表示件数
0

シャネルの味を覚えるということ

瞼の熱と頬の涙をホチキスで留めて
いっそ君の心に巣食う病になりたい

ブラウスの内の純情を暴くように
スカートの中の秘密を覗くように
もう失うことも叶わない恋に泣く

僕の知らない誰かに似合う色の口紅
感傷的に干渉できない唇の奥の世界

片想いを片重いと書かないのは優しさのつもりかよ

0

うたうたいの独り言

ホチキスの針一つ立たせるのと同じくらい

人の心を繋ぎとめておくのは難しい。

木枯らしに舞うスカートを押さえるのと同じくらい

人の心を映すのは難しい。

感傷的?

いいえ、

現実を見ただけです。

0

無題

自分に生きる意味はない。今、ここに存在する価値もない。まだ、諦めたくない。全員負けるゲームが終わった後で、新しいモノを作る。

0

SOL

現実じゃない学校でわたしはいろんなことを
学んだ
人のあたたかさに触れたり自分が優しくなれた
気がする
悩んでいる人がいたらほっとけないこの場所が
好きだ
だからわたしも
そういうひとになりたいと思った
きっとこの場所がたくさんの人の
居場所になってる
大好きで最高のわたしの生きる意味

0

LOST MEMORIES ⅡCⅡ

「本当は、スカートとかワンピースの方がお相手は喜ばれるかと思ったのですが、お嬢さま自体そういった柔らかい雰囲気を持つので、ここは逆手にとってギャップを狙ってみました。」
ギャップとは。
「それでもやはりデニムでは色気がでないので、小物を使いこなそうと思います。」
そう宣言したチャールズはあっという間に瑛瑠を着せ替え人形にする。
「男性は揺れるものがお好きなので。あと、これもお忘れなく。」
イヤリングと合わせて、英人に借りているリングネックレスを付けられる。首元が制服より開いているせいで、しっかりリングが見える。
そして、髪をふたつに分けて編み込まれ、下で結ばれる。
最終的にキャスケットを被せられ、はいと渡されたバッグ。
「完成です。」
瑛瑠はもはや感嘆の声しかあげられなかった。

0

てがみ

ブレザーを着て駅まで。

電車に乗るとなんだか暑くて。

着たり脱いだり面倒だなあなんて

苦笑いするのにも慣れてきた今日この頃

気温の変化が大きいですが

体調を崩したりはしていませんか?

私は少し鼻水と咳が出ます。

きっとすぐそこまで秋が近づいているから。

どうせすぐ治るのでご心配なく。

さっき冬物のパジャマを引っ張り出してきて、

ゆったり湯船に浸かって

ブランケットを被りながらたまごスープを飲みました。

貴方がよく買ってくれていたたまごスープ

なんだか懐かしく思えて

少し心にも秋風が吹きました。

暖かくして、体調には気をつけてくださいね。

そちらはもしかしてずっと暖かかったりするのかな?

「今日は温くていいわ」

と微笑んでいた貴方が目に浮かびます。

さあ、課題をやってきますね。

1

逃げ

現実から逃げたって構わない。逃げなきゃ生きられない時だってある。
でも、逃げたっていう現実だけは逃げずに向き合ってほしい。

0

fall down

ベッドの足元に蹲るスカートと毛布に包まるその中身
この「愛してる」が嘘だなんてきっとお互いに知っていた
暖かければ誰だってよかった
でも今、こんなにも寒い

海峡にかかった大きな橋が
地球についた巨大な傷口に突き立てられたホチキスの針のようだ

僕らはこんなにも繋がろうとするのに
結局傷つけあってばかりいる
あるいはそれ以外に繋がり方などありえないのか

感傷的な振りをするくせに
傷つけるのには無頓着で
最低な僕たち
吊橋効果の終わりに
そうして橋は落ちた

0

飛行星雲

ハローハロー
僕はここにいますか?
僕はこれからどこへ行くのですか?
僕はあの星を見失ったのですか?

ハローハロー
あなたはどこにいるのですか?
あなたはどこからきたのですか?
あなたはあの星が見えていますか?

ハローハロー
この唄が聴こえていますか?

