表示件数
0

♪いつも何度でも

音楽の授業で、『いつも何度でも』を、リコーダーで演奏したことがあります。
1人ずつ、みんなの前に立って演奏したのですが、何回聴いても、誰が演奏していても、それぞれの良さがあって、聴いていて楽しかったのを覚えています!
メロディーが綺麗なので、感情をこめて演奏したら、大森先生と同じく、とても心地良かったです!

また、日本史の文化史(現代)の授業で、先生が、『いつも何度でも』を流して、
「歌詞が、受験生の心情を表しているよ、がんばろうね!
(♪「繰り返すあやまちの そのたび ひとは」
先生の実況「テストでまた間違えたけど」…)」と言っていました。
受験とか、今のコロナの事とか、何か困難が立ちはだかっている時とも重なる歌詞なので、歌詞が深く心に届きました!

大森先生の『いつも何度でも』の弾き語りを聴いて、大森先生の温かい歌とギターと想いによって、さらに私の心の奥底に響きました!

ありがとうございます!!!!!

0

「こういう人が1人ずつ増えていくと優しい感じになる気がするね」

『ナニヲなにを。』
「どうにかできないのか。」を一人ひとりが感じれば
きっとどうにかなり始める。
でもみんな諦めている。
ぐちゃぐちゃなのだ。

でもまだ耳を澄ませると
本物の「ありがとう」や「ごめんね」がちらほら聞こえる。
まだ終わっちゃなんか居ない。


あと少し頑張れそうだ。
あと少し。


『SimPle』
「この世は終わっちゃなんかいない(いけない)」


『Attitude』
「この世は腐ってなんかは居ない。」


大森先生の その考え方を知ってから、私は希望をもてるようになりました!
ありがとうございます!!!!!

私も、その1人になれるように…
大森先生やミセス先生が教えてくれたことを心に、自分なりにがんばっています!

大森先生のように、色々を良くしていけたりする人にも、必ずなります!!!!! 

1

先生!

大森先生、こんばんは。
突然なのですが、僕に彼女が出来ました。
僕が彼女と付き合うきっかけとなったのが、ミセス先生の『ロマンチシズム』なんです。

僕は彼女のことが1年生の頃から好きで、いつか想いを伝えようと思っていました。そんな時に噂で彼女は大森先生のファンだと聞きました。僕も大森先生の大ファンで、先生こそが僕と彼女の共通の話題になるのではないかとひそかに期待していました。
勇気を持って話しかけ、彼女が大森先生ファンだという噂が正しいと分かり、そこから毎日のように話しました。半年程、友達の関係をキープしました(笑)

彼女だけを遊びに誘って、いろんなタイミングで告白を試みたにも関わらず、1度も声に出せませんでした。
帰り際、このまま帰る訳にはいかない!と思い、スマホでロマンチシズムを流し、イヤホンを僕の耳と彼女の耳に片方ずつ付けて、
「これが僕の気持ち」と伝えました。
すると彼女は
「私の気持ちにも気づいて欲しい」
「私と、付き合って下さい」
と言ってくれました。
告白を相手がしてくれたこと、両想いだったことなど、喜びより驚きの方が正直大きかったけど、
「気づいたよ」
と答えて、手を繋いで帰りました。

これがついこの間のことです。彼女も僕も、
「私達が付き合えたのはロマンチシズムをつくって下さった大森先生のおかげ」
と思っています。
(もちろん、ミセス先生全員のおかげでもあります!)
本当にありがとうございます。
これからも仲良く過ごしていきます!

彼女もこのラジオを聴いているので、書き込みを紹介して頂けたら嬉しいです