表示件数
0

欅の親衛隊(自称)より 愛を込めて

俺が君を初めて見たのは2017年の大晦日
君の圧倒的な鬼気迫るダンスを見た時
あまりの可愛さと隕石が降って来たような
凄まじい衝撃に目眩がした
君のおかげで友達も増えた
この時間が永久に続くと信じて疑わなかった
しかし君は新たな道を行く
これから先、君が何処へ行っても
俺は君を応援する
無限の愛を持って
君を悪く言う奴は
君を羨んでいるだけだ
君は一人じゃない
何万という国民が
この先何があっても
君を守る
だから安心して
行ってらっしゃい







友梨奈ちゃん

0

緋い魔女 Part4

「…こちらにございます」
雪に覆われた村外れ。この辺りを治める領主―あの屋敷の主人は、人気のない森の入り口で立ち止まった。
「…どうぞ先へお進みください、わたくしはここで見張っておきますから―何も知らない一般人に、魔術のことなど知られる訳にはいかないので」
そう言って屋敷の主人は少女らを促した。
「…ご案内どうも」
少女はすれ違いざまに屋敷の主人に言った。
”使い魔”もその後に続く。
…暫くの間、少女らは黙って新雪の中を進んでいたが、ある程度進んだ所で少女は立ち止まった。
「…あいつ、逃げたわね」
呟いて、少女は振り返る。
「…まぁ、あれでも貴族なのよね。貴族同士の覇権争いでいつ命を狙われるか分からないのに、ただの精霊に殺されるのは死んでも御免よね」
言い終えた後、少しの間沈黙が下りた。
が、すぐに思い出したように少女は言った。
「…そういえば、お前…名前は?」
”使い魔”はフッと顔を上げた。
「名前を知らなければ、何て呼べば良いのか分からないでしょう?」
少女はにこにこと笑いながら尋ねる。
暫しの間、”使い魔”は黙っていた―が、不意に口を開いた。
「…”ナハツェーラー”」
ふーん、と少女はうなずいた。
「あの魔術師らしいわね。自分が作ったモノに、”吸血鬼”の名前を与えるなんて」
「何か文句?」
間髪入れずにそう訊かれて、少女は笑いながらいいえ、と答えた。
「ただただ、あの人らしいと思っただけよ」
少女はそう言いながら、また歩き出した。

0

Instant love

遅く帰った今夜は
手軽なアレが欲しいわ
3分で終わる恋など
あなたは知らない
だから今日は教えてあげる

まずは熱い夜を沸かして
誰かの鳴き声が聞こたら
ドーナツ盤に針を落としましょう
BGMは短い洋楽がいい
タイマーなんてものは要らない

窓から冷い夜風が
カーテンを揺らして
オレンヂのルームライトが
あなたの頬を照らせば
2人の影が天井で泳ぎだす

待ってる時間は長いでしょう
私と出会った人はみんな
手軽で便利なものよ
すぐおいしい すごくおいしい
なんてね

0

ダイエット 後編

「休むの?」
「…………」
「行くんだったら送るけど」
「いい」
 わたしは腰をさすりながらこたえた。
「じゃあお母さん仕事行くから。ご飯、適当に冷蔵庫のもの食べて」
 昼近く、ふらふらしながら起きて、冷蔵庫を開けた。何もなかった。
 お腹減ったなあ。
「一食抜いたところで死にはせぬ」
 稲荷大明神が言った。
「そーだね」
「だがつらいだろう」
「それほどでも、ちょうど痩せたいと思ってたし」
「君の体質じゃ痩せてもすぐリバウンド」
「何が言いたいんですか?」
「ところでさ、狸顔って言われたことない?」
「あー、あるかも」
「その一言が君の無意識に影響を与えてるのさ。その無意識をシフトすれば、がり痩せ間違いなし」
「どうしたらいいのでしょう」
「そんな君にはこれ。狐の面による呪いダイエット。狐の面から連想されるオカルティックなイメージで神経がまいって食が細り、見る見る健康的に痩せるよ」
 オチをつけようと思ったがこの話、けっこう面白いから続く。

