4

欲しいけどいらない

よく「時間を止める力が欲しい!」とか言う人いますけど、時間が止まってる間って、自分自身の成長とかも止まるんですかね?
もし止まらないままで、その力を使いすぎたら、まわりに「あいつだけ何か3年くらい老けて見えない?」とか言われるんですかね?

レスを書き込む

この書き込みにレスをつけるにはログインが必要です。

  • 他人と3年の差が生まれるのが大人になってからならバレないんじゃないんですかね… 成長期に周りよりも老けていたり、何十年も長く時間を過ごしていたら別でしょうが…
    ただ僕が気になるのはそんなことではありません。
    あなたが時間を止めている(もしくは進む速さを遅くしている)時に、あなたがその間ずっとゆっくりと歩いたとします。
    すると、実際にはほんの少しの時間のうちに、あなたはゆっくりと歩くだけのエネルギーで瞬間移動したことになるんです!! 下手をすれば、いくらかの質量を持っているあなたが光速を超える速さで歩くかもしれないんです!!
    そもそも、あり得ないことを議論しているのだからそこに無理やり物理学のルールを組み込もうとすること自体おかしく、もし科学的に証明したいのならば先に時間を止める方法を考えるべきなのですが、やっぱり気になります。

  • でき損ないロボットさん、レスありがとうございます!
    僕のちょっとした疑問から、面白い考えを聞かせてもらって嬉しいかぎりです!時間を止められると、瞬間移動まで可能になるかもしれないんですね!だったら欲しい力かもです。笑
    あと、でき損ないロボットさんは凄く頭がいいんだ!ということを確信しました(^-^)

  • 「でき損ないロボットさんは凄く頭が…」と仰っていますがきっと打ち間違いですよね。
    「でき損ないロボットさんは凄く頭がプリンみたい」の打ち間違いですよね。
    訂正させていただきます。

    少し考えて思いついたのですが、他人の時間の進みを遅くするのではなく、自分の時間の進みを速くするというのも相対的には変わりませんね。
    つまり自分の筋肉の動きを速くする装置や薬を作れば他人よりも早く動けたり、自分の体の全ての代謝のスピードが速くなれば他人よりも短い睡眠時間で済んだりします。(自信ないけど…)
    あと時間を止めても、素早く動いても避けられないのが、「他人より早い寿命」になるのかな…
    寿命に変動がなければそんな力が欲しい…

  • でき損ないロボットさん、「凄く頭が…」のところは打ち間違いでもプリンでもないですよ!笑
    (何でプリンなんですか?でもおいしいですよね。笑)
    それと、他人よりも睡眠時間が短くて済む、というのは僕にとって理想的かもしれません。僕はどんなに寝ても、全然満足できない人なので!笑