表示件数
1

紅一点。邪魔。

今日、入りたいグループの
割り決めをしていて、
私、授業中の席が前だから、
誰がどのグループに入りたい!
って手をあげているのかわからなくて
単純に「このテーマはやりやすそう」って
思ったグループに手をあげて、
いざ入ってみたら、
なんと全員男子。
しかも、「え?このグループ全員男子じゃん」
って喜んでる子もいて、
私いるよ!なんて言えなくて、
ずっと彼らの見えないところで座ってた。
一回入ってみようと思って
立ち上がったんだけど、
入り方やっぱりわからん!
と思って、元の位置に戻ったら
先生が気付いて、
「あのグループ大丈夫?
こっち入れてもらえば?」
って言ってくれたんだけど、
そう言った瞬間、
『こっち』のグループの人が
静まり返ったから
「いや、
あとで(グループ変えるかを)決めます笑笑」
って言って先生を追いやったら、
先生が私のグループの人たちに
「にこ、さんもいるからね」
ってぽつりと言ったら、
「え?」「それは問題だ」
とか言って、先生がいなくなったときに
静まり返って、突如笑い出して…

別に仲間外れにされてるわけじゃないし、
ただ私がドカドカ入っていけば
良い話なんだけど、
それができないんだなぁ笑
結局入らずに、
みんなが話し合いしてる間、
ずっと課題やってた笑笑
先生が私の事情わかってる人だから、
課題やってても何も言わなかったのが
唯一の救い…

今後もこのグループで
10月末まで活動するから、
すごい辛いなぁ
なんとかなるどころじゃないね笑笑
いつもなら、ここで
「まあ頑張ろ」
って書き込むところだけど、
逃げる気しかしないので、
ここに書き込んどきます笑