表示件数
0

廃品回収

春を折り畳んで
木漏れ日で固結び
体感時間はセツナ
泡沫を食むトワ
受理されなかった遺失物届
紙飛行機にして君に届け

0

ベイビーメンタル

削除しますか?
やっとの事でついた決心を
機械ごときに揺らがされる
はいといいえ
親指のヘドバンはつづく

0

いつか 作り笑いじゃなく、心から笑える日が来ますように           
楽しい時に思いっきり笑えますように ただ、ただそれだけ叶えば…良いから

0

なんのために生きる

毎日愚痴ばかり言って、しんどいしんどいと、弱音吐いて、何をしても笑わずに、他人を罵倒し、踏みにじる
あんたがいるから生きづらい
夢を語れば笑われる お前には無理だ、と
なのに夢を聞くんだ
お金でしか生きれない、安定するのが正解、と
面倒だな、生きるのは

0

告白

僕と君との間にはさ、
いつもヨロコビが居座ってさ
僕と君を繋げたのもさ、
ソイツだったんだよ、知ってた?

でも、僕はそれが嫌だから
僕と君との間には、
いつもヨロコビが居座ってね
僕と君を繋いだのもさ、
ソイツだったんだよ、って笑うんだ

ねぇそれがイイね、それがイイよ
書き換えてしまおう、そうしよう
僕らの間には涙なんてさ
ひとつも無かったことにしよう

ホントは一番最初はさ
自分の空っぽを埋めるためだって分かってた
汚すかもしれないと知っててさ
僕は君という女神に触れたんだ

バチが当たったよ
残念だけど、明日は晴れないよ
傘マークだよ、日本列島全域
でもさ、やっぱりさ
君にはウソは吐きたくない

バカでもアホでもイイからさ
カナシミでもクルシミでも、どんと来い
僕の君の2人ならさ
大丈夫、かもね

0

もしも

あんなふうに抱きしめたことが
私に意識させるためだとしたら
その作戦は成功しているかも

0

〜二人の秘密〜長文なので時間があるときに読んで下さると嬉しいです!

いつもの窓辺に、今日は横向きで体操座りをして、顔を埋めて座っていた。
『何だ?今日はそんなに場所とって座って。何かあったか?』
「いや、何か調子悪いんだよね(笑)。」
先生の方を向いて笑ったとき先生の顔がすぐ近くにあった。

私が驚いていると、足の三角形になっている所に腕を通し、背中に手を当てるとそのまま持ち上げた。
『このまま連行する。』
「ちょっ、ちょっと待って!そういう意味の調子悪いじゃないから!あと下ろして!!」
『じゃあ、どういう意味の調子悪いだ?』
先生は下ろさずに答える。
「下ろしてくれたら話する!下ろして!!」
『しょうがないな〜。』
先生は、私の足を廊下側に向けて窓辺に座らせると、隣に腰掛ける。

「調子悪いっていうかね、ちょっと人間関係?に疲れただけよ。」
『それは大丈夫な方の調子悪いか?』
「うん、そう。大丈夫な方の調子悪い(笑)。まぁ、教師に対する方の悩みだから、毎日会うわけじゃないし。」
『本当に大丈夫か?とりあえず熱はないみたいだな。』
先生はおでこに手を当てて自分の体温と比べる。

「だから言ったでしょ(笑)?そっちの調子悪いじゃないんだってば。あっ、あと本当に大丈夫だよ?私には先生がいる。アルだっているしね(笑)。」
私は笑いながらあくびを1つする。

『何かあったら私に相談しなさい。必ず。』
「わかってるよ。だから今も相談したでしょ(笑)?」
私が笑うと、遠くからアルが歩いてくるのが見えた。
「昨日、深夜までテレビ見てたから、めっちゃ眠い(笑)。」
『君はそういうとこあるからな(笑)。』
「ほら、アルが来るからいつも通りね(笑)!!」
私はニコッと笑う。

先生は頭をぽんぽんするといつも通り、窓辺に深く腰掛けた。

1

黄色いおにいちゃん No.4

「起きた?」
「カズにいちゃん…?」
「うん」
「悠斗、この人と遊んでたの?」
「えっ、うん」
ママもいた。ここは、家だ。
「良い人だね」
「えっ」
「これからも遊んでいいよ」
「い、いいの?」
ママは「うん」と言って僕の部屋から出ていった。それに伴いカズにいちゃんと二人きりになった。
「何でここにいるの?」
「説明するからよく聞いて」
カズにいちゃんによると、僕はあの答えを出さぬまま寝てしまった。それで僕の家を探して連れてきてくれた。ママは最初不審がってたけど、すぐに打ち解けたそう。
「と、いうこと」
「ありがとう」
「うん。じゃあ、早速だけど…天国にくる?」
「は?」
「よし、行こうか。ママさんの許しは得ているからね」
そう言って、カズにいちゃんは僕の手を取って窓を開けた。

