1

2019年7月7日〜7月10日まで開催された企画「魔法譚」のまとめ。 タグ「魔法譚」が付いている書き込みをまとめました。 今回は期間外に投稿された作品をまとめてあります。 一応投稿順に並べてあります。

霧の魔法譚 #7

「じゃあイツキ君、パパっとやっちゃって」
「へいへい」
大賢者に促され、イツキは面倒くさそうにポケットからミニカーを取り出す。彼が魔法を発動させると手に持っていたミニカーがみるみるうちに大きくなり、やがて通常の車と同じサイズにまで巨大化した。
「これがイツキさんの魔法……」
「おう、すごいだろ?」
シオンが驚いていると、イツキが後部座席のドアを開けてくれる。中にはしっかりとした座席がしつらえており、先ほどまでミニカーだったとは思えない。
イツキのマジックアイテムは小さなミニカー。プルバック式のこの玩具は魔法を発動すると同時に巨大化し、おまけに内部構造も運転できるように改変されるため乗ることができるようになる。
大賢者は慣れた手つきで助手席へと腰を下ろした。
「イツキも今はこんなんだけど、昔はかわいいとこあったんだよねぇ。空飛ぶ車でドライブしたい! って純粋というかなんというか」
「うるさい。ミニカーを運転したいという小さな子供が持つにしては真っ当な夢だろ。てか我が物顔で乗り込むな大賢者」
「シオンにはドアまで開けてあげてたのに私には雑な扱いすぎない?」
言いあいながらしっかりとシートベルトを締め、イツキもため息を百回くらい吐きたそうな顔をしながら運転席へと乗り込んだ。
さきほどは仲が悪いのだろうかと二人を心配していたシオンだったが、どうやら彼らにとってはこれが通常運転らしいと気づいてからは何も言わなくなった。きっと旧知の仲というか腐れ縁というか、とにかく険悪な関係ではなさそうなのを見て取って安心する。いまでは軽口をたたきあう二人をほほえましく見ていた。
「シオン、シートベルトは締めたか? ……って何笑ってるのさ」
「いえ、すみません。では早速出発しましょうか」

***
#7更新です。
スタンプやレスありがとうございます。遅筆な私の励みとなっております……。そろそろ期末レポートも終わりそうなのでこっちの作業に集中できそうです。もうしばしお付き合いをば。

fLactor
男性/19歳/宮城県
2020-08-19 23:37
  • なるほど。
    彼のマジックアイテムはミニカーなんですね~
    その発想はなかったよ(*^-^*)

    テトモンよ永遠に!
    女性/18歳/東京都
    2020-08-20 22:04

霧の魔法譚 #8 1/2

「そういえばイツキさんって忙しくないんですか?」
空飛ぶ車が陸を離れて数分後、シオンはイツキに思っていた疑問をぶつける。話を聞いたところイツキは今回の作戦の中心人物のはずだ。大賢者のお手伝いなんかしていていいのだろうか。
「……ああそれはな、たしかに今回のファントム殲滅作戦ではリーダーなんかやってるけどそれは建前だけで、実際にはほかにたくさん動いてくれてる人がいるから大丈夫ってわけ。お恥ずかしながらな」
「最年長だからってリーダーになったはいいけど、大勢を指揮する頭も威力のでっかい魔法も持ち合わせてないっていうんでお留守番喰らうはずだったの、このイツキ君は」
イツキの答えに大賢者が補足してくれる。リーダーというのは名前だけでイツキが指揮系統を握っているわけではないらしい。
「だからまあ、現場を離れてこうして車運転していても誰からも咎められないし、俺が何しようと向こうに影響はなし。実質的リーダーがうまくやってくれるさ」
「……なるほど」

fLactor
男性/19歳/宮城県
2020-08-24 18:03

霧の魔法譚 #8 2/2

納得はしたもののまだ疑問は残る。
「しかしリーダーとしてではなくても、一人の魔法使いとして戦場に立たなくていいんですか? こんなに大規模な戦い、戦場にいくら仲間がいたとて戦力は不足するもの。確かに戦闘向きの魔法ではないとはいえ、裏方としてでもやることはたくさんあったと思いますが……」
「それを引き留めたのが君らだけどな」
茶化すように笑うイツキ。
「でもどちらにしても俺は戦いに参加できなかったよ。実はね、今は何もない空中をまっすぐ走ってるから問題はないんだけど、俺すっげえ運転下手でさ。それこそ味方がいるところで運転したら何人か轢きそうなくらい」
確かに、と大賢者が続ける。
「イツキの運転は危険だ。というかそもそも空飛ぶ車の運転が難しすぎる。空中という摩擦の少ない環境でブレーキやアクセルは地上とはまるで異なり、左右にしか動かない通常のハンドルと同時に、別のハンドルで上下操作も行わないといけない。失敗すれば大きな事故につながりかねない以上練習も十分にできておらず、結果イツキ自身未だマスターできていない。そんな中で細かい立ち回りと高い集中力が要求される戦場に出れば、仲間を傷つけることに繋がりかねない。ま、爆弾を抱えるようなもんだな」
「そういうこと」
大賢者の説明を肯定し、イツキはこればっかりは仕方ないねと笑って見せた。

