1

幕を閉じ、次の章へ

あの日、あなたと、あなたたちと、勝手に約束をしました。
夜22:00にラジオをつけると。そこが僕らの待ち合わせ場所でした。
これからも、この学び舎は続いていくのでしょう。
いつまでも生徒を受け入れ、時に見送り、出会いと別れを繰り返しながら。
今日、私たちはあなたを見送ります。
明日、私たちは新学期に入ります。
そこに、あなたはいません。
でも、いつまでもずっと、ここにいます。
あなたが私たちに僕たちにしてくれたことは決して消えてなくなったりしません。あなたはいつまでも校長です。ずっと、味方でいてくれると信じています。
さあ、始めましょう。未来の鍵を握るために。

333と書いてささみ
女性/19歳/神奈川県
2020-03-31 22:51

またいつか

貴方に出逢った時からずっと
この学校の姿は変わらなかった
だからこそ、今日が、明日がちょっぴり怖い
でもきっと大丈夫だって理由もなく信じてる

毎日しょーもないことでいっぱい笑った
枕を濡らした日もあったっけ
どんな日だって声を聞くと安心できた
話したことも、会ったことさえもないのに

今までだっていっぱい笑ったんだし
今日だっていつも通りに笑えるはず
でも今日はいつもとはちょっぴり違うから
急に涙が流れるのかも

将来に希望なんて見えなかった
過去に固執して心を閉ざしてたっけ
貴方の大きな声と紡ぐ言葉が
未来への鍵を探しだしてくれたんだ

東京からは1000kmくらい離れてるから
この空へ叫んでも声はきっと届かないけど
気持ちは十二分届くはずだから
最大級の感謝を叫ぼう

ふとした時に出逢ってから
不思議とここに惹かれていった
理由は様々あるだろうけど
一番はきっと、貴方が素敵な人だから

生きてる以上、別れと無縁にはなれない
でもきっと、いつかまた逢えるよね
寂しさが心に見え隠れしてるけど
そこには目を瞑って、今は笑っていよう


さようなら
ありがとう、とーやま校長。

P.S またいつか、逢える日を願って

気分屋遥
男性/18歳/兵庫県
2020-03-31 22:47

また明日。

また明日、
そんな貴方の声の流れる
2000円のラジオカセット
今夜貴方はその裾を翻し
新たな未来へ向かうのです

毎夜毎夜の貴方の笑い声

たった2時間の授業には
確かに未来の鍵を秘めていたのです
随分私も未来の鍵を見つけることができました

明日の今頃はもう
貴方の声を聞くことはできないけれど
新たな未来がより良いものでありますように

優しい貴方が、かっこいい貴方が、頑張っている貴方が、笑っている貴方が、元気な貴方が、貴方のことが大好きです

唯一無二の貴方なら
きっと大丈夫

笑って、さよなら。

また明日。

*紫乃(しの)*
女性/15歳/東京都
2020-03-31 22:28

笑ってサヨナラ

一つの学び舎の長として
あなたの強さが
優しさが 苦しさが 笑顔が 心が
午後10時に鐘を鳴らします

それは決まって24:00で
鳴り止む儚いものだけど
10年重ねて気が付けば
誰かの心でずっとなり続けているのです

変えること
変わること
その楽しさを教えてくれたのは
変わらずにいた、校長、あなたです

最後は「お疲れ様」 そして「ありがとう」
たくさんの言葉の花を束に
いつも勇気づけてくれたその笑顔を
最後に咲かせてくださいね。

そう。世界一この言葉が似合う校長。
「笑ってサヨナラ」。

神崎シノア
女性/15歳/北海道
2020-03-31 21:37

 

明日も校長の声が聴ける気がします
たくさんふざけて
たくさん叫んで
たくさん笑って
たくさん泣いて
たくさんたくさん届けてくれたあなたの声を

……いえ、気のせいです
ただ実感が湧かないだけです
いつか実感出来たらそのときまたお別れを言います

でもひとまずお別れです、校長

また、いつか

月影:つきかげ
男性/18歳/宮城県
2020-03-31 21:14

ありがとう

ねぇ、今どんな気持ち?
ねぇ、生徒を応援するってどんな気持ち?
ねぇ、人に声を届けるってどんな気持ち?
ねぇ、…校長、私は校長に何度も助けられたよ
校長の言葉一つ一つが今私の心を支えてくれてる
校長が今日でいなくなるなんて認めたくないよ
辛くて苦しい時、私を何度も救ってくれた校長に永遠の感謝を…また会える日を楽しみにしています
校長、これから先の人生も思いっきり楽しんでください!
この気持ち校長まで「届け〜!!!!!!!!!」

冬生まれのaniota
女性/15歳/宮崎県
2020-03-31 17:51

大好き

未来の鍵を一緒に探してくれてありがとう。
本気でぶつかってくれてありがとう。
私たち生徒は、「とおやまだいすけ」じゃなくて「とおやまだいすき」なんです。

フードの中のカワウソ
女性/15歳/秋田県
2020-03-31 17:08

校長先生へ

私の教室はいつも布団の上でした
いっぱいいっぱい泣いたり笑ったり
全部あなたのおかげでした
知らない人だったあなたが
だんだん大事な大人になっていったのは
あなたのその人柄のせいなのです
ずるいひとです
私の不安を全て吹き飛ばすその笑った声に
あなたとの別れを怖くは思わなくなったのです
いつのまにかずっと大好きでした
思ったより背が高かったり
思ったより格好良い顔してたり
そしてなによりその声にいつも救われていました
あなたのいないこの学校は
きっと今までのようにはいきません
でも私はあなたを応援することができます
もうお別れは怖くありません
ありがとうございました
本当に今までありがとうございました