0

「好きだよ」

手が触れる
擦れ違う
目が合う
「ごめんね」
「ありがと」
それより
もっと、
話したい、
聞きたい、
寄り添って、
みたい、
ただ、
待つ。
それと、

0

妄想癖

憧れ抱いた少年は
自分から勝手に落ちてった 
暗い暗い所へ落ちてった 
誰にも知られず落ちてった 
心に溜め込んでた夢や憧れは全ては妄想だと知って
暗くてなにもない所に消えてった  
元から何もない事知ってたはずなのに…

0

カーテン引いた真っ暗闇のなか
僕の着る体操服の蛍光塗料だけが淡く光って
それはそれは儚げで美しく
僕は蛍になって舞った。

0

誰が為、己が為、

己が為に何かを出来ないものに、

誰が為に何かをどうして出来ようか、

己が何をすべきかをさ迷うものに

後追者をどうして導けようか、

汝に問う、

己が為に何をするか、

汝は何をすべきかを

1

簡単な質問

その両足は何のためにある?
その両の手は何のためにある?
その脳味噌は何のためにある?
その生命は何のためにある?

0

〜二人の秘密〜長文なので時間があるときに読んで下さると嬉しいです!

今日の1時間は自習になり、アルが自習監督として教室に来ていた。
20分が経った頃、微かに爆発音が廊下の方(いや先生の部屋だろう)から聞こえた。
アルもその音に気づいたらしく、私と目を合わせた。

「先生、トイレ、行っていいですか?」
授業が始まって20分、欠席にならない事を確認し、手をあげて聞く。
“あっ、もちろん。自習なので、どうぞ。”
アルともう一度目が合ったのでウィンクをする。
先生の部屋に行ってくると言う意味だったがわからなかったらしい。
私はさぁ?わかんない。というジェスチャーをして先生の部屋へと急いだ。

先生の部屋へ行くと、間髪入れずに扉を開けた。
「先生!大丈夫!?」
煙が充満していたが廊下に流れると困るので扉を閉める。
『今、授業中だろ!ゴホッ』
「アルの自習だから。うわっこれヒドい。ゴホッ」
私は手探りで窓を開けると、次に先生を探す。
先生の手に触れたので、ギュッと握る。
『ん?何だ?』
「生きてるか確認。窓開けたから少し待ってよ。」
『あぁ。ありがとう。』

5分ほど経つと、ほぼ完全に煙がなくなったので状況を把握する。
「割れたの鍋だけ?」
『あぁ、そうみたいだな。』
「よし、あと20分あるからさっさと片付けよ!」
私は雑巾を2枚持ってきて先生に渡す。
『ありがとう。』
「っていうか先生、GW明けて、授業も始まってんのに、薬学の研究してんの?」
『あぁ。失敗するとは思ってなかったんだよ。』
先生と私は机や床にこぼれた液体の薬を拭いていく。
『きれいになったな。』
「うん!後は鍋の破片集めて終わり!」
そう言うと、私達は1つ1つ丁寧に集める。

『終わった。』
そう言った先生の指から血が出ていた。
「先生!破片で指切ってるっ!!!」
『ん?あぁ、なんてことない。』
「なんてことないじゃない!座りなさい!!」
私は救急箱を持ってきて、簡単に治療する。

「先生はいっつも無茶ばっかり。これ以上の無茶はしないで?」
『あぁ。ありがとう(笑)。』
先生はニコッと笑う。
「あっ、あと少しで授業終わるから行くね!アルが大変なことになる(笑)!」
私は駆け出す。
『なぁ、ありがとう。』
私が扉を開けたとき先生は、そう言った。
私は振り返り微笑むと、教室まで走った。

0

影 陰

僕とあなたとあなたの 夕暮れ、朧げに揺らめく影 陰 それ見て思った たった一言 「受け入れてくれて、ありがとう」 

0

(過去のメモから抜粋)

服を濡らした雲が去り、青空に浮かぶ太陽がずぶ濡れの私をあざ笑う。重いままの服を脱ぐこともできずに立ち尽くしている。

0

感情の渦に巻き込まれたとき

興味あるアプリ入れては閉じ

気になっていた音楽1日で飽き

暇だと言っても結局暇じゃなくて

ふとんに入ってもだいたい起きてる

車のクラクションで現実戻る

もうこんなに時間持て余した

何もない毎日がとても

退屈で寂しいんです

0

あなたが教えてくれたこと

あなたが教えてくれたこと
人生は儚い
人間は脆い
人間は美しい
命は尊い
あなたは優しい

2

ありがとうございました

「私が必ずレスをする」という企画に参加してくださった皆様、ありがとうございました。気づいたら「レス333」が週間人気タグランキングで1位を取っていました。スクショしました。

