンと言えばコーヒーと微糖先輩らしいです(笑)

0

先輩後輩の公式

私が考える、先輩後輩の公式は…
(先輩+後輩への気づかい)×(後輩+先輩への信頼)×時間=いい関係! 
です‼︎
私は吹奏楽部に入っていたのですが、いい先輩後輩の関係を作るためには、お互いを思いやることが大切なんじゃないかって思いました。先輩は、時には厳しく接することも含めて後輩に気づかってあげること、後輩は先輩の背中をみて学ぶこと、それを掛け合わせて、濃い時間を重ねていくことで、表面的じゃない最高の関係を築いていける!ということで、この公式を作ってみました‼︎
(『×時間』は、「君との時間を重ねることでしか出せない色がきっと好きだ〜」→ビンテージを聴いて思いつきました!)

0

先輩後輩の公式

ヒゲダン先生こんにちは!
私が考えた公式は
普段の試合の緊張感<後輩との試合の緊張感=プライド
です!私はテニス部ですが先輩や同級生と試合をやる時はチャレンジャーとして力を入れずにプレーできるし勝ちに行けます。ですが後輩との試合では負けたくないけど本気でやるのは、、、というプライドで緊張して力が入ってしまいミスをしてしまいます。このプライドは先輩の永遠のテーマではないでしょうか!!

0

先輩後輩の公式

挨拶+(信頼×尊敬)=最高の関係
解説:まず、先輩と後輩が挨拶をしてそこからお互いのことを信頼し、尊敬すれば最高の関係が築けるだろう!と、いう公式です!

0

先輩後輩の公式

ヒゲダン先生こんばんは!
私が考えた先輩後輩の公式は、
「理想の先輩後輩の関係=太陽×植物」です。
後輩から見た先輩は憧れの存在であり、少し手が届かないからこそ眩しく見えるものだと思います。
そしてそこから発せられる日光(アドバイス)によって、植物(後輩)がどんどん成長していけるような、そんな相互関係が築けると理想だなと思い、この公式を作らせて頂きました!
後輩がのびのびと成長できるような、居るだけで安心感のある先輩になりたいです。

0

【先輩・後輩の公式】

私が考えた先輩・後輩の公式は、

先輩=後輩+先輩の背中+努力  です!!

これは、私が小中学校で部活をしていた時に感じた
ことなのですが、学年が上がるにつれて後輩がたく
さんでき、自分が先輩として頼られる側の立場にな
ったのに、後輩にとって自分が本当に頼れる存在な
のかと不安に思うことがありました。
でも、学校だけじゃなく、社会でもどこでも、誰し
も最初は後輩であって、その中で先輩の背中を見て、努力を続ければ、いつしか自分も背中を追いかけられ、頼られる先輩に自然となっていけるのではないかなと思い、少し前を向けるようになりました!

また、私は先輩と、その先輩の背中を追いかけて努
力する後輩は、歳は違えど、あくまでフェアな関係
であるべきだと思いました。
先輩だからと言って驕り高ぶったり、後輩だからと
言って謙虚になりすぎるのも良くないんじゃないか
なと思います。
その意味を込めて、イコールではないけれど、先輩
と後輩が近しい存在であることを示すニアリーイコ
ールを使いました!

最後に、私は人生の先輩であるヒゲダン先生のよう
な素敵な大人になれるよう、日々努力していきたい
なと思います!!!

0

宿題

先輩と後輩の公式考えてみたんですが
いい意味でも悪い意味でも先輩を見て
成長していくことから、
"後輩×学年=先輩"と考えました!

0

【先輩・後輩の公式】

私が考えた先輩・後輩の公式は、

先輩≒後輩+先輩の背中+努力   です!!

これは、私が小中学校で部活をしていた時に感じたことなのですが、学年が上がるにつれて後輩がたくさんでき、自分が先輩として頼られる側の立場になったのに、後輩にとって自分が本当に頼れる存在なのかと不安に思うことがありました。
でも、学校だけじゃなく、社会でもどこでも、誰しも最初は後輩であって、その中で先輩の背中を見て、努力を続ければ、いつしか自分も背中を追いかけられ、頼られる先輩に自然となっていけるのではないかなと思い、少し前を向けるようになりました!

また、私は先輩と、その先輩の背中を追いかけて努力する後輩は、歳は違えど、あくまでフェアな関係であるべきだと思いました。
先輩だからと言って驕り高ぶったり、後輩だからと言って謙虚になりすぎるのも良くないんじゃないかなと思います。
その意味を込めて、イコールではないけれど、先輩と後輩が近しい存在であることを示すニアリーイコールを使いました!

最後に、私は人生の先輩であるヒゲダン先生のような素敵な大人になれるよう、日々努力していきたいなと思います!!!

0

宿題を提出いたします!

髭男先生おはこんばんにちは!
私の考える「先輩、後輩の公式」は

部員-3年生=2年生(えばる+強がる)です!