0

ダイエット 前編

 空気は乾燥してるし毎日嫌なことばっかだし周りは嫌な奴ばっかだし田舎だし学校遠くて通うのめんどくさいしでも行かないとお母さんうるさいからしぶしぶ荒れた唇を噛んで前歯で皮をむきながら、ぷぷぷってむいた皮を吐き出しながら雪道歩いてたら電車来てたから胸揺らしながらホームに向かって階段ダッシュしたんだけどそしたらわたしの胸はお母さんゆずりの巨乳でずっとコンプレックスでいつか絶対小さくする手術するんだって一年前から定期的に浮かんでくる強迫観念に支配されちゃってわーってなっちゃってホームにうずくまってたら大丈夫ですかって声かけられて顔上げたらトレンチコートに肩かけ鞄、ハット姿の老紳士。うつむいて大丈夫ですってこたえたら、「そんなに世のなか素晴らしい人いますか? あなたは周りにばかり求めているようですがあなたは素晴らしい人に見合うだけの人なのでしょうか……まあそんなことはいい。あなたを不愉快にさせるような人はあなたより劣った人なのです。そんな人に出会ったとき、わたしだったらほっとします。自分の劣等感を刺激されずにすみますからね」なんてぬかしやがる。
 何言ってんだこのじじいって心のなかでつぶやいてから今日はもう駄目だ。もう帰ろって思ってとりあえずベンチに座って呼吸整えてたらじじい、肩かけ鞄から稲荷寿司出してきて、「朝ごはん、食べてますか? 朝食べないから貧血起こすんですよ」って。わたしはずっとうつむいてたけどじじいがにやにやしてやがるのはわかった。
 むかついたわたしは稲荷寿司引ったくってむさぼり食って顔を上げたら地元の観光協会の作った稲荷大明神のオブジェ。
 田舎は変化しない。老化するだけだって最近きいた。あと、同じことの繰り返しがいちばん脳に悪い。単調な生活は精神病、認知症のもとだって。絶対東京行こ。

0

裸の王女

 むかし、ある王国に、とってもおしゃれな王女様がいた。
 トレンドはすべてキャッチし、また自らもトレンドを作り出すファッションアイコンになっているにもかかわらず、まだまだもの足りないなあ、なんて思っていたところに、世界各国を放浪して服飾ビジネスの勉強をしてきたという仕立て屋が現れた。
 仕立て屋が王女様にすすめたのは賢い者にしか見えない生地で作ったドレス。王女様はドレスが仕上がるとさっそくおひろめパレードを行った。
「王女様、裸だったね」
 パレードを見送ってから、息子がわたしにぼそりと言った。わたしは、「そうだな」と言って息子の手を引き帰路についた。
 十年後、息子は宮廷画家になった。息子は単に絵が上手いだけでなく、営業的な才能もあった。息子の名前は近隣諸国にたちまち知れ渡った。
 先日、久しぶりに息子が会いに来た。息子はわたしに、「何か描いて置いてくかい? 俺の絵なら、らくがきみたいなのでも売れるんだ」と冗談めかして言った。わたしはもちろん断った。台所で妻が舌打ちするのを息子もきいていたようだが、「気が向いたら、声をかけてよ」と言い残して帰った。
 たとえ気まぐれにでも、これから息子に絵を描いてもらうなんてことはないだろう。なぜならわたしは、息子の最高傑作をすでに所持しているからだ。
 裸の王女、というのがその絵のタイトルだ。
 下絵はわたしが描いたんだけどね。

0

3min

3分だけあれば
この世界の誰より幸せな世界を作り出してみせる
誓える

0

狐のお面

人は皆、狐の面をかぶってる。
私は正直でいたいと思うけど、

狐の面をかぶらないと仲間はずれにされるんだ。
嘘をついて生きるのか、心の中を殺されるのか。
どちらかを選ばなければならない。
僕らの世界は 腐ってる。

でもそんな中、狐の面をかぶらない人もいる。
1人で戦う者がいて、共感したものが増えていく。
割合は少ないけどさ。

だからこの世界は腐っていて、            とても綺麗な物なんだろうな。

0

生きるという事から解放されない。

生きてる時間の長さってとてつもなく長い同じ感覚
いつまで経っても同じ。寝てる時とは感覚が違う。いつまで経っても終わらない地味な仕事をする感じ苦痛が付き纏う。達成感を味わえない。

0

分からない事が多過ぎる

分からない事が多すぎる。知りたい事が多過ぎる。
なんでこれはこうなの?なんなのこれ?とか多い!
はぁ〜。判らん!