ご期待に沿えたかは分かりませんが、私なりに精一杯詩を書かせていただきました。お楽しみいただけていれば幸いです。
またいつかふらっと現れるかもしれませんので、その時はよろしくお願いします。

※レス333はあくまで5/5,23:59までの投稿作品にレスをするものですのでこれ以降の投稿は受け付けません※

0

生きると書いてミライ

無意識に垂れ流される優毒
目に染みる夕焼けの橙色
胸に突き刺さって抜けない言葉のナイフ
君が苦しくても 辛くても 後ろ向きでも
今日を生き抜いて 朝日を迎えたから
そんな毎日を繰り返して 生きていてくれたから
僕は今君に出逢えた

死亡原因最上位は情報過多
溢れる嘘に翻弄される餓鬼
画面越しに馴れ合い合戦
僕はここじゃない何処かに
進まなきゃいけない 生きなきゃいけない
いつか君のもとへ行くために
君にまた出逢うために

0

これがほんとの衛星通信

深い深い海の底
そこは闇ではなく
むしろ光であること
いつか貴方に伝えたい
だけど今はお口チャック
クマノミに聞かれたくない

遥かとおい彼方
ここは闇ではなく
確かな光があること
いつか貴女に教えたい
もしも転生出来るならば
岩石に聞かれて苦笑された

1

遂に10回

あ、ホントだ。赤くて丸い光が2つワンセット。
しかも動いてる・・・まさか・・・これ・・・
「バウッ!!!!」
狼だああああ!?ギャー!やめてー!美味しくないよ~!!(ありきたりだなあ)
皆狼位一発だろって思ってるだろう。
確かに私ならワンパンで灰にできるよ?でも駄目なんだ。
この狼って群れで行動するんだけど、そのリーダーが、人狼なんだ。
知能持ってるから武器を使う。最近なんかは銃も使うんだってさ。
いや、そんなん勝てるか!?ってわけなんだよ。
ええい!「格納魔法」でしまっといた肉全部あげるから見逃してええ~!!!(泣)
あ、止まって食ってる・・・今のうちに!!dash!!!
いや早っっや!?もう追いついて来た!!!もう肉ないよおおお!!!!!
先回りされた!こうなったらもう戦うか!!
・・・あれ?尻尾振ってる。友好的?もしかして・・・?
「仲間に出来そうだ。試してみますか?」
きたああああああ!!!!もちろんYES!!!!
「仲間にする事に成功しました。」
や、やったぜ!!!!狼テイムしたの私が世界初じゃない!?
「名前を付けましょう。  _________  」
あ、そうか。名前か。何にしようかな~。(嬉)
「エリンギがいいです。」 え、ちょ?サミルさん?
「エリンギに決定されました。」
・・・は?おい・・マジで・・・?おま、何してくれてんの?
「私、この子はエリンギだってピンときた・・・」
「だらっっしゃあああああ!!!!!!」
「べぶっ!?」



続く

0

泣きたくなる

大したことじゃないのにね

泣きたくなるよ

なんでなの

泣きたくなる

0

好き

好きって気持ち
こんなにあるのに

こんなにあるのに…

1

もしもしも

激しい光を放つ度に
ボヤけて見えるんだ
僕らに心が無かったなら
偶然じゃなくて運命なのなら
上手くいったかもしれないけど

仰向けになった僕の心臓が
君を感じようと寝返り打った
でもうつ伏せだと苦しくて
結局諦めてまた早く脈を打つ

君の脈の速さと僕の脈の速さ
どっちが早いんだろう
別にどっちでもいいんだけど
できれば同じがいいんだよ

もし君が僕だったなら
もし僕が君だったなら
どうするんだろう
どう思うんだろう
何を感じるんだろう
もし君と僕が
別々じゃなく1つなら
そんな心配も無かったのかな
教えてよ

美しく磨き上げる度に
曇りはどんどん重なってゆく
君だけの世界、僕だけの世界なら
誰かを求めるなんて
あり得なかったのかな

君の方が少なかったはずの歩幅は
別に今も変わりはないけど
大股で忙いで歩くもんだから
追いつけなくなっちゃって

血液を赤くするアレの
正体は実はソレだったんだよ
アレとかソレとかばっかりで悪いけど
この温もりだけで分かるんだよ

もし僕が僕でなければ
もし君が君でなければ
どうなっていたんだろう
どうだろう
出会うことも無かっただろう
もし僕が君の
半分のうちの片方なら
君は僕を探したんだろう
教えてよ
 

0

ちゃりんこ派

スラッと背が高い、マッシュの、びようどう??の水を飲んでる、ちゃりんこさん。

0

〜二人の秘密〜長文なので時間があるときに読んで下さると嬉しいです!

