表示件数
2

真面目だから起こる悲劇

塾が1週間休みになる

アイツとは、何の連絡手段も無いのに

あ〜、地獄レベルで悲しい…

お盆には、必ず5人以上に残暑見舞いを書く私

「そーだ!アイツにも残暑見舞い書こう!」
そう思って、勇気をだして住所を聞いた

しかし、場所が悪いのか運が悪いのか、
「今の俺に、教えていいのかはわからない…」
って言われてしまった

いや、外で聞いた私が悪かったのか?

それとも、単にアイツが真面目すぎて、
個人情報がどーたらこーたら言うのか?

「まだ月曜日だ!金曜日に聞けばいい!」
と思って、金曜日に聞くことにした

そして今日、金曜日

「ねぇ、やっぱり、葉書書いちゃダメ…?」
めっちゃ勇気出して聞いた

そしたら、
「いいんじゃない…?」って言われた

「いやええんか!」って思ったけど、
ダメと言われるよりかはまだ良かった

でも、お分かりだろうか

私は、アイツの住所を知らないのだ

道の隅っこに寄って、紙を取り出そうとした所で
ふと思った

ここで出していいのか?

この考えが邪魔をしたのか、
アイツに思わず聞いてしまった

「ここで出していいの?」

今思えば、めっちゃ後悔してる

なんで聞いてしまったんだろう

コイツがクソ真面目って事を忘れたのか

返ってきた答えは

「えぇ…ダメなんじゃない?」

やっぱりこう返ってくるか

「だよね笑」 私なんでこう返してしまったの?

いつもの行動力はどこいった?

結局、私は、アイツの住所を知らないまま
お盆の1週間を過ごすことになる

アイツは、塾の往復は車

私は歩き

いつも車の中から手振ってくれるのに

今日はお辞儀で済んでた

1週間も会えないのに

手すら振ってくれない

思いっきり抱きつけば良かったかな?

でも、付き合ってないのに、バカか私は(バカだよ)

いつも紳士並に優しいのに

足痛いのを引きずって

泣きそうになる私を

アイツは知らないんだろうな…