0

あなたはさ

すぐに私のことなんて忘れるくせに
好きだとか囁くくせに
たまにだけ、優しくするくせに
私がいちばん欲しいときに
いないのずるいよ
私の名前を呼ばないのは
忘れちゃったの?
私はあなたの虜で離れたくないのに
あなたはどうなの?

0

僕達が先駆者

僕達は最前線。人の心は複雑。日を追う事に。
考える毎に。成長する事に。
考え方。感じ方。善と悪の判断など変わる。
その人の環境。周りの態度。どう生きて来たか。
などでその人は変わっていく。
人の心は複雑。
それに比べ社会は大雑把ではっきりしている。
善悪の区別。世間一般の常識。
これがダメでこれがいいという風にはっきりしてる
僕達は最前線。だからこの先の未来は僕達の手で
創らないといけない。僕達が先駆者。なので
善悪の区別。世間一般の常識という物は無い。
これからは僕達の手で創らなければいけない。
秩序を作る。未来を作る。創らなければいけない
自分達全員が幸せになれる
理想郷をこの広い世界で自分達の手で…

0

こうかい

ぷかりぷかり
紺色の空に浮かぶため息

だいすきでした

もうあの時にはもどれない

ふわりふわり
深夜の雨に漂う吐息

だいすきでした

もうあなたはそこにはいない

0

今頃きみは何をしてるのかな
あの日のこと、覚えてる?
君が
「月が綺麗だね」
って言ってくれた夜のこと

0

メッセージ

今日は嫌なことばっかだった
友達はいるけど
なんか虚しくて
彼の温もりが欲しくて
彼を待っていた

待っても待っても
彼は来ない
今日の彼は私くらい機嫌悪そう
自分どころじゃない
彼に何があったの?
聞こうとしても
彼は何も喋らない
それどころか
私を置いて何処かに行っちゃった

会えない
寂しい
辛い

帰り道で
私は大泣きした
彼は絶対気づかない
気づこうとすらしない

ねぇ、
何があったの?

0

緋い魔女 Part3

その様子を見て少女はふふっと笑うと、目の前のモノに向き直った。
そしてこう呟いた。。
「…そういえば、”依頼”ってどんなでしたっけ」
”依頼”のことをすっかり忘れかけていた屋敷の主人は、ハッとしたように答える。
「えぇと…簡潔に言えば、領内で害を為す精霊の退治ですが…」
「…並の魔術師では対処できないから、私に依頼したのよね…」
少女はそう呟いた後、少しの間考えるかのように黙っていたが、不意に口を開いた。
「貴方も太刀打ちできなかったのよね?」
尋ねられて、屋敷の主人は恥ずかしげに、まぁ…と答えた。
…そう、と少女は答えると、突然屋敷の主人の方を向いた。
そしてこう言った。
「…その依頼、私が受けるわ。―ただし、報酬にコイツをくれないかしら?」
「…へ?」
屋敷の主人は想定外の言葉にぽかんとする。
「別に良いでしょう? 別に貴方が”マスター”というワケではないのだし。それと、依頼にはそれ相応の報酬が必要でしょう? 私みたいな、”お雇い魔術師”は特にね」
…駄目かしら?と彼女は笑いかける。
屋敷の主人は暫くの間、少女を見ながら呆然としていた、が、すぐに我に返って彼女に依頼するか考え始めた。
そして、屋敷の主人は口を開いた。
「…では、お願いします」
それを聞いて、少女は目を細めて笑った。
「…そう。じゃぁ領内の案内をお願い。精霊の出現場所とか、被害を受けた場所とかね。あとコイツを借りるわ」
あ、はい…と答えてから、屋敷の主人はへ?と呟いた。
「この使い魔を借りるのよ。便利な”武器”なのに、使わないでいるのは勿体ないわ…」
そう少女は言うと、広間の出入り口の方へ歩き出した。
「あぁ、ちょっとお待ちください」
そう言って、屋敷の主人も歩き出した。
少女はその言葉を聞かないフリして進んでいたが、ふと立ち止まって振り返った。
「…”お前”も行くわよ」
そう言われて、”お前”と呼ばれた使い魔は、ハッとしたように少女の方へ向かって歩き出した。
それを見て、少女は少しだけ笑うと、また向こうを向いて歩き出した。

