表示件数
0

いつも いつでも

はるの日も
なつの日も
あきの日も
ふゆの日も
ふたりだから特別

はれの日も
あめの日も
くもりの日も
ゆきの日も
きみとだから特別

0

たぶん

曖昧な言葉で隠すのが上手な君は

たぶん、とか
ちょっと、とか
まあ、とか

嘘になりきれない言葉をこぼして
騙しているつもりですか



私は騙せないからね。

0

自分というものについて

僕は自分というものを侵害されること、分かりやすく言えば、馬鹿にされること、必要以上に否定されること、自分の仕事を奪われること、などが気が違うほどに大嫌いです(自分がやるやらないとかそういうのは置いといて)。そのような事をするということは、その人を殺すのに殆ど等しいことだと思っているし、そんなことを僕にするということは、正当防衛で酷い目を見ても仕方無いしその覚悟があると思って僕は他人に接しています。
皆さんも人のことをどうにかしようなんて思い上がったこと考えず、謙虚に生きましょう。結局のところ、最後に人間を変えるのはその人自身ですしね。

0

生涯日記

たった一つの命で僕らは何を語れるのだろうか
きっと多くはない 長くはない
だからこそ 美しいんだろうって思う
たったひとつの身体に与えられた手足耳口目
どんなに力のない存在だとしてもたった1人だけなら
あなたなら君なら変えてあげることができるかもしれない
生きてる意味なんて死ぬ時に分かればいい
そしてそれを誰かに残してあげればいい
苦しみながら一つの命が築き上げた短い時間が
誰かの救いになったなら
それが僕の生きた証になる

0

AFFAIRE

痛いほど 痛いほど寒いのよ
冬も 終りが近いと云うのに
白い妖精も 散らつき始めて
マフラーで きつく結んでも
隠しきれぬ なげきよりこそ
黄昏の山際 燃えまさりけれ

Affaire ・・ 遅すぎる初雪が
悪い知らせを運んできたのね
目の前が見えなくなってゆく
今夜は積もるかもしれない…

透かす 心の奥にいつも居た
あの人は私より 綺麗なのね
それならそれでいい けれど
あの夜 私にみせた優しさも
ぜんぶ 嘘だと言って欲しい
心から嫌いと 手を振れるわ

Affaire ・・ 遅すぎる初雪が
悪い知らせを運んできたのね
重い雪が心の底に滲みてゆく
想いはつのるかもしれない…

0

ディナー

 いい店ありますよ、と部下に耳打ちされてから数時間後、わたしは自宅とは反対方向の電車に揺られていた。
 目当ての雑居ビルはすぐに見つかった。近代的なビル群のなかで、さびれた外観がひときわ目立っていたからだ。
 エレベーターの扉が開くと、キャミソール姿の女がピンク色の照明に照らされ立っていた。直接部屋に出るとは思っていなかったのでやや面くらったが、すぐに気を取り直した。のん気に面くらっている場合ではない。神経を研ぎ澄まして料金ぶん堪能しなくては。
「予約した鈴木です」
 こくりと女はうなずき、ジェスチャーでついて来るよううながした。
 通されたのはリノリウム床の、高度経済成長期に流行ったようなダイニングキッチンだった。ばかでかい食器棚の中央にブラウン管のテレビが納まっていた。映るのだろうか。単なる飾りか。女にきこうとしたが、すでに調理を始めていた。話しかけて集中力を削ぐのは愚だ。
 きっちり十分で料理が運ばれてきた。飴色のスープ、ちぢれ麺、正真正銘のインスタントラーメンだった。
 我を忘れてスープ一滴残さずたいらげ、余韻にひたっていると、缶コーヒーを渡された。渡されたはいいが、どうやって開けるのかわからなかった。女は察したらしく、手を伸ばし、開けてくれた。口のなかで転がし、鼻から息を抜き、香りをじっくり味わってから食道に流し込んだ。至福のひとときだった。
 缶コーヒーを飲み干してから女に、「あのテレビは映るの?」ときいた。女は何も言わず、曖昧な笑みを浮かべた。
「日本語わかる?」
 女は首を振った。
 目的は達成したのだ。長居してもしょうがない。わたしは会計してくれるようジェスチャーで示した。すると、「ありがとうございます。八万二千円になります」と元気のいい声がどこからかきこえた。テレビだった。ブラウン管に萌え系のキャラクターが浮かび上がるのと同時に女は目を閉じ、固まってしまった。わたしは戸惑い、女と萌えキャラを見比べた。
「その女は他律型ロボットです。指示を出していたのはこのわたくし。ラーメンはお口に合いましたでしょうか」
「ああ、もちろん」
 ぼそりとわたしはこたえた。
 こんな未来の到来を待たずに死を迎える世代は幸福である。

