表示件数
1

RAIN 短編小説

セカオワ先生の「RAIN」をベースに、短編小説を書いてみました!
 世の中にはどうしても「絶対」というものがある。それはときに希望であり、絶望だ。全知全能の神は存在しないのに、どうしてこんなものができてしまったのか。
 「魔法って、いつか解けてしまうから、魔法というのでしょうね」
彼女は、ファフロツキーズの夢に跳び起きた僕にそう言うのだった。
 彼女と出会ったことも、一種の魔法なのだと思う。何十億分の一という確率の中で彼女と出会えたことは、奇跡という言葉では言い表せない、魔法なのだろう。
 「だから……」
彼女はフッと視線をあげ、僕の目を覗き込んだ。
「だから、泣いていたんでしょう?」
土砂降りの雨の中、傘を差しだすようにゆっくりと、それでいてはっきりと彼女の桃色の唇は言葉を転がす。
「とりあえず、顔洗ってきなよ。涙の跡がついてるよ」
 洗面所で鏡をのぞくと、まだ新しい涙が、音もなく頬を伝って、顎から落ちた。手に持っていたタオルに、小さな丸いシミが一つできた。その様子が無様で、そっと鏡から顔をそむけた。
「虹って、いつかは消えるよね。だから、あれも魔法の一種だと思う」
ピアノを弾く彼女に、僕はそういった。すると、曲の途中だったにも関わらず、彼女はこちらを向いた。
「本当は、この世は魔法であふれているのかも。誰かと出会うこと、涙を流すこと。全てが、様々な要素がうまく絡み合った奇跡であり、魔法なんだと思う。でもその魔法もいつかは解けてしまう。そのことに気づいた私は、幸せ者で、それでいてすごく不憫なのかもしれない」
彼女はもう一度ピアノに向かった。僕は誰にも聞こえないように呟いた。
「僕は君にいろんなことを教わった。そんな僕も、幸せ者であり、不憫な者なのかな」
目を閉じると、小さな涙がそっとあふれた。
大丈夫、きっと大丈夫だ。「魔法」という名の虹が消えても、涙という名の雨はいずれ花を咲かすはずだ。それだけは魔法ではないと信じたい。