0

これを読み返している私へ。

君が大人になってしまう前に
ひみつ基地をつくるんだ。
そこに今までの思い出を置いていくの。
新しいものを抱えきれるように。

思い出せなくなっても、
忘れてしまっても、

君がひみつ基地の鍵を持っているかぎり
自分だけの宝物があるのだと。
君がその鍵を握りしめるたび
自分だけの大切な場所があるのだと。

そう思って安心して立ち止まれるように。
“私”はひみつ基地に思い出を置いていくよ。

0

放課後の教室

精一杯の勇気を振り絞ってバイバイって言ったら
君が気付いてバイバイって言ってくれたから
少し震えている手で手を振ったら
君が小さく手を振り返してくれたから
ぎこちない笑顔で話しかけたら
君が柔らかい笑顔でこたえてくれたから
私が好きだって言ったものを
君がいいねって言ってくれたから

まだ諦められないでいるんだよ

0

「それ」の唄

瞳を閉じれば 見えてくる。
この世にあるたくさんの穢れが。
でも「それ」を見ないようにしている大人(ひと)がいる。
「それ」はきっと泣いていて、変わりたいと思ってる。
変わらなければいけないのは  僕らなのに。

瞳を閉じれば 見えてくる。
この世にあるいくつかの希望が。
でも「それ」を消そうとしている大人(ひと)がいる。
「それ」はきっと泣いていて、生きようとしている。
生きなければいけないのは「それ」だから。 

消えようとしている「それ」がある。
生きようとしている「それ」がある。
「それ」を無視している僕らがいる。

「それ」はきっと泣いていて、
            僕らのために歌ってる。

1

有名ななぞなぞ

Q.あるパーティーで、牛のステーキが千人分出されました。もちろんお客も合わせて千人。そのうちの五百人が、牛が可哀想だからと、食べることを拒否しました。
そこに颯爽と現れたのは、ケルト神話の神のダグザ様。五百人前の肉を提供した牛達の骨を棍棒でぶん殴って蘇らせ、再び殺して美味しく食べて、また蘇らせて牛達連れて去っていきました。
残された人達はもうポカンとするばかり。
さて問題。いったい何頭の牛が『犠牲』になったでしょう?

A.肉の単位と牛の単位をイコールで計算できるわきゃ無いので私にはちょっと分かりませんね。

Q.確かに。しかしやっぱり、犠牲になるのは牛でなくちゃな。

1

コンクリート

きょうもはいいろのそらから
つめたいあめがふる
ねこはさまよい
のみちをすすむ
おひさまがてるあのまちをゆめみて
めいろみたいなげすいのなかを
ん?ねずみ?ちがうか、そろそろめもかすんできたな

0

待合室で待っている

待合室で待っている。テレビが流れている。
一つの事を話している。それを盲目に受け入れる。
空気が揺れる。同時に周りの自我も出始める。
私はそれが嫌いだ。身体に浸透し染み付いた欲望。テレビでは高級なスーツに身を包んだ偉い人が
理想の正義を口にする。世間一般。
建前だけの清々しいほどの綺麗な正義感。
私は知っている。裏ではそれ以上の
汚れきった事をしていると。

2

緋い魔女 Part2

「…ああ、あれですか?」
屋敷の主人は少女が指さす方に目を向ける。
「…あれは…えぇ、まぁ…我が家の”家宝”みたいなモノにございます」
ふぅーん、と少女はうなずくと、静かにさっき指差した方へ歩き出した。
あ、ちょっと…と屋敷の主人はうろたえたが、少女は気にせず広間の隅へと向かった。
そこには、奇妙な人影が立っていた。
―足元まである真っ黒な外套を着、頭巾で顔を隠した、少女と同じくらいの人影。
豪奢な屋敷の広間の中で、それはあまりにも異質に見えた。
少女は人影の前まで来ると、後を追ってきた屋敷の主人の方を振り向いた。
「これ…」
「えぇ、まぁ…知り合いから貰ったモノなのですが…」
極まりが悪そうに喋る屋敷の主人から少女は目の前のモノに目を向けると、何を思ったかその頭巾に手をかけた。
「…!」
一瞬のうちにひっぺがえされた頭巾の下から、少年とも少女とも似つかぬ顔が現れた。
その目は驚きで大きく見開かれている。
「…そう、やっぱりね」
少女はそう呟いてニヤリと笑った。
「…コイツ、あの有名な魔術師の”使い魔”でしょう」
…えぇ、と屋敷の主人は小声で答えた。
「しかも貴方はコレの”マスター”ではない…」
「…まぁ、そうですが…どうして…」
屋敷の主人が尋ねると、少女はクスクスと笑いながら答える。
「だって普通の”ヒトのカタチをした”使い魔は、大抵主人のそばにいることが多いでしょう? 貴方のような貴族なら殊更… でも、コイツは広間の隅で放し飼い…ならマスター契約せず、何か適当な魔法石から魔力供給させていると考えるでしょう」
間違っていて?と少女が訊くと、屋敷の主人はいえ…と答えた。