0

無題

明日こそ 一年後こそと先伸ばし チャンスを逃してしまいたくない

生きること 何度もくじけて立ち上がり
生きてる幸せ実感する

明日へと向かう力は必ずに 
私にもあり みんなにもあり

明日もね小さな幸せ数えてね
1日1日生まれ変わるの

生きていて良かったと思えるその日まで
立ち向かうのは己の心 

失望は希望へとの道しるべ
それまでの道向き合ってこそ

0

風のうわさで

彼女できたんだって?
おめでとう

しあわせになってね
しあわせにしてあげてね

0

この世の可能性

私のことわかってくれる人は
この世界に何人いるんだろう

そのうちの何人と出会えるんだろう

わからないことだらけで

不確実なこの世で

僕らはなんのために生きているんだろう

0

 

淡い夢より外の世界でだけは
いつまでもあなたの他人でいさせて

0

別に特別じゃなくたって

別に特別にならなくたって何かを必死に
追いかけなくたっていいんだよ。追いかけたら
追いかけたで心は辛いだけ。特別になろうと
するのは傷が出来た心を強さで隠してるって事
一つの言葉じゃ語れない。でもそう思う

0

結局

「困ったらいつでも相談してね!」


なにそれ。
オブラートに包んでるつもり?
誰かの力になれると思ってる?
本当はなにも思ってないでしょ。
なにも感じていないんでしょ。


そんなこと、もう呆れるほど分かってんだよ。

1

卒業式の台詞

「卒業写真が色あせてもいい
お前と過ごした時間は変わらない

卒業アルバムがUSBメモリでもいい
お前と過ごした時間は変えられない
誰にも」
卒業式で〆の台詞言うんですけど、これどうですか

0

手に付けたナイフの傷は、簡単に治る。


じゃあ彼奴に裏切られた心の傷は、どうやって治すの?

0

大好き

私の好きなアーティスト昨日の夢に出て来てくれた。うれしーなああうれしーなそしたらね私の歌を歌ってくれただーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーい好き

0

僕の英雄へ

ゆらゆら
揺れる視界を擦りながら歩くよ
暗い穴の中から一歩踏み出したそこは
見た事ないくらい明るくて暖かい
美しい景気だった
君が連れ出してくれたんだ
だから彼女を取り戻す覚悟だって決められた
3人で帰るって約束したのに
ごめんねごめん
あぁ ぼやけていく もう見えないや

ねぇどこにいるの?

そこか 見える 見える感じれる

彼女をよろしくね 君の守りたい彼女を

いつまでも君は僕の英雄だから
最後くらいは僕にもカッコつけさせてよね

0

そっか

落ち込んだまま
俯いたまま
人の流れに乗りながら
階段を上ってそのときの
足元に差した金色の光
金色の太陽
あなたみたいな金色の太陽
ほらもうまた泣けてきてしまう
愛してるの
愛してたの

0

別れ

別れって辛いね

でもさ、人って辛く生きたくなんかないから

辛くならないようにできてるんだね

別れのときは辛かったはずなのに

いつの間にか辛いって思わない。

でもそれが僕には辛くってさ、

自分が無慈悲な、情のないひとに、

思いやりのないひとに思えてくるんだよ

どうすればいいんだろうね、

0

サーカス小屋    #調律師のシューベルト

それらしい表情で
「音が外れているので直してくださいな」
という貴婦人。
わざと少しずらしたままにしたら、
「まあ、やっと治りましたわ」
だそうです。まあ、僕は完璧な音は嫌いなのですが。
人々は、不協和音をなぜか嫌います。自分の「音」が外れることを恐れ、その「音」を封印してダレカの「音」に合わせます。
本当は苦しいのに、その感情さえもねじ込めて感じなくします。
本当は、この世の中は不協和音だらけのはずです。全く同じ人間など、いるわけがないのですから。
調和することに何の意味があるのか、僕にはわかりません。ダレカと全く同じになりたいのでしょうか。
まわりに合わせることで安心感を得て、はずれた「音」を指さして嗤い、優越感を手に入れて満足する。でも誰でも、心のどこかに引っかかっているのです。
この優越感を得るのと同時に、罪悪感に心をくいむしられ、
安心感を抱くのと同時に、何かへの不安を覚えている気がしてならないと。

0

ふと

ふと
立ち止まった
コンクリート塀の小さなすき間に
美しくはない
名前も知らない
緑の雑草が生えていた

だから
今日はいい日。

0

学校の中庭の梅の花が咲いたよ
虹がでてるよ

ねえ、おきておいでよ

0

こんな夢を見た

______________________

友達のAちゃんとは過去に仲よくしていたが、性格や考え方が違いすぎて合わなくなり、昔に比べて少し距離があった。

そのとき私は教室にいた。他にもクラスメイトは15人くらいいた。そのなかにAちゃんもいた。Aちゃんは包丁を持っていた。そして他のみんなに構わず、一直線に私に向かってくる。刺されそうになったが、必死に避けたり止めたりした。