0

紅茶

一人で飲む紅茶は

あまりにも空虚で

温度が無い


カップに立つ

白い湯気のように

君は消えてしまったんだ

君が消えても

紅茶は冷める一方で


もう一度

そう言って

何度試したって

君は現れなかった

ただただ虚しく

冷めていくだけで


何度試したって

現れない

そんなこと

本当は

とうの昔に分かっていたんだ



もう一度

そう言いながら

やっぱり紅茶は冷めていく

湯気はどこかへ消えてしまう


湯気に甘い幻想を見るためにさ


今日も紅茶を淹れないか



ミルクにしようか

レモンにしようか

それとも……


いや、

何も入れたくない



0

風が吹いて

あなたの黒髪は乱れて

その顔を半分

隠してしまった



嘘。


本当に乱れたのは



僕の心。

4

LOST MEMORIES ⅡCⅠ

「お似合いです、お嬢さま。」
太陽が昇り、姿見の前に立たされた瑛瑠。前日にコーディネートされた服を身につけている。
チャールズの選ぶ服だからか、多少の気恥ずかしさが拭えない。やはり薄い布だけのような服には、未だに多少の不安が残るが、今日のコーディネートはひと味違う。
さて、チャールズの選んだ服であるが。
トップスは黄色のシースルー。この上にはピンクのニットコートが合わせられている。そして、最大のポイントはボトムスであった。
「お嬢さまは初めてではないでしょうか。」
本人よりも断然楽しそうなチャールズが選んだのはワンウォッシュデニム。
確かに、こちらへ着てからも、ワンピースやスカートといったものしか着ていなかったが。
「お嬢さまはスタイルが良いので似合うと思ったんです。」
こういうところだと思う。
さらっと褒めたチャールズは続ける。
「そうと決まれば、トップスは黄色でしょう、春ですからね。そして、まだ少し肌寒いので、脱ぎ着できるように羽織るものを合わせたんです。こちらはピンク。いわゆる、大人可愛いってやつですね。下をデニムにしたので、上は可愛くしてみたんですよ。」
この人は何者だろう。

0

尾崎放哉

咳をしても一人



咳をすれば一人



咳をしたい一人



咳をしない一人




咳に気づく一人



咳を恐れ一人



咳に泣いて一人





季節の変わり目の教室。

0

革命予報

天気予報の話をした
神事として扱われていた頃の話
きみはつまらなそうに
スカートの裾を払った
その仕草ひとつに
酷く感傷的になってしまった僕は
そんなつまらなさを変えたくて
帰り道 ピアスとホチキスを買って帰った

2

No music No life

人物紹介

御影 結月
音楽を愛し音楽のために生きる15歳。
諸事情があり警察の特殊部隊に所属している。高校では軽音部のボーカル&ギターをしている。

中村 時雨
優しく真面目な16歳。結月と同じく警察の特殊部隊に所属している。高校では軽音部のベース。

川上 美月
結月を慕い、いつも付いてくる15歳。かなり早生まれなので敬語を使う。前の二人と同じく警察の特殊部隊に所属している。高校では軽音部のギターをやっている。

2

無題

世界を変えるような才能もセンスもない。現実は厳しく、ただ、うちひしがれていた。それでも、あのくらい日々は無駄ではなかった。大切なモノさえ持っていれば大丈夫。さぁ、飛び立つ準備を始めよう。つまらない未来なんか、吹っ飛ばせ。

2

シンギュラリティ

「本日はお忙しいなかお集まりいただき、ありがとうございます。それではマルチタスク型の脳の発達についてご説明します。
 まず左脳が発達し、左脳でタスクをこなすようになります。次に右脳が育ちます。右脳が育つと左脳は右脳と連携をとり、両脳でタスクをこなすようになります。タスクをこなすことでさらに神経の連携ができ、ネットワークが複雑化します。
 発達に遅れがなくても臨界期を迎える前に課題を与えなければ脳は育ちません。なので幼児期から九歳ぐらいまでの教育が重要になります。
 三ページ目をご覧ください。三ページ目です。そうです、そこです。あ、破かないで。……ホチキスでとめましょうね。……続きまして、こちらがシングルタスク型の脳の発達モデルになります。まず通常と遅れて左脳が育ち、その後、遅れて右脳が育ちます。右脳が完全に育つまでに左脳と連携がとれる臨界期が過ぎてしまうため、左脳は左脳、右脳は右脳単体でタスクをこなすことになります。
 この図はあくまでモデルですので実際このように脳がはっきりと部分ごとに育つわけではありません。
 何か質問はありますでしょうか?……ないようですのでこれで終了とさせていただきます。お疲れさまでした」
 頭を下げ、会議室を出ようとすると、ぐいっとスカートを引っ張られるのを感じた。振り返ると、ハナをたらした中年の女性社員がホチキスを差し出し、「忘れものー」と大声で言った。
 会議室が爆笑に包まれた。わたしはホチキスを受け取り、会議室をあとにした。感傷的な気分というのが、少しわかった気がした。

