1

私のインスピレーションで作ったオリキャラを 主人公にした小説です。(ラノベに近い)

異形なる使徒と極彩色の逆徒 ver.1.1.1 入学

この世界は非日常に溢れている
誰かのために生き、進んで己を捧ぐような善人には
理解できないようなそんな現実が……

四月の上旬になり桜も吹雪ききり、
葉桜になりつつある麗らかな日中、
奥馬市(おくま)にある私立桜ヶ崎高校
ではまさに入学・進級式が終わり、
クラスでの雑談に花が咲いていた。

個々を大切にするという校風のこの高校は、
体育を除いて服装は基本自由。
髪型や髪色、ピアス、化粧等使用可。
制服指定はされてないが市販の制服
(この場合も私服扱い)を着てきても良い
という感じの学校だった。

「オラァ、お前ら席につけー!」

体育会系を思わせるような如何にもな
ジャージを着用した強面の教師が入ってきたのを
見て、または、野太い威厳のある声を聞いて
クラス中の声がピタリと止まり
全員が席に着いた。
「改めてこのクラスを担任する、山上雅宣だ。
えっと、教科は数学、部活はまぁ知ってるとは思うけど陸上部の顧問だ。よろしく」
マニュアルのような自己紹介をして
各々の自己紹介に移った。
「出席番号1番と40番きりーつじゃん拳して負けた方から自己紹介なー」
「「「え~」」」「「「そりゃないよー」」」

各々不平不満を口にしつつ、じゃん拳を見守った。
最終的に40番の渡貫が勝ち1番からになった。
「じゃあ名前と趣味位かな、はい1番どうぞ」
「はい、1番の相浦叶多です。趣味は読書です」
「相浦、最近のおすすめはなんだ?」
「う~ん、湊ゆらさんですかね」
「先生も学生の頃は読んだなぁ、じゃあ次」
「はい、2番の入山累です。趣味は映画観賞です。」
「……」「……」「……」
と40番まで続いていくはずだった。
「はい、次5番」
「5番、現江凶禍よろしく」
「終わりか?趣味は?」
「…………」
「まぁ、あまり人に接するの得意じゃない奴も
いるからな気を取り直して次、6番」
見た目と性格が全くマッチしていない
紫髪の少女 現江凶禍(うつしえきょうか)
彼女は髪以外はとても地味、服も淡い色合い、
持ち物はモノトーン、そんな地味な風貌も
髪が黒いから地味に感じるらしく、
光るような紫の髪をしている彼女では
地味に感じない。ただ一つ、
紫色のギターケースを除いた持ち物なのだが……

オタPの弟子
男性/16歳/栃木県
2021-08-19 20:31