表示件数
0

忘れないで

あなたがこの世界にいるから
わたしは生きているってこと
知っていてね

0

小さな一人のお話。

(何だかんだ言いつつ、続けています。スタンプ押して下さって、ありがとうございます。)

彼の保育園にも、恋する女の子達が存在しました
毎日毎日、誰が格好いい、あの子は優しいと、
保育園児なりに話していました

彼は保育園の女の子達と話す機会もなく、
話そうとも思っていませんでした

そんなある日
「あのこ、かっこいいよねぇ」
一人の女の子が彼の方を見て言いました

他の女の子達は彼の方を見て
「あのこ、いつも ひとりだし、なにを かんがえて いるのか わからないよ」
「でも、たしかに、かっこいいかも」
「プリキュアの おうじさま みたい」
口々にそう言いました

女の子達は、教室の隅にいる不思議な男の子に
声をかけることにしました

「こんにちは なにを して いるの」

彼はいきなり声をかけられて、驚きました
何とか返事を言おうとしますが、何て言えば良いのかが分かりませんでした

絞り出した一言
「こ、こんにちは」

緊張して困って、顔が真っ赤な彼を、
女の子達は可愛いと思ったのか、
満足そうに帰って行きました


実は、彼が真っ赤になった理由は、
もう一つありました

彼の初恋の相手がいたのです

何も喋らず、女の子達の後ろで微笑む、
おっとりとした彼女

友達を作らない彼には、初恋の相手がいました

彼の心の成長の証

初恋の相手については、また今度

小さな一人のお話。

0

金曜日

月のパパラッチ
瞬くフラッシュ
眠らないふたりの
スキャンダル

0

お帰り

胸元のリボンをほどいて
ああ、今日も1日が終わった

0

君の力

「きっとできるよ」って背中押されてしまえば、超能力だって簡単にできそうだよ
「大丈夫だよ」なんて手を握られたら、
スーパーヒーローだって超えられるよ

1

質問(?)

「ありがとう」の対義語ってなんだと思いますか?
小学生のとき道徳の教科書に載ってたけど、人によって違うんじゃないかなって思います。
よければレスで自分の考え教えてほしいです(^_^)

0

いつかはおわる

伸びた前髪を自分で切った


どうせいつか死んでしまうのに
あなたに恋をした。

1

雪の花

やっと見つけれた
この景色をぼくは覚えてない、知っているのに分からない
なんとも矛盾まみれだが
一面白銀のこの景色たちを知っている
だからどこかで見た事があると思っているけど
見た事は覚えていない
見覚えというにはあまりに不確かだけど氷に閉ざされたこの大きな大きな森のこと
でも強く僕の中にここは残っている
君は眠っていたんだ
僕とどっちが長生きだろうか
不憫だね
僕と同じだけ生きながら君が意志を持って大地を踏みしめた日々は彼方に消え去ってしまった
閉ざされた冷たく狭い世界で自分が知らないうちに知らない自分に成長して外の世界も変わり果てている
目を覚ました時君は何を思うのかな 嘆くのだろうか
感情の成長は止められている事を願うよ
花のように飾り付けられて止まっている事も止まってない事もある
いっそ全部止められていたなら良かったのにね
僕には君が過ごすはずだった時間はあげられない
だからせめて
これから君が過ごす