表示件数
0

わた詞

人生はつまんねぇけど、人間は面白いんだよ

0

黄昏時の怪異 その①

学校からの帰り、あの男性のアパートに立ち寄り、宮城さんはいないかと探してみた。宮城さんは今日もあの部屋の前に立っていた。
「あ、どうも宮嵜さん」
「どうも宮城さん」
この人はどうも、毎度私が挨拶する前に私の気配に気づいているらしい。
「ああ、そういえば宮城さん」
「はいはい何でしょう」
「昨日の夜中……いや、1時くらいだから今日なのか。宮城さんの姿のオバケみたいなものに会ったんですよ」
「何それ怖い。私は良い子なので、毎日夜11時には寝てますよ。昨日も例外ではありません」
「じゃあ、あれはマジでオバケだったのか……田んぼに引きずり込まれそうになったもの」
「生きてて良かったですね……。私もお友達には生きていてほしいです」
恐怖体験はあったけれど、そんなことより彼女からはっきりと「お友達」と言ってもらえたのが嬉しかった。これなら、たまにオバケと遭遇するのも悪くないと考えてしまうのは、流石に危険すぎるか。考え直せ、私。
「……なんでお前らは、何をするでも無く扉の前に屯してるんだ」
あの男性が部屋から出てきて、私たちと鉢合わせざまそう言ってきた。
「ちょうどいい場所で出会ったので、立ち話してました」
宮城さんが答える。
「そうか。まあ好きにしろ」
「はいはいお邪魔します」
2人の後に続いて、私も部屋に入る。部屋の中は相変わらず廃墟にしか見えなかったけれど、今日は知らない顔がいた。私や宮城さんより少し年上くらいの男の人。宮城さんが話しに行っているってことは、話しても大丈夫な人なんだろう。
「宮城さん、その人は?」
宮城さんに近付いて行って、そう尋ねる。
「え、そんな名前だったの?」
青年がびっくりしたように反応した。
「あ、はい。申し遅れてましたね。ミヤシロといいます」
「ああ、うん……」
「そうそう、この人が誰かでしたっけ」
突然、宮城さんの会話の対象が青年から私に移った。
「あ、はい」
「えっと、この人は……茨城さん?」
「千葉です」
青年、千葉さんは食い気味に訂正してきた。
「そうそう千葉さん。昔から千葉と茨城ってごっちゃになっちゃうんですよね」
「地名じゃなくて人名なんだよなぁ……」

0

忠烈のグランギニョル

悲しい話をしましょうか
『ある国に孤独な王に仕えた忠臣がおりました
その名はオリヴィア 小説家でもありました
美しい花が咲き誇る頃
オリヴィアは余命いくばくもない王の話し相手として選ばれました
最初は「選ばれたくなどなかった」と言っていたオリヴィアでしたが だんだん心を開くようになりました
しばらくして王の容態は悪化していき
冷たい風が吹き荒れる日に亡くなりました
亡くなった王の表情は苦しげでした
オリヴィアは「笑って、ください」と泣きながら王の枕元で命を絶ちましたとさ』

0

違う

呼吸が浅くなる
苦しい君を見て、勝手に苦しくなって
痛いのは私じゃない
辛いのは私じゃない
痛がるなよ
辛くなるなよ
あんたじゃないだろ
辛いのはあの子じゃんか
あんたじゃないだろ
あんたじゃ、ないだろ

1

「しあわせ」のポエム

「しあわせ」のポエムのまとめを公開しました。
かりんとうの企画に参加してくださった方々、
ありがとう。
みなさんの「しあわせ」を読んで
少し元気になりました。
また、機会があったら
ゆるっと企画やりたいと思います。
では。

0

ハブ ア ウィル ―異能力者たち― 11.ゴブリン ⑮

「別に今回は用がないけど…ただ、何でコイツに絡んでるのかなって気になって」
「あ、それわたしも気になってた」
思わずわたしもうなずく。
「何でわたしに絡んできたの?」
わたしが尋ねると、ミツルはそうだなと答える。
「…君の存在を聞いてから、いずれ何らかの形で接触しようとは思ってたんだよな」
…で、とミツルは続ける。
「たまたま道端でお前を見かけたから、これは接触するチャンスだなと思って」
それで話しかけたのさ、とミツルは笑った。
なるほどね、とわたしはうなずいた。
わたしも、”情報屋”に会ってみたいと思っていたから、こうして出会えたんだし良かったのかもしれない。
でも、ずっと付きまとわれるのは気味が悪かったな…
「ま、ともかく」
これからどうする?とミツルは皆に聞いた。

0

ハブ ア ウィル ―異能力者たち― 11.ゴブリン ⑭

「つっても条件は大体駄菓子だろ」
師郎にそう突っ込まれて、ミツルはうぐっとうろたえる。
「ま、まぁ…そうだな」
もちろん情報の時もあるけど、とミツルは付け足す。
「と、とにかくだな、何か情報が欲しい時は、ぜひ俺を頼ると良い」
よく駄菓子屋の周りにいるからな、とミツルは笑った。
「…はぁ」
わたしはとりあえずそれ位しか言えなかった。
この人が情報屋なんて、何だか意外だった。
「ちなみに俺を通して嘘の情報を流すのは無理だ…俺の異能力でお見通しだからな」
だから嘘はつかない方が良い、とミツルは両目を青く光らせた。
「それで…ネロ」
話が一旦落ち着いた所で、ミツルがネロに話しかける。
「俺に何か用かい?」
そう聞かれてネロはうーんと答える。

0

ハブ ア ウィル ―異能力者たち― 11.ゴブリン ⑬

「あー…なるほど」
耀平の説明を受けて、わたしは納得がいった。
さっき彼の横を通り過ぎようとしても必ず足止めされるのも、どれだけ逃げても追いつかれるのも、全ては異能力のせいかもしれない。
そう考えると合点がいく。
「ちなみに俺は寿々谷で異能力者達の情報屋をやっているんだ」
「え情報屋⁈」
わたしは思わず聞き返す。
「情報屋って、あの、寿々谷の異能力者達にわたしの情報を流しているっていう…」
「そう。その情報屋」
ミツルはそう言ってうなずく。
「寿々谷中の異能力者の情報を集めては、必要とする者に融通する」
そんな情報屋さ、とミツルは笑う。
「君も欲しい情報があるなら、ぜひ俺の元に来ると良い」
ただし、とミツルは続ける。
「俺は”等価交換”がモットーだ…俺に情報を融通してもらいたいなら、それ相応の条件を飲んでもらわらないといけない」