0

蜘蛛

神々しい影が上に
光る一本の糸が垂れている
のぼってはみたけど
切れるかもしれないのに
ボクはぎゅっと握っていた
もう離すまいと握っていた

いつか自分で
切ってしまう日が
来ると分かっていても

0

アザミ。

あんなこと言わなきゃ良かった
一時の気持ちでした
なんだか死にたくなってきたな
これで今日は終わりにしよう

これで最後 これで最後 これで最後
っていつになったら終えるんだよ
これが最後 これが最後 これが最後
明日になったらやってんじゃんかよ

あの人は今も布団に踞って
寂しさ憂い悲しみ全てを
ただ呼吸に身を任せてんだ
これで今日を終わりにしよう

これで最後 これで最後 これで最後
なら今日を死ぬ気で生きれたはずだろう
最後の一日 最高に生きろよ
まだまだなんとかそこにいるじゃん

これで最後にしたかった。
でもそんな勇気も無かった。
許してください、ごめんなさい。
まだ、死ねませんでした。
明日は、何して過ごそうかな。

0

大切な人。

あなたには大切な人はいますか?
わたしにはいます。
好きなアーティストとかじゃないよ
わたしにはいる。

あなたが悲しい思いをしている姿に
焦りを感じたんでしょう。
「なんとかできたらいいな」
あなたの笑顔が好きなんでしょう。
あなたとならどんな話もしたいけど
楽しい話が一番好きなんでしょう。
喧嘩すら愛おしく感じていた。

大切な人なんて大それた人ね
当然そんな重い付き合いは嫌よ
弱かったんでしょう。
自分に自信が無いくせに
わたしを大切にしていたのそんなあなたに
「ありがとう。」

あなたの大切な人は誰ですか。
わたしは嫌いだけど好きな人です。

0

皆優しすぎるよ

皆優しすぎる

何でそんなに目の前の人間の評価を気にできるのだろうか
何でそんなに「ともだち」の話を聞いてあげるのだろうか
何でそんなに誰かと遊んでいられるのだろうか

自分は?社会は?
皆はそれらより目の前の人間が大事なのか?

自分がまだ不安定なのに
社会はまだ整ってないのに
どうして目の前の人間を支えようとするのか
相手に自分の揺らぎが伝わり
一緒に倒れたりしないだろうか
自分に社会の揺らぎが伝わり
身体が崩れたりしないだろうか

自分が優しすぎるせいで
相手にも、自分にも、社会にも悪い影響が無いだろうか
一緒に現実逃避してないだろうか
一度視野を広げて
空間的、時間的に遠くを見渡せば
向き合うべき現実が見えてくる
それから一緒に歩けば良い