***
#8更新です。
私事ですがレポート終わったので夏休みをしっかり享受します。わーい。
霧の魔法譚もそろそろ終盤です。たぶん。終わればいいなと思ってます。
読んでくださってる方とスタンプ押してくれる方とレスしてくれる方に感謝しつつ。

fLactor
男性/19歳/宮城県
2020-08-24 18:09

魔法譚キャラクターまとめ1

作者 flactorさん
作品名 霧の魔法譚
・イツキ
願い 空飛ぶ車でドライブしたい
マジックアイテム ミニカー
魔法 ミニカーの巨大化。巨大化したミニカーは実際に運転できるようになる上、空を飛ぶ。

・シオン
願い 不明
マジックアイテム 不明
魔法 不明

作者 白昼夢見人さん
作品名 田中の日常
・田中
願い 目を良くして欲しい
マジックアイテム サングラス(既に破壊)
魔法 不明。戦闘力は高い。

作者 テトモンよ永遠に!さん
作品名 魔法譚〜エンドレスジャーニィ
・前埜アキ
願い 空を飛びたい
マジックアイテム 革製のマント
魔法 空を飛ぶ魔法と思われる。変身後の衣装に付属する刃のついたグローブで攻撃も可能。

作品名 魔法譚〜ウィザードパーティ
・サワラ
願い 不明
マジックアイテム 不明
魔法 治癒魔法の類

・アツマ
願い ここで死にたくない
マジックアイテム おもちゃみたいな銃
魔法 銃が小瓶に変身し、その中の錠剤を飲んだものは最低限死ぬことだけは回避できる

・フリード
願い 不明
マジックアイテム 不明
魔法 不明。戦闘力のある魔法と思われる。

・ユウキ
願い 不明
マジックアイテム 不明
魔法 不明。杖を使用する。状況から補助系の魔法と思われる。

・エリ
願い 不明
マジックアイテム 不明
魔法 不明

・少女
願い 不明
マジックアイテム 鞄
魔法 不明。ある程度の戦闘は可能らしい。 

作品名 因果応報
・センヤ
願い いじめてくる奴らに、同じ痛みを味わせたい
マジックアイテム オルゴール
魔法 自分が受けた痛みをそのまま相手に返す

少し前にテトモンよ永遠に!さんが企画した魔法譚、今も少し続いていますが、個人的興味で登場した魔法使いの皆さんをまとめようと思い立ちました。

何かが崩壊している者
男性/19歳/埼玉県
2020-09-01 22:15
  • うわぁぁぁぁぁぁぁ!
    なんか頼んでもないのにありがとうございます…
    わざわざ一言ぐらいしかないキャラまでまとめてくださるとは…



    今さらだけど自作キャラの設定見ると恥ずかしいなァ…

    テトモンよ永遠に!
    女性/18歳/東京都
    2020-09-02 23:23
作品ではないけど何かが崩壊している者さんがせっかく作ってくれたので収録。ありがとうございます!

魔法譚キャラクターまとめ2

作者 月珈とシフォンちゃんさん
作品名 幻想曲
・少女
願い 不明
マジックアイテム 不明。ヴァイオリンがマジックアイテムの可能性あり。
魔法 ヴァイオリンの音が精神に影響して、最終的に殺傷能力を持つ。

作者 何かが崩壊している者
作品名 死にたくない魔法使い
・少年
願い 死ぬのが怖い
マジックアイテム 骨片
魔法 「死」そのものになる

作者 まっつーさん
作品名 無幻の月
・朧木桜
願い 私を戦わせろ
マジックアイテム 指輪
魔法 魔法による生成物の大鎌で倒したものを傀儡にできる。鎌は巨大化させることも可能。最終的に何かヤバい感じになってしまった。