私が中学1年生の頃のことです。
3年生がまだいる時の2年生は大人しく私たちにも優しかったのですが、3年生が引退してから2年生が仕切るようになるので、「なんで1年がやってないの?」などすぐ怒るようになってしまい態度が急変してしまいました(^_^;)
(私はそんな先輩にはなりたくないと思えたので今ではありがたいです!)

なので私が先輩になってみて意識している先輩後輩の関係を公式にしました!

アドバイス(笑顔×しっかり見る)=真面目(頷く+実践)×笑顔

左側が先輩右側が後輩です。
先輩はしっかり後輩のいい所を見てアドバイスをし、頷いてもらうと「聞いてくれてるな」と思えるので後輩には理解してもらったら頷いてもらい実践して身につけてもらう。
何よりかかせないのは笑顔です!
笑顔が耐えないところには自然と楽しさと絆がついくるので両方にかけてみました!!

0

公式の講師ゆうちゃぴ先生(2)

公式の宿題を考えたので髭男先生、SOLの生徒の方読んでください♪私の考えた公式は...
カルピスのようなまっしろな気持ち+先輩or後輩の色×(楽しさ÷努力)=素敵な青春
だと思います まっしろな気持ちに色がつくことでより良いものになると思ったからです
努力がある理由は、頑張ったからこその喜びや更なる楽しさがあるからその思いも公式に込めようと思ったからです♢

0

宿題の提出

ヒゲダン先生こんばんは!!
私の考える先輩と後輩の公式は、
(先輩+思いやり)×優しさ=(後輩+敬う気持ち)×優しさ
です!!
私は中学、高校とテニス部に所属しているのですが、先輩の後輩に対する思いやりと、後輩の先輩に対する敬いの気持ちがあってからこそ先輩、後輩という関係が築けているのではないかと思い、この公式を作りました。また普通の数学の式だと両辺に同じものがあれば消すのですが、互いの優しさがあってからこそ、この公式がより良いものになると思ったのであえてこのままにさせてもらいました。

0

宿題の公式!

私が考えた公式は、
ヒゲダン年上組+ヒゲダン年下組=理想の先輩と後輩

私が思う理想の先輩、後輩関係はヒゲダン先生たちです!自分の思いを年齢関係なく伝えることで最高のチームを作れるのだなって思いました!また互いに尊敬し合える関係ってすごいステキだなって思います(*´︶`*)❤︎
私もそういう関係を作り出せる先輩と自分の意見をはっきり言える後輩になりたいです!
もしかしたらなんですけど、年上組2人がほわぁってしてて、先輩感があまりないところがフェアな関係なヒゲダンを作っているのかもしれないですねぇ!これからも応援してます!

0

逆電ありがとうございました!

10月14日に逆電させていただいたラジオネームれいらです!
あの日アドバイスをいただいた後、すぐに軽音部の部長さんに部活に入りたいと話をしにいきました。まだ現段階では部長さんと顧問の先生が検討してくれてる途中なのですが、これで軽音部に入れなかったとしても自分の中では悔いは無いです!あの日、電話でたくさんのアドバイスや言葉をくださったちゃん松先生、大輔先生、ほんとにありがとうございました!!小さな1歩かもしれませんが、大きく背中を押してくださったちゃん松先生、大輔先生にはすごく感謝してます。(泣)
これから始まる超放課後祭も新曲もLIVEも、ずっとずっと楽しみに待ってます!お身体には気をつけてこれからも頑張ってください!応援してます!

0

先輩後輩の公式

ヒゲダン先生こんばんは!
後輩と先輩が仲良くなるための公式は、
(気持ち>緊張)×思わぬタイミング=最初の勇気
だと思います。

これは私が経験したことなのですが、
その日ちょうどいつもの時間に電車に乗れず、一本後の電車に乗り込んだのですが、ちょうど目の前の席に先輩が座っていました。一度も話したことのない先輩だったのですが、私は驚きと緊張で、咄嗟に、携帯をいじっていた先輩の肩を叩いて、「おはようございます!」と話しかけました。先輩は、ビックリした顔をしていて、周りも混んでいたので会話は続かず、私は近くの手すりにつかまっていました。
勢いで話しかけてしまい変な感じになってしまったので、その後ずっと後悔していたのですが、別の日に、学校の階段の下からわざわざ名前を呼んで手を振ってくれました!私は本当に嬉しくて、声をかけてよかった!と思いました。
私は、(思わぬタイミング)と(緊張より話したいという気持ち)が合わさり、話しかける勇気が出たと思っています!
最初はビックリさせてしまいましたが、仲良くなりたいという気持ちが先輩にも伝わったのかなと思います!

P.S.
先輩とは、あの時の話を笑って話せるくらいに親しくなれました!

0

宿題を提出します!!