0

昨日のぼくからの明日の君への手紙

泣かないで 泣かないで


君の涙を 僕にください
その『なみだ』を
僕が飲み干すから


ぼくの笑顔を 君にあげるよ
君が『笑ってて』くれれば
ぼくはそれでいい


ぼくが笑顔でいられなくても


君がどこかへ『消えさって』も
ずっとずっと笑っていてね


明日の君へ


さようなら さようなら


ずっとずっと笑顔でいてね

昨日のぼくより

5

LOST MEMORIES~番外編Ⅱ~

真っ先によぎったのは、何かあったなという確信だった。
いつもより早い時間に帰宅する瑛瑠は、制服を着替えず、リビングのテーブルに大量の紙を重ねあげていた。スカートのひだが崩れるのもお構いなしに座っている。
チャールズは彼女へ、とりあえずお帰りなさいと声をかけた。
「今日はどうなさったんですか。」
乾いたホチキスの音が響く。
ただいまと言った彼女は顔を上げずに、友人の手伝いだと話す。
「あまりに忙しそうだったから、手伝いを申し出たの。書類とじなのだけれど。」
チャールズはすっかり慣れた手つきでコーヒーを入れる。そして、いつもより覇気のない、愛しいその声に耳を傾けた。
「みんなと一緒にやろうと思ったんだけど、教室も図書室も使えないから、これを借りて家でやろうと思ったの。」
ホチキスをちらつかせた瑛瑠の声は、やはりいつもより暗くて。
彼女が帰宅してから、やっとかち合った瞳。
ああ、もう。彼女も、こういう顔をする子だ。
チャールズは2つのコーヒーカップを、離れたい位置に、丁寧に置いた。書類にかかってはいけないから。
そして、後ろから瑛瑠をふわっと包み込む。瑛瑠の体が強張るのを感じた。
違う、怯えさせたいわけではない。
「ち、チャールズ!?」
「珍しく感傷的みたいですね。」
驚いたことで悲鳴に近いものをあげる瑛瑠に、努めて茶化すように言う。
その顔を見るのは辛い。どうか、笑って。
瑛瑠の体から、力が抜けたように感じた。瑛瑠を包み込むその腕に、少し笑って彼女は手を添える。
「ちょっと寂しかった。ずっと独りだったはずなのにね。」
胸が締め付けられる想いだった。思わず顔が歪む。
さて、そんなことはいさ知らず、瑛瑠は顔を上に向け、チャールズの瞳を見つめてくる。
「ね、ぎゅってしてもいい?」
悪戯っぽいその眼に苦笑する。そういうところだと言いたい。
どうぞという返事に、彼女は嬉しそうに、そしてはにかむように微笑んで、照れ隠しの意味もあるのだろうが、立ち上がると勢いよく抱きついてきた。
あったかい。くすりと笑って放たれた言葉に、既視感を覚える。
ほら、スカートにはすっかり皺がついてしまっている。
願わくば、彼女が笑顔でいられますように。
自分の罪を贖う術を想いながら、今度はぎゅっと抱き締めた。

0

長いものと不可抗力

長いものには巻かれよう。
そこから脱出したい時もあるけど、
その手段をまだ知らない。

不可抗力には逆らえない。
それをねじ曲げたい時もあるけど、
その方法はこれから知る。

0

キャンドル

一本ずつ
光を灯していく
小さなキャンドル

それは
風に煽られて
今にも消えてしまわないか

ぽたり
ぽたり

炎に溶かされて
ゆっくり落ちてゆくのは
綺麗な涙

ぽたりと落ちて
気付けばもう
固まっていた

いつの間にか
あの涙も
固く固く
固まっていた

その間にも
ぽたり
ぽたり

残りは少し

風に煽られて
涙が底をついて
消えてしまう前に

息を吹いて
消してしまおうか

誰かに見られる前に


細長くのびる白い余韻


私の虚構はもう終わり



0

こぼれた

こぼれた こぼれた
なみだこぼれた
君の瞳から 悲しいときに


こぼれた こぼれた
なみだこぼれた
君の瞳から さみしいときに


こぼれた こぼれた
笑顔こぼれた
君とぼくから いろんなときに


こぼれた こぼれた
なみだこぼれた
ぼくの瞳から

離れてく 君を見て


こぼれる こぼれる
きっとこぼれる
明日も笑顔が

6

LOST MEMORIES ⅡC

「さて、可愛いお顔が台無しのお嬢さま。」
はっと顔を上げるも、言葉の意味を飲み込んでむっとする瑛瑠。
「どうせ私はあなたほど女性を絆すような顔はできませんよ。」
「こら。」
そう言いつつも、チャールズは輝き割り増しの微笑みで続ける。
「その事に関しては心配無用です。お嬢さまは自覚がない分さらにたちが悪いので。
――それよか、明日のデートは何を着ていくんです?」
すごく失礼なことを言われた気がするが、流しておこう。
デートではないけれど。
立派なデートです。
不毛なやり取りを交わして瑛瑠は尋ねる。
「誰かと出掛けるときは、どんな服を着たらいいの?」
さて、万能人チャールズの出番である。
「お任せください。」
恭しくお辞儀をしたかと思えば、リビングから出ていってしまった。
瑛瑠は考える。
コーディネートしてくれるのだろう。クローゼットを開けるのは必須。とすると、部屋に入るのも必須。
何もないけれど。何も、ないけれど。
「ちょっとチャールズ!?待って!」
看病時は特例だ。慌てて瑛瑠も立ち上がるが、チャールズは既に姿を消している。
顔を赤くした瑛瑠が部屋に入り、仕事の早いコーディネーターの並べる服を見て驚くという一連の流れまで、あと5秒。