作者 カチョフのしゃちほこさん
作品名 21時にお客さま
・シシ
願い ロロがしあわせになれますように
マジックアイテム 不明
魔法 不明

・ロロ
願い シシがしあわせになれますように
マジックアイテム 不明
魔法 不明

以上、魔法使いまとめでした。もし見落としあったらごめんなさい。

何かが崩壊している者
男性/19歳/埼玉県
2020-09-01 22:17

霧の魔法譚 #9 1/2

突如現れた大賢者とシオンという少女に強制連行、もとい手伝いとして車を走らせてから十数分が経過した。リーダーという役割を担っている者からすればみんなに非常に申し訳ないが、俺がいなくなったところで特に迷惑をかけるようなこともないので問題はない。だからと言って持ち場を離れてもいいというわけではないのだが、あいにく今はこの二人を目的の場所まで送り届けないといけない。
おそらくすでに戦闘が開始されているだろう遥か後方の仲間に頑張れとエールを送りつつ、イツキはまっすぐ前を見据えた。
大賢者の話では目的地はそれほど遠くないとのことなので、おそらくもうそろそろで到着するはずだ。しかし俺はその目的地に行ったとして、何が待ち構えているのかを知らない。いや、正確に言えば、大賢者から「ファントムを倒しに行く」とは告げられているから、きっとファントムがいるのだろう。しかしなぜ俺が連れて行かなければいけないのか、その理由が分からない。大賢者は飛行魔法も転移魔法も使えるはずなのに、その二つではなく俺の魔法を頼らなければならない理由でもあるというのか。
不安になるくらいなら事前にもっと詳細を聞いておけばよかったと思う。同伴しているシオンという名の少女の圧に負けて折れてしまったのは失策中の失策だった。
「なあ大賢者、これからやるのって本当にファントムを倒しに行くだけなのか?」
「ん、どうした急に」
今からでも遅くないだろうと大賢者に尋ねてみる。大賢者は気の抜けた声で応じると、どこからか持ってきたクッキーを一つ齧った。
どうやら後部座席のシオンにも振舞われているらしい。いやいや、そんな呑気で大丈夫なのかよ。
「その、なんで今回俺が手伝いなんかしてんのかなって思って。ファントムを倒しに行く以外に何かあるんじゃないかって」
「……あー、そっか。そういえばイツキにはまだ今回のこと、詳しく伝えてなかったね」
大賢者は齧っていたクッキーを食べ終わり、保温瓶の紅茶を啜ってから話し始めた。

fLactor
男性/19歳/宮城県
2020-09-04 23:16

霧の魔法譚 #9 2/2

「とはいってもファントム討伐は私とシオンでやるから、イツキは心配しなくてもいい。イツキ……もといイツキの魔法が必要なのは、この車がそのまま足場になるからだ」
「それって大賢者が空中浮遊するのは駄目なのか?」
「いつもならそれで十分なんだけどね。今回に限って言えばそれは無理。っていうのも今回は私もでっかい魔法を使わないといけないの。空中浮遊魔法を常時発動させながらシオンを支えて、それで大規模魔法を発動させるのはいくら私でも無理って話よ」
てっきりシオンだけが魔法を使うのだとばかり思っていたが、違うのか。大賢者も魔法を使わないといけないらしい。
それにしてもあの大賢者が大きな魔法を使わなければいけない事態って、いったい何なのだろう。
「それに帰りのテレポートもしなきゃいけないからね。さすがに短時間で魔法を連続発動させると私の身が持たないわけ。ま、精神力の消耗で貧血みたいになってそのまま海にドボン! ……ってことも十分考えられるので、今回はイツキに頼んだの。ひとまずこれでおーけぃ?」
「大賢者も魔法を使うのか」
「そう。ああでも今回のメインはあくまでシオンで、私はその補佐というか準備用の魔法だけど」
「なるほど……」
大賢者はもう一口紅茶を飲んでからその先を続けた。
「んでこの先に何があるのかなんだけど。……これは実際に見てもらったほうが早いかな~」
「実際にって」
続く限りの大海原を試しに見渡してみるが、ファントムどころか人も鳥も何一ついない。いやいや、まだ目的地に到着していないじゃないか。
勿体ぶってないでさっさと教えろと言おうと口を開きかけようとしたが、それより先に大賢者は虚空を指さして軽く微笑んだ。
「ここだ、ここ。イツキ、シオン、目的地に到着したよ」

