0

けしからん川柳

春霞 奥に煌めく 清龍川に 恋ひ焦がるこそ 青き侍(さぶらひ)
遅ればせながら、先程の逆電もございましたので、和歌用意致しました。清龍川とは枕詞の一つで、京都の綺麗な渓谷のことらしいです。もう、わかりますよね?

レスを書き込む

この書き込みにレスをつけるにはログインが必要です。