______________________

あのとき私は、必死に生きようとしていた。おかしいな。こんなにも死にたいって思っているはずなのに。なんで生きようとしていたんだろう。



生きなきゃいけないよ、と誰かに言われた気がした。

0

 

ふわふわと舞う雪は
気付いたときには
融けているわ

しばらく空を仰いで
僕は今朝見た夢を思い出せない

0

 

あなたが”ここにいる意味ない”っていうから
僕は引き留めようと口を開きかけた

あなたを縛る鎖となってしまうのが嫌で
やっぱり言わないことにした

消えてしまわないでねと口に出さずに呟いた

ずっとここにいてねなんて言えないから

0

世界は広く世間は狭い

沢山の街があったり国があったりする
でもそれは世界から見れば宇宙から見れば
世間単位の規模でしかない
なんて簡単な構造なんだろうと思えるくらい世間は小さいよ
次が見たいならさ
飛ぼうよ 世界へ

0

河童にさらわれた話(後編)

 企画は、何のレスポンスもないまま終わった。
 スポーツジムに入会した。もちろんプールつきのやつ。
 自分にはこれしかないんだ。
 水泳選手は無理でも、インストラクターだったらいける。
 学校帰り、久しぶりに水に入った。
 三往復したあたりで、わたしは何者かに排水口に引きずり込まれた。
 半身を起こすと、少し離れた所に河童がいるのが見えた。
 河童が口を開いた。
「俺の棲家の情報を誰からきいた」
「情報?」
 何を言ってるのだろうか。ここは、寒い。
「小説に書いただろう」
「……あれは、山椒魚の話ですけど」
「とぼけるな。とにかく、誰から教わったのか吐くまで帰すわけにはいかない」
 わたしは安易に作家を目指したことを本気で後悔した。
「誤解です。帰してください」
 河童が近づいてきた。小六のころ妖怪大百科で見た河童とリアルのやつは全然違ってた。干した毒蛙みたいな顔をしていた。
 首筋に息がかかった、腐った卵のにおいがした。わたしの恐怖心はマックスに達した。瞬間、脳内に強烈な光が広がるのを感じた。
 覚醒したわたしは左手をチョキにして目つぶしをくわせ、間髪を入れずグーにした右手を河童の頭頂部にたたきつけた。
 河童の皿割れた。

0

河童にさらわれた話(前編)

 小説投稿サイトをスクロールしてたら、『本気で作家を目指す女子高生の集い』という企画が目にとまった。
 水泳部を引退してからとくに目標もなくだらだら過ごしていたわたしはこれだと思った。
 小説を書いたことはないが読むのは好きなほうだ。
 企画主の小説を読んでみた。
 本気で作家を目指すだけあってやはり上手い。
 初心者の作品なんかボロクソにけなされておしまいだったりして。
 同性同士の集まりだから派閥みたいなのができるかもだし。
 でもこれきっかけでデビューできるくらいのレベルになるってことも。
 とりあえず書いてみた。

 あなたは女子高生、校内の水泳大会に向け、市民プールでこっそり練習することにする。あなたはおとなしいが負けず嫌いで、かつ、努力しているのをひとに見られたくないタイプ。
 入念に準備運動をし、水に静かに入る。息を整え、背泳ぎを始めようとする。すると、監視員が笛を鳴らす。
「ちょっと君!」
 自分のことのようである。あなたは怪訝な表情で監視員を見返す。
「今日は背泳ぎ禁止デー!!」
 いつものあなたなら、何それ、と思いながらもしたがうのだが、今朝お母さんとけんかしてむしゃくしゃしていたのと、夏の解放感から、無視して背泳ぎを再開する。ターンしようとしたところで、あなたは排水口に引きずり込まれ、意識を失う。
 ひんやりとした空気。あなたは湿った岩の上にいる。身体を起こす。暗闇に目が慣れると、奥に何かがいるのがわかる。
「おはよう」
「……ここは?」
「わたしの別荘だ」
「あなたは?」
「わたしは大山椒魚だ」
「ここから出たいんですけど」
「無理だ。出口はわたしがふさいでいる」
「出してください」
「無理だ」
「どうして?」
「お前は若くて美しく、健康だからだ。手元に置いておきたい」
 あなたは立ち上がり、大山椒魚をどかそうと試みるが、びくともしない。
 一か月が過ぎた。あなたの命は終わりに近づいている。
「怒っているか?」
 大山椒魚がきいた。
「……怒ってなんかいない……怒ったら……自分との関わりができてしまう……わたしとあなたは、何の関係もない」
 あなたはこときれる。大山椒魚が、さめざめと泣く。

0

どうして

せめて嫌いって言ってくれればちゃんと諦めたかも知れないのに

どうして友達としては好きだけど、って言うの?