***
#9更新です。遅くなりました。

fLactor
男性/19歳/宮城県
2020-09-04 23:18

霧の魔法譚 #10 1/3

眼前にはどこまでも続く大空と、見下ろせば悠然と横たわる大海。大賢者がここだと示した場所は、さっきまで走っていた空と何の変化もなく、イツキにしてはどうしてここが目的地となるのか分からないような場所だった。
「何もないじゃないか」
ますます困惑した表情を見せるイツキをしり目に、大賢者は何かを準備し始める。取り出したのは魔法使いの定番アイテム、杖。
「そう、一見何もないように見えるこの場所だが、幕をどかせばその理由が判るはずだ」
「幕?」
大賢者は自信たっぷりに頷く。意味深なその言葉にイツキは訝しく尋ねるも、大賢者からはまるで聞かなかったかのように反応がない。
杖はイツキたちが想像するような松葉杖みたいに大きいものではなく、鉛筆より少し長いくらいの大きさで、木製だと思われる本体以外に装飾はないシンプルなものだ。
大賢者はその小さめの杖を鉛筆持ちにすると、空中に何かを描き出した。惑うことなく滑らかに空中を滑る曲線は、さすが自らを大賢者と名乗るだけあって洗練されており、見えない線が淀むところを知らない。
背筋を伸ばし慣れた手つきで手を動かす大賢者の姿からは、普段の飄々とした空気は抜け、まさしく本物の魔法使いになったかのように見える。
イツキもそのしぐさを見て、大賢者が何をしているのかはすぐに分かった。数多の魔法を大賢者は扱うが、そのうちのいくつかはイツキも見たことがあるからだ。
やがて地面に浮かび上がってきたのは円と幾何学の複合体……魔法陣。
しばらく無言だった大賢者はゆっくりと語りだす。

fLactor
男性/19歳/宮城県
2020-09-11 13:55

霧の魔法譚 #10 2/3

「私は今回の大攻勢で、こんな風に君たちに干渉しようなんて思ってなかった。こんな風っていうのは君たちに会うこと然り、一緒にファントムを倒しに行くことなんて論外。それはなぜなら、私が君たちの魔法を操る様を見たいからであって、つまるところ君たちがファントムと戦っているのを外野から観察したかったからだ。だから今回も、ファントムがどれだけ攻めてこようが、魔法使いたちが如何な劣勢に立たされようが、私は無視を決め込むつもりだった。それこそ君たちがいくら殺されようが、ね」
幾何学模様は次々に生成されては圧縮され、他と組み合わさっては複雑な図形を作り上げていく。足元で次々と起こる変化に、しかし大賢者は目もくれない。
「けれど今回の大攻勢で状況は変わってしまった。それは君たちを助けなければいけない理由ができたというより、ファントムどもを倒さなければならない理由ができたと言った方がいい」
「ファントムを倒さなければならない理由?」
「そう。イツキはもちろん知ってると思うけど、大攻勢の時のファントムは知能と呼べるものがない。奴らはプログラマイズされたように動き、移動、目の前に敵がいたら攻撃といった単純な動きしかできない。できなかった。今までは。理由はここにある」
「えっと……つまり敵のすべての個体に知性化の兆しがあると?」
「まあそういうことになるね。もっとも、現時点において向こうで戦っている3万のファントムすべてが知性的な行動を見せたという情報は入ってきてない。知性化しているのは”こっち”のファントムだけだ」
「”こっち”……ってまさか」

fLactor
男性/19歳/宮城県
2020-09-11 13:56

霧の魔法譚 #10 3/3

大賢者が杖を振り終える。いつの間にか足元に展開されていた魔法陣は車の床面積を大きくはみ出し、描き出された複雑な幾何学模様は見惚れるほどに美しく複雑に絡まりあい、形づくる光の線は脈動を高鳴らせていた。
「知性化したファントムが軍を成す、それはいままでのどんな大攻勢よりも凄惨な結果をもたらすだろう。ゆえに我々は奴等を排除するために来た。幸い奴等は未だ目覚めていない。まだその期ではないと判断しているのか、それとも起動までに時間がかかるのか……理由は定かではないが、今こそ奴等を叩く絶好の機」
出来上がった魔法陣を一通り眺め一つ頷くと、大賢者は最後に新たな魔法陣を生成し始めた。それは先ほどまで作っていた巨大な魔法陣とは比べ物にならないほど小さいが、装飾は相変わらず息を呑むほどに美しい。
「しかしまずその前に、秘匿された舞台の幕を取り払い、敵を君たちの目に晒すとしよう」
小さな魔法陣は大賢者の手元を離れ、ゆっくりと地面に落ちてゆく。大きな魔法陣には初めから一部小さな真円が空いていたが、小さな魔法陣はそこに吸い込まれるように落ち、やがて最初からそこに存在していたかのようにぴったりと大きな魔法陣の一部に取り込まれた。
かちり、と鍵が解錠される音が静かに響く。

