表示件数
0

好きな人には好きって言えない
好きなんだけど声が出ないの
いつもそばにいてほしいんだけど
いてほしいけど声が出ないの

いつもそばにいるわけじゃないんだよ

0

ぐるぐるとぐるぐると

苦さも
溶かしたい
うずくまる三秒
手を伸ばしても
ままならない足取り
「笑ってよ」とは横暴だ
途端に冷える頬からは
奪えないものがある
笑みを絶やさぬ人なのだ、いつも
「期待は裏切らないで」
頭を支配したのは、いつも
そんな弱さなのだ
苦さも
溶かしたい
溶かして混ぜて、それを口にした君のしかめっ面拝みたい

0

きな粉餅

君が嫌い
泣けばいいと思ってんだろって言うところとか
子供みたいに自分が正しいと思い込んでるところ
もっと言おうと思えばいくらでも挙げられるけど
小さな恨みが積もり積もって喉に詰まった

2

うたうたいの独り言

将来のこと、全く思い浮かべられない。

10年後とか、5年後とか、言われてもピンとこない。

なりたいものもない。

欲しいものもない。

夢だって、希望だってない。

なんのための人生か。

なんのための仕事か。

明日、世界が終わるなら、

月夜の下で眠ることが

ささやかな望みだ。

0

えがおがすき

あんなに 困った顔をしないで
冗談言い合うみたいに笑ってて
拗ねた私の側にきて
馬鹿にしたように笑って
頬を寄せて写真を撮って
あんまり 困ったように笑わないで
またあなたの温かい手に触れたいの

0

いちばん哀しいことば。

きみのこと、ぼくはとても大切にしていたんだって
今さらそんなこと云ったってきみには届かないね
きっと蠅にでもたかられたような顔をするのかな
ぼくの好きときみの嫌いが見事に噛み合ったとき
すべては崩れてマイナスに変わってしまったね
なんて、二度と取り返しのつかない一言が
摂氏零度のおやすみを云ったんだね

0

チョコとブランコ

 最近読んだ本に、女性の男性ホルモン分泌量は男性の十分の一(卵巣と副腎から分泌)。性欲はもっぱら男性ホルモンによるもの。よって性欲も男性の十分の一。とあった。なるほどそりゃあバレンタインに男子がそわそわするわけだ。女性の十倍だから。
 イベントだし。と、大して好きじゃないけど仲のいい男子にチョコをあげようと考えスーパーに行った。自分の好きな板チョコが、安かった。買った。もちろん自分用じゃないけど。
 帰路、ショートカットしようと公園に入ったら幼稚園の年長か小一ぐらいの、男の子がブランコに座って泣いてて、どうしたのってききたい衝動にかられたけど子どもとはいえ好奇心にまかせてたずねるのは失礼。トラウマになったら困る。さりげない感じで隣のブランコに座り。さっき買った板チョコの包みを開け、ぱきっとやって差し出した。男の子は、少しびっくりしたみたいだったけど受け取り、口に入れてずいぶん長い時間もぐもぐやってからのみ込んで、照れくさそうに笑った。つられてわたしも笑った。
 二人、しばらく無言でチョコをほおばってブランコをきこきこやってたら男の子のお母さんらしきと妹らしきがきて男の子はいっしょに帰った。
 だから明日はチョコは無し。

3

non title

すきと すてきと 思ったなら
その場で抱きしめておかなきゃ
消えちゃう

0

ちょこれぃと ぶらうにぃ

この言葉きいたら
君はどんな顔するかな
7秒先の未来に

0

そんなの分かってるよ…だけど

辛い時こそ笑顔?

そんなの不自然極まりないね

辛い時こそ

苦虫噛み殺したみたいな顔して

歯を食いしばって

辛さの後にある本当の『笑顔』を

掴みに行くんだろ?

見栄っ張りはかっこ悪いぜ

0

即興詩。

甘いものが呑みたいってコインを落としたのに、ペットボトル入りのカフェラテのボタンを押した途端に胸が悪くなるような身勝手さ、
雪の舞った朝はそんなふうに明けていく。
さぶいさぶいってヒトリゴトを云えるのは幸せなことだから、今日は素敵な一日だったって云ってしまいたい。
おやすみを云う瞬間も布団に包まって、湯気が昇るような部屋で、きみの瞳(め)だけを描いてた。

0

空を見上げると さんさんと輝く星が
空一面に 花のように咲いていた
“綺麗だね“ と呟いた
でもそれに答えてくれる人はもういない
ふと涙が頬を伝う
何気なく手を伸ばした
あの星を全部集めて 君に送ろう
空の遥か高いところにいる君へ
愛してるという 星の文字を

0

チョコレイト

甘いあまいチョコレイトは
砕けて溶けて固まって
みんなを幸せにする。
チョコレイトはね幸せの味がするのよ。

0

遠い昔のむかしむかし

みんな変わったけど変わってなかった。
あたしよりちっさかったのにおっきくなっちゃって。
だけどばかやって笑うその笑顔は、
卒業した5.6年前と全く変わらなくて。
楽しくて懐かしいその空気は。
あの日当たりのいい教室と同じものだった。
変わらずに前に進むってこういう事だと思った。
いつかみんなが大人になって、小さかった面影なんて無くなってしまっても、
この笑顔だけはきっと変わらないんだろう。
そう思ってあたしも
変わらずに前に進むことにした。

2

Smile

故意に持ち上げた口の端
いつもよりちょっと上げるだけ
その数ミリが景色を変える


君に教わった魔法の一つ

君が笑えない時は 僕が隣で代わりに笑おう
僕が笑えない時は 君が隣で笑っておくれ

そしたらきっと 気付けば二人共笑ってる