表示件数
0

愛してるなんて言わなければ。

愛なんて。
初めはあんなに好きだったのに。

愛なんて。
今じゃクソ野郎。

愛なんて。
一人に注がれるものじゃないらしい。

愛なんて。
賞味期限付きだと
君が教えてくれたから

愛なんて。
くそ喰らえ。

0

秋風

哀愁漂う季節の初っぱな、
哀しみも愁いも吹っ飛ばした秋風。
その風と共に君登場。
粋な風が、君をいとおしく思わせる。

物質が消滅しないと云うのなら、
感情も消え去らないと云うの?
俺の中から旅立った感情は、
乾燥した風に乗って、誰のものになるの?

そんな思いなんてきっと知らずに、
君はコンビニおむすびを頬張る。
そんな仕草がいとおしくて、
秋も悪くねぇかな

秋風に舞う君の黒髪。
この季節にはひどく不釣り合いで、
そのくせどうしようもなくいとおしい。
ありがとう、そっと呟く。
いとおしさを連れてきた風に、
哀愁を乗せて去って行った秋風に。

0

うたうたいの独り言

自分のことは、話さない。

人には話させて。

自分のことは、認めない。

人のことは丸ばつはっきりさせるけど。

自分のことは、見せない。

人のことは見てるけど。

一生、こうやって大事なことは

何一つ言えず、

伝えたいことは

何一つ伝わらず、

拠り所も寄り添うことも

不器用を言い訳に

独りで生きていくんだろうね。

泣きたい夜と

笑えない昼の

真ん中で。

0

笑い

私の笑顔も
君の笑顔も
偽物なんだよ
私は繕う笑い顔
君は裏切る笑顔
私の心を踏み荒らして
たのしいの?
偽物も信じてみたくなっちゃうのが人なら
私はちゃんと人だね
君を嫌いたくないんだ 
信じるのは無駄ですか?

0

満たされたって、雲隠れ

今日は まんまるのお月様が見える日よ。
そう教えられたあの頃から
もう数年の月日が経った

僕の心はまんまるのお月様のように
綺麗に光って満たされているはず
それなのにどこか満ち足りないのはなぜだろう

ありのままの自分を認められず
太陽がなければ自分が輝けない
その寂しさに触れたからかな
自分が嫌になっていた。



でも、今ならいけるかも。
雲隠れしたって
太陽がなければ生きていけないから
お前は光ではないと言われても
クオーターの傷が何個もできても
しゃんと今日も夜空に浮かんで
神秘的な光をもたらす月のように




私も前を向いて
誰かを輝かせる影でありたい
太陽を輝かせる影でありたい
そう、中秋の名月に祈るのです

0

苦手なこと

人と会う約束が苦手

約束の日にちを決めるのが苦手
何日がいい?いつ空いてる?が苦手
約束の日が近づくにつれてじわじわ嫌になる

いきたくないなあ

急な仕事、って嘘も
学会が入った、って嘘も

もうバレてるんだろうけど、ごめんね
行きたくない

でも、再来月は本当に学会なんだよ
これは本当だよ

0

銀木犀の落ちる頃

金木犀が香りだす
また貴方の右手が恋しくなる
いつもカサカサに乾燥してて あたたかい
その熱を忘れたくない なんて思っていたら
いつまでも いつまでも私の中に残っている
困ったな
いつまでも
貴方を忘れることができない
イヤホンから聞こえる調べは哀愁漂うものばかりで
柄でもなくノスタルジーってやつに浸って
いつからか
お腹なんかもう空かなくなったよ
けど 今日もあなたのいない世界で生きていかなきゃ いけないから
コンビニおにぎりの最後の一口を放り込んだ

0

夜風のふく涼しさと

あの影は何に見える?
うさぎが餅つきしているの!君はどう?
...メルヘンだね。
僕にはただのきれいな月にしか見えないよ
...ばかにしてない?
してないよ。
だって月が綺麗ってそういうことでしょ?
え?
直球勝負で言うしか無いみたいだね。
君が好きです。愛しています。

それは10年前の記念日。
君を見るのが最後になるなんて、
そのとき僕は思いもしなかった。

そちらからの月はどう見えてますか?
僕は相変わらずきれいな月にしか見えなくて。

ふと、涙で濡れた頬。
涙で滲んだ目に映る月に、
初めて、あの影が見えたような気がしたよ。

0

おやすみがあるからおはようがある

昨日のうちに窓を開けて
2人で月を見て布団に入ろう。

そしたらきっと明日の朝、
隣にいる君の温かさが嬉しく感じるから。

2

LOST MEMORIES CⅦⅩⅧ

望はくすりと笑みを溢す。
「さっきより険しい顔になったね。
……急に言われても困るだろうなって思ったんだけど、止められなかった。」
頬を少しかく。
「どう想っているか知ってもらいたかっただけなんだ。だから、返事はいらない。むしろ、ここで返事を引き出してショックを受けたくないからね。」
保守的でしょ?攻撃型なのに,そう言って笑った。
望の目が真剣な色を帯びる。
「それ以上に、共有者として、仲間として、同士として、瑛瑠さんと信頼関係を築きたいんだ。」
「……それは、私もです。」
それがひとつの終止符となる。風の優しい音を共に聴きながら、ふたりは特に何を話すわけでもなく歩いた。
そして、T字路に出る。