前回のヒゲダンLOCKSで課された宿題について考えました!!私が考えた公式は

(憧れ+尊敬)×(思いやり+厳しさ)=人生の道しるべ

後輩から先輩への憧れや尊敬、先輩から後輩への時には優しさ、時には厳しさで最高の関係が生まれると思います。学生の頃に上下関係が顕著なのは部活動だと思うのですが、最高の関係が築ければ、部活動を超えて人生の道しるべとなるのではないでしょうか!!!

0

先輩・後輩の公式

「(尊敬×憧れ×信頼)×思い出=先輩の背中」
色々なことを伝えていただいたけど、最後の試合での先輩の背中を見ると、込み上げてくるものがありました

0

公式の講師ゆうちゃぴ先生(2)

宿題の公式を考えたので髭男先生、SOL生徒の方読んでください♪私の考えた公式は...
カルピスのようなまっしろな気持ち+先輩or後輩の思いの色×500倍の楽しさ÷500倍の努力=素敵な青春です。まっしろな気持ちに色が染まることでより良いものになると思いこの公式にしました。楽しさで割り算をしたのは、楽しいだけじゃなくて頑張る事によっての倍の楽しさや喜びがあると思ったからです。

0

宿題 先輩・後輩

髭男先生こんばんは!初投稿になります!
私が考えた先輩・後輩の公式は…

先輩・後輩=(尊敬+自己犠牲)-遠慮=ライバル

これは部活の先輩・後輩の関係になります!
先輩と後輩は互いに尊敬しつつ、かつ、自分を犠牲にしながら相手に尽くしているのだと思います。そこから遠慮が抜けることで、先輩・後輩特有の親密さが出るのだとも思いました!また、後輩が成長してライバルになっていき、良い関係ができてくるのではないかと… (ヒゲダン先生のように笑)

0

先輩・後輩の公式

「自分が2年生の時の3年生≠自分が1年生の時の3年生
 3年生の自分≠自分が1年生の時の3年生」

私は中学校、高校と所属していた吹奏楽部での活動で感じていたことを公式にしました。
中学校でも高校でも、私が1年生の時の3年生は演奏の技術も素晴らしかったし、とても頼りがいがあって雰囲気が大人っぽいなと感じていました。でも、私が2年生の時の3年生は、失礼ながら、正直あまり頼りにできないなと感じていました。技術面もだし、練習に対する姿勢も。だから、自分たちが3年生になった時は、自分が1年生の時の3年生の先輩たちみたいな存在でありたいと思いました。でも、3年生の自分たちはやっぱりその先輩たちとは違いました。先頭に立って部活を引っ張りどれだけ真面目なことを言おうとも、あの先輩たちの頼りがいのある大人っぽい雰囲気が全く感じられませんでした。
中学・高校1年生から見て、2つ上の先輩である3年生というのは一般的にもそういう存在なのでしょうか?

1

先輩・後輩の公式

私が考えた先輩・後輩の公式は…

先輩-愛情=後輩+(厳しい言葉+感謝)

先輩が後輩に対して愛情があれば、後輩に優しくするだけでなく、時折厳しい言葉をかけると思います。先輩が後輩へ本当の愛情を注げば、それは厳しい言葉に変換されて後輩に伝わる。後輩は自分のために厳しくしてくれたことを理解して感謝する。これが理想の先輩・後輩の関係だと思います。
私は今中3です。しかし、後輩に厳しい言葉で示すべき時「男子にならいいやすい」「女子には言いにくいな…嫌われるかも」と後輩みんなに同じように愛情を注いで、厳しくすることが出来ません。だから私は、この公式を頭に入れて後輩と関わっていきたいです。

0

宿題!

三年生の先輩×一年生の後輩+同じ趣味=卒業してもずっとファン友として仲良くできる!

前回のヒゲダンLOCKSを聞いて真っ先に思い付きました。私は中学時代吹奏楽部に所属していました。私が二年生の時に同じパートの一年生がいたのですが、入ってすぐ不登校ぎみになってしまいました。なので周りが楽しそうに同じパートの後輩たちと練習をしている中、私は一人で一年間練習だったのでちょっと寂しかったです。でも、三年生の時に私のパートに二人の後輩が入ってきてくれました。さらに二人のうちの一人が同じアニメが一緒でとても嬉しかったです。後輩や同級生のおかげでとても楽しい吹奏楽部を体験できました。今でも後輩と仲良くなったキッカケであるアニメの映画には毎年一緒に見に行ってます!

0

宿題!

先輩後輩の公式!

汗で濡れた部T×笑い=深い絆

0

宿題提出!!

女子校に通ってるんですが中学の部活を引退して思ったことを公式にしました!

(先輩+後輩)×大会+(悔しさ+笑い)×練習=115万キロの思い出

0

宿題

先輩(謙虚さ)×後輩(礼儀)÷お互いの壁=お互いに認め合える仲間

先輩だからといって全てができるわけではなし、後輩だかだといって意見をいってはいけないわけでもないので、お互いの良いところを認め合い壁を壊せたらきっと良い関係が生まれると思います!