表示件数
0

理由

がんばる理由はあなたの背中を追うため
がんばる理由はあなたの隣にならぶため

がんばっても上手くいかなかったり、嫌になったりするのだけれどやっぱりって、それでもって向かい続けたい自分がいるわけで。

0

ハイジなんかやってられない

まいったな
こんな絶景には慣れていないんだ
ついつい帰りたくなってしまうよ

0

胡桃

くるくると、
流刑の中の、現実で
みんなという、柱になって、おちていく

1

梅満開

うみをわたって
めざしたのは
マサイ族のいる
ンゴロンゴロ自然保護区
カルデラに広がる大自然
インパラはいなかった

0

人生中毒患者

人生は命を賭けたギャンブルのようで
だから、大抵の場合、上手くはいかない。
胴元は空の上でほくそ笑んでいるだろうか

貴方が死んでも迎えたくなかった今日を
またやり過ごせてしまったよ、ねえ。

命の重さに違いがないのは、それが傍目にはゼロだからだ。
生まれてきてしまったよ、悲しむべきことに。

人生は高々命がけのギャンブルに過ぎない
気楽にやろうぜ

僕の人生が僕の命を懸けるに値するものでさえあるのならば
もうそれだけでいいのだ

0

他の誰でもないよ。

あなたに、あなただけに言います。
私はあなただけに言いたい
がんばれ。

0

泣き虫

斜め45度、見上げた先に
君が居て、隠した赤い目
「無理すんなよ」って一言、
心臓が、とくとく、走り出した気がした

0

最近減った気がする
黒の
ランドセル

2

不思議なもんで。

みんなと一緒にいる時は
君に対して不満があって
みんなが言いづらいこと
いつも言うのは私の役目
みんなの代わりに伝えに
君のところへやってきた

伝えることは伝えるし、
釘だって刺すんだけれど
でも君と面と向かったら
気づくと怒りは治まって
朗らかに君と話してるね

皆が君の話を聞かずして
君の敵になったとしたら
私は疑ってても怒れても
直接君に会いに来るから
君の思いちゃんと伝えて

君を一人にはしたくない
どんな時でも君の味方に
君の側にいられるような
そんな存在になりたいよ

【なんとなく文字数が揃ったから途中から遊び出してしまった。笑←】

0

流れ星へのメッセージ

君のキスに心を踊らせ
君の胸に体重を預ける
君の匂いが大好きで
君の声が大好きで
だから
その匂いで
その声で
そんなこと
言わないで

0

よる

夜が好き
朝の絶望を味あわなくて済む
夜が好き
昼の明るさを見なくて済む
夜が好き
夕方の不安を感じなくて済む
なのに
涙が止まらない夜
疲れてるのに眠れない夜
次の朝に怯える夜
私は
いつ生きればいいの?
安心なんか出来っこない

0

言いたいこと

言いたいことは言えなくて
言いたくないこと言えちゃって
よくある話だけれども、
言いたいことはたくさんあるんだ。

0

初ポエム

僕は憐れなヤツだ。
ただただ寿命を削って、消えるのを待つ毎日。
しかし、そんな僕を、あなたは相棒にしてくれ
た。僕の代わりだって、何万、何千といた。
でも、あなたは毎日僕と一緒にいてくれた。
僕は毎日あなたを見ていた。あなたのためなら
寿命を削るのも惜しくはなかった。
遂に、今日僕は消えた。嘘みたいに、一瞬で。
「僕は彼女の役にたっていただろうか。」
そんなことを考える僕に、あなたはこう言ってくれた。

「ありがとう。」





この前使い終わった消しゴムに感謝するために
書きました。気に入った方、レスください。

0

タルトタタン

ただいま
留守にしててごめんね
遠くに行くつもりはなかったし
助けてくれた君には感謝してるけど
単純に僕は君の前から消えるべきだと思ったんだ

この現実をひっくり返す気力もなかったんだ

2

本日の魔法講座 その377.5

目指してるの、見てたから
合格してほしいな

なんて、
みんなが君に想ってる台詞

(何度もすみません!打ち間違いがさみしいので……)

2

うたうたいの独り言

あなたが、綺麗に笑ったから

いつからか、あなたを見逃せなくなった

しぬまで、そばにいたいなんて重くていやだけど

てを繋いで、この世界を楽しみたい。

まぁ、夢の中ではなんとでも言えるけど

すき、なんてこの世じゃ一生言えないかもね。

(…なんて)

0

誰だって

「誰だって怪盗十二面相」になれる。もしかしたら、もうなってるのかもしれない。「友達といるときの面」「初対面の人と話すときの面」「親といるときの面」「真面目なときの面」色々でてくる。こうやって日々を生きてる人はすごい便利だと思う。でも、気を付けてほしいのは、どれが「本当」なのかってことで…ん?てか、「本当の面」ってどれだっけ?

1

カメハメハ

カラスが鳴いた、鳴いた、何度も鳴いた
女々しいもんだね
羽は立派で大きいのに
目は寂しい夜の色
鼻は、全然ダメみたい