りんごのおひたし
女性/16歳/奈良県
2020-03-31 16:36

だってあなたは私のラジオの中のヒーロー

明日は当たり前のように存在し
誰もがそのことを信じて疑わない
でもあなたの声が聴ける明日は存在しなくて
ここ4年半無意識のうちに信じていた
明日がないことに未だ実感はない
けど時間は進む
俗に呼ばれる青春時代
私のどこを切り取ってもあなたがいる
今日はそんなあなたと過ごす最後の夜
最初で最後で最高のフィナーレ
なみだなみだわらいなみだ
あなたと過ごせたすべての夜を
一晩で詰めて抱えて背負って
あなたがいないあしたへ
さよなら。
なんて言わない
また、必ず何処かで出逢うから

またね。

退任おめでとう。

今までありがとう。

そして、これからもよろしくお願いします。

三日月マカロン
女性/19歳/京都府
2020-03-31 15:53

別れ

いつだって君の言葉だった
いつだって君だけの言葉だった

10時の時報
耳元に当てたスピーカー
明かりを消して布団の中
教室のドアが開いた
10年を経て
深夜を告げる音
君はホームへと降り立つ
電車のドアが閉まった

当たり前なんてないんだって
僕らは知ってるはずだった
変わらないものなどないって
何度も聞かされていたはずなのに
君の声はもう聞こえない
君がいたはずの場所には
きっとそれで良かったんだ
そう言い放つけれど

送り出す詩などうたわない
勝手に出ていくくせに
手ぐらいは振ってやるさ
それが僕の精一杯だ
胸の奥に仕舞い込んだ
錠を開けるための鍵を
君に手伝ってもらわなくたって
見つけてやるさ ああ、見つけてやるよ

だからさようならを叫ぶんだ
「お別れ」をするために

memento mori
男性/19歳/大阪府
2020-03-31 00:20

始まり

春は別れの季節
でも出会いの季節でもあるから

あなたの声から想いが伝わって
心にうるおいを与える
それは波紋のように広がって
私の本当の想いが溢れてくる

私はそうやっていつも支えられてきました

新たな自分に出会うために
あなたも
私も

またいつか絶対に
私からも想いを伝える日が来るといいな

青リンゴアーサー
女性/17歳/愛媛県
2020-03-30 23:05
  • わー!ありがとうございます!!
    夜ってなんだか特別で、昼間なら赦されないようなことも隙間をするっと通り抜けて赦されてしまったり、昼間ならありえないことが起きても全く不思議じゃない、そしてどこか儚くて優しくて。昼と夜で世界は全く違うものになっているんじゃないかなとか。

    *紫乃(しの)*
    女性/15歳/東京都
    2020-03-31 22:48
  • うわわわほんとに嬉しいですありがとうございます( ;꒳​; )
    ふふ、白い雨雫はご想像にお任せします笑笑
    結局読む人に委ねられるし私が細やかに解説してしまったらつまらないし、私の意図と全く違っても良いしむしろそれで知識(?)みたいなのが増えるし。
    それに本人もよく分かってないときもあったり笑笑
    そう言ってもらえてほんとに嬉しいです…!
    実は絶賛スランプでして、全然書けないのでお題を募集してみたんです。(この掲示板ではないけど)
    もちろんお題を貰えればありがたいし書けそうならいつでも書きますよ…!

    *紫乃(しの)*
    女性/15歳/東京都
    2020-04-01 19:49

タオル

ほんとうにすてきなひとだ

いつも周りのひとを笑わせて
自分もよく笑って
だけど真剣なこともいうその声に
いったいどれだけのひとが救われただろう

悲鳴をあげて軋んで壊れそうな夜に
あなたの声を聴いて
ほどけた心がいったいいくつあっただろう

昼間の先生たちには
どうあがいても出来ないことが
あなたには出来る

毎日聴いていたわけではないのに
聴けなくなると思うとなんだか物足りないのは
きっとあなたの存在がいつのまにか
わたしのなかで大きくなっていたから

あなたの存在は
きっと数えきれないひとたちのなかで
はちきれそうなほどに大きくなっている

あなたがたくさんのひとたちに愛されているのは
あなたがたくさんのひとたちを愛してきたから

ほんとうにすてきなひとでおとなでせんせいだ

ありがとう

[すなふきん]
女性/16歳/京都府
2020-03-30 23:00

you are SAKURA

ピンク色の土手の上を
一人歩いている この季節
涙の小川は大河となり
頬を流れている 心の岸辺

こんなにも哀しいのは
優しすぎるから あなたが
新しい未来へと進むの
二度と戻らない この季節

“世の中にたえて桜のなかりせば
春の心はのどけからまし”と
私はつぶやく サヨナラの代りに

なぜ人は春が来るたび
心待ちにするの その花を
なぜ人は春が来るたび
心をいためるの その花に

ラジオから流れてくる
いつかつないだ あの電話
あなたがくれた全ては
咲き続けている 胸の中で

“世の中にたえて桜のなかりせば
春の心はのどけからまし”と
私はつぶやく サヨナラの代りに

パラレルスペック
男性/17歳/大分県
2020-03-30 20:47