――魔法陣が光を増すのと同時に、変化は劇的だった。

***
お久しぶりです。#10更新です。今回は三つに分かれました。
スタンプ等ありがとうございます。当初の予定からだいぶ延びていますがゆっくりと完成まで向かってますので、もう少しお付き合いをば。

fLactor
男性/19歳/宮城県
2020-09-11 14:01

霧の魔法譚 #11 1/2

魔法陣から放たれた光は激烈で、数瞬ののちイツキが目を開けると、まず見えたのはフロントガラス越しに見える海だった。その様子は表面上先ほどと変わらず平穏そのもの。
――いや。
いいや、イツキはどこか違和感を覚えることに気づく。
見慣れた海のはずなのに安心感が一切感じられない。なぜか波立っていない海水面は太陽の光を無機質に跳ね返し、先の見通せない真っ黒な海が口を大きく開けて待ち構えている。
生きた空気が徹底的に排除され、自分たちこそが異質な侵入者だと強制的に自覚させられるような感覚。生命の存在が全く感じられず、なぜか自分たちが生きていると知られてはいけないという強迫観念に囚われる。
それはまるでUFO内部に忍び込んでしまったかのような不安感。眠れる獅子の檻に放り込まれたかのような恐怖。
なんだこれ、と思うより先に、違和感の正体に気づいてしまった。
それはさっきまで明らかに存在していなかった、水平線上から続く何条もの線。
その一つを辿っていくと、自分たちの足元の海上にも広がっていることを確認できる。どうやら線は線からできているのではなく、黒い点がいくつも連なってできているようだ。
黒い点。
目につくと今度はその黒い点ばかりが目に入る。広大な海を縦横無尽に走る点はどこまでも続き、追いかけていくと水平線まで続いている。碁盤の目状に形成された、点の集合体。
いくつも、いくつも、いくつも、いくつも。それは途切れることなどなく。
気が付けば、海のすべてを黒い点が覆っていた。
まさか、という呟きは声にもならない。
だって見たくもないのに見てしまった。確認したくなかったのに、危機本能がそれを求めてしまった。
黒い点の一つを凝視して、知ってしまった。
人も自然も成しえない、本来この地球上に存在してはいけない何かが残した怪奇。
見てはいけない世界のバグを見てしまったかのような気持ち悪さ。
その一つ一つが、すべて同じ形をしたファントムであることに。

fLactor
男性/19歳/宮城県
2020-09-18 23:01

霧の魔法譚 #11 2/2

心臓が早鐘を打ち、背筋には生理的嫌悪からくる冷たさが撫でる。
大賢者は自らの魔法で起こした変化を視認して、ふぅと息を一つ吐いた。
「改めてみると圧巻というか……いや、君の前では不謹慎だったかな。とにかく、これらすべてがファントムって言うんだから、敵もなかなかの数を揃えたものだね」
大賢者はクッキーをもう一度取り出して食べていた。精神力を急激に消費したせいで蒼白になっていた肌色が見る見るうちに回復していく。おそらく精神力補充用のクッキーとかなのだろう。
「……大賢者が使った魔法って何なんだ?」
精神力を失ってないくせにすでに生きた心地がしないイツキが絞り出すように尋ねる。大賢者はぺろりと唇を舐めると、淡々と答えた。
「今目の前に現れた秘匿ファントム軍に探知ジャミングが施されていた。魔法でも直視でも見ることができないという驚異のステルス性能さ。それで私はそれを破った。やったことはただそれだけ」
ただし、と大賢者は続ける。
「イツキ君にはなかなかダメージが大きかったみたいだね。まあ自分を殺そうとやって来る敵が奇麗に整列して並んでるんだ。いわば”未知の敵兵工廠”に足を踏み入れたようなもの」
実際には敵はここで生産されているわけではないけど、敵の本陣は間違いなくここだろうね。大賢者はあくまで淡々と語る。3万の前哨隊で魔法使いたちを疲弊させ、ここに残った知性化したファントムで敵を”効率的に狩る”。故にカギとなるこの本隊の存在を秘匿したかったのだろうと。
「これが……全部、なのか……?」
イツキの口からこぼれるように言葉が漏れた。大賢者はすぐにイツキが何を言いたいのか察して、その答えを述べる。
「そうそう。ざっと見た感じ向こうの1/3程度だから……1万くらいはいるのかな」
知性を持ったファントムが鋳造品と比べてどのくらいの戦力比があるのか分からないが、3倍は軽く凌駕するだろうことは想像に難くない。
「だから排除しなくてはいけないんだよ」
大賢者は二つ目の魔法陣を作成し始めた。

***
#11更新です。イツキ君は正気度判定しましょうね。

fLactor
男性/19歳/宮城県
2020-09-18 23:03
まとめⅥに続く。