0

足りないのは酸素なのか
それとも君なのか
胸が苦しくなるよ

3

お久しぶりです。

お久しぶりです。

そして……ただいま。

覚えてますか?
最近はリアルの方が忙しくて全然書き込めなくて…
授業も聞けずだった…
だから今、ここでどんなイベントをしてるのかとか分からないので教えてくれたら嬉しいです。
これからは気が向いたら書き込もうと思ってます。

あの時仲良くしてくれてた子は覚えてくれてるでしょうか…?
また仲良くしましょう?


居場所があるっていいですね。

0

めぐり迷路

あれ。わかんない。どうやったら出れるんだっけ。この曲がりくねった迷路。あーあ、また忘れちゃった。いい加減覚えろよ。要領悪いな、自分。
ねえ、さっきから行き止まりにぶつかってばっかで、めちゃくちゃ苦しい。怖くて怖くて、また歩き出す勇気がないんだ。教えてよー、けち。私はどうすればいいんだ。
スタートから、どのくらい経ったんだろう。心配してくれてる人いるのかな。なんてね、ごめん、冗談だよ。いつものしょうもないヤツ。君だってしょうもないの嫌いじゃないでしょ。
今の真っ暗闇を抜け出して、ゴールしたらどんな景色が見えるだろう。また真っ暗闇だったりするのかな。だったらちょっと残念だけど、あまりに高い理想は外れた時の代償が大きすぎるからそういうことにしといてあげよう。
昨日も、今日も、明日も、もしかしたらずっとずっと迷路の中かもしれない。でも、私とっとと迷路から抜け出せるような奴じゃないから。このくらいがちょうどいいのかもね。生きてる中で、たった一回外を見られたなら、私はそれだけで幸せ。四つ葉のクローバーを見つけられたくらいの、ね。

1

とある農家の仏壇前で

「おとう、これ被ってもいいの?」
小さな手は確実に狐のお面を指していた。
この家には、お盆になると仏壇に狐のお面を供える風習があった。
「ああ、いいぞ」
父親はそのお面を息子へ手渡した。きらきらと宝石以上に輝く目がそれへと向く。神物を扱うかのようにおそるおそる触っている。父親はふっと力を抜いて笑うと
「ほら、貸してみなさい」
と言って息子の顔が見えるように、顔の横にお面をつけた。
「どう? 似合ってる?」
「ああ、似合ってるよ。とても」
狐のお面の白色が、息子の消えてしまいそうなくらい白い肌によく合っていた。少年はくるくると嬉しそうに舞を決め、しばしば存在を確認するようにお面を触っていた。
しかし、屈託のない息子の笑顔と、凛々しく遠くを見る狐の顔が、どうしても対照的に見えてしまうのが父親にとっては悲しかった。
それは、息子の寿命が決して長くはないからであった。

……お稲荷様、俺らの稲は守らなくてもいい。お願いだから、息子を救ってください。

そう心の中で呟けば呟くほど、息子の嬉しそうな姿が霞んでいくのだった。

0

ぬいぐるみ

分かってる 全部知ってるよ
君は涙を我慢してるってことくらい
私あなたに出会った日から誰より側で見て来たから
もちろん泣いてるあなたの側にもいたもの
お出かけの時も お布団に入る前も
1番に抱きしめてくれていたから
全部知ってるんだ
今は近くじゃなくて遠くからだけど
いつまでもあなたの側にいてあげるから
大丈夫だよ 行ってらっしゃい