表示件数
0

校長へ

校長。いよいよ明日が卒業の日ですね。
今までお疲れ様でした。
校長に出会ったのは4年前でした。
ラジオをつければいつもの校長の声。
うれしかったことがあったときも、疲れていたときも、悲しいことがあったときも、台風で風の音が怖いときも、SOLを聞けば元気をもらえました。校長の声を聞くと安心できました。
だから、明後日から校長の声が聞けないと思うと寂しいし、悲しいし、未だに信じられずにいます。
校長の言葉からたくさんのことを学び、元気をもらいました。部活を続ける決断ができたのも校長のおかげなんです。
明日卒業を迎える校長からまだまだ学びたいことがあります。なぜ、この決断をすることができたのか、SOLから学んだこと、校長として大切にしていたこと。校長に直接伺いたいです。というのも、校長の卒業するという決断は、私にも影響を与えたからです。10年続けた校長を卒業すると決断するまでに、たくさんの葛藤、迷い、不安があったと思います。だけど、SOLのために卒業すると決めた校長を見て、私も不安だけど、自分の選択を信じて突き進もうと思えました。本当に感謝しています。だから、感謝の気持ちも直接伝えたいです。
私が実際に逆電できたのは2回。
最後に校長とお話させてください。
明日は生放送を聞くことができません。
今日が校長の声を生で聞ける、逆電できる最後のチャンスなんです。
よろしくお願いします!!!!!!!

0

校長へ

昨日はお疲れ様でした!!!!
私は全てではありませんが、少しずつ見させていただきました。
このキズナ感謝祭を通して、改めてスクール・オブ・ロックの教員の皆さんのキズナの強さを感じました。生放送教室に登場してくださった教師陣、ライブを届けてくれたアーティストの皆さん、声を届けてくださった皆さん。校長の思いのこもったキズナ感謝祭をよりよいものにしたい、校長に感謝を伝えたい、という気持ちがこもっているように感じました。幕張メッセで開催することはできませんでしたが、だからこそできたこともあったのではないかと思います。
私は、本来ならば見れなかったのですが、動画配信していただいたおかげで見ることができました。本当にありがとうございました。

実は、今日が私にとってとーやま校長の生放送教室を直接 聞ける最後の機会です。
とても寂しいです。
今まで校長にはたくさんの元気と勇気をもらいました。校長の退任を聞いたとき、信じられなかったし、信じたくありませんでした。
でも、後日、言葉1つ1つを慎重に選びながら、涙をこらえながら思いを伝える校長を見て、精一杯校長の新たな出発を応援したいと思いました。この校長の決断は私にもある決断をさせてくれました。
校長には感謝してもしきれません。
残りの少ない時間、校長が校長らしく最後まで走りきれますように。

0