廊下で歩いている先生を見つけると、そっと近づいて後ろからハグをする。

「先生!!」
『君か…。心臓止まったらどうするつもりだ?』
「あっ、びっくりしたんだ(笑)。大丈夫!!私が驚かせて死んじゃった人、まだ見たことないから!!」
そう言いながら、ピースを差し出す。

『今日はなんだ?用事か?』
「急なんだけどね、先生の誕生日っていつ??」
『本当に急だな(笑)。』
「いや、聞いてないな〜って思って。」
『知りたいか?』
「うん!知りたい!!」
『5月2日。』
「ふむふむ、5月2日ね!………って過ぎてんじゃん!!」
私はカレンダーに誕生日を記入しながら言う。

『だって聞かれなかった。』
「うん、聞いてない。でも教えてよ!!祝ってくれって言ってよ!!!」
『祝ってくれって言うのは恥ずかしい。』
私は先生の頬を少しつねる。
「何恥ずかしがってんだよ(笑)!」
『でも、今教えただろ?』
私は先生の頬から手を離す。
「確かに。じゃあ、今日のところは許す(笑)。」
私はニコッと笑う。

「ねぇ、今日ゴールデンウィーク最後だしさ、今からケーキ作らない??」
『材料はどうするんだ?』
「知ってる?今日、アルが帰ってくるんだよ?」
私はイタズラな顔をして笑う。
「あと1秒したら来る。」
“ただいま帰りました!!”
アルは私の向いていた方向、つまり先生の後ろから声をかける。

『知ってたな?』
「うん、知ってた(笑)。」
“なんの話ですか?”
「今からアルをパシるって言う話。」
“え?”
戸惑ったアルを見つめて続ける。
「先生の誕生日ケーキ作ります!私と先生は、先生の部屋で道具の準備、アルは、ここにないもの買ってきて!!」
“誕生日だったんですか!?”
アルは先生にそう聞くと、私に材料を聞いて校舎を出た。
アルには申し訳ないなと思いながら、先生の部屋で道具の準備を進めた。

アルが帰ってくると、私達はチョコレートケーキを手作りした。
また来月でも手作りした何かをプレゼントできたらなと、先生の楽しそうな横顔を見ながら思った。

0

see saw

僕が捨てた春を
君はすぐさま拾いに行った
それを誰かが「幸せ」と呼ぶのなら
大声で笑ってやるよ

白いカーテンが不吉だと誰が言ったんだろう
黒と白が別れに合うと誰が言ったんだろう
悲しかったら涙を流せと
何処のどいつがほざいたんだろう

何だって足りなさすぎるモノなんです 
何だって知らなさすぎるモノなんです  

なのに、なんで
君は僕の枕元に春を置いていったの
僕を置いて
そんなに遠くへ行ったの
僕を見てよ、ちゃんと見てよ、
目を合わせてよ、お願いだから

君はなんで夏を罵倒したんだろう
きっとこの気が触れそうなくらいの
暑さのせいだろう

泣けないから笑っただけなのに
笑えないから涙を流しただけなのに
そんな繰り返し、雨の檻の中

そんなに急いで剥がすから
ホラ、血がでちゃったじゃない
泣くくらい痛いんでしょ、違うの?

じゃあ、なんで
君はそんなに泣き腫らしているの
どうしていつもみたいに嘘で汚さないの
君を見るよ、ちゃんと見るよ、
目を合わせるよ、だから涙を拭いて
お願いだから

ずっと、いつでも君のことを
見ていたはずなのに
君との距離、約90ミリメートルが
なんでこんなにも遠くなったんだろう

じゃあ
早くおいでよ
まあ、無理せず走ってきてよ
待ち合わせは世界の端っこで
君の中の君がいなくならないように
僕は君のもう片方の心臓になるよ

君がもう片方に乗れるように
君の涙でこのシーソーが
傾かないように 

0

雨の曲をより美しくしてくれる壮大なエッセンス

だから、嫌いじゃないかな。

2

紙一重

悲しみに手を振った
優しさが逃げてった

痛みを忘れようとした
傷をつけるようになった

その弱さは君の強さ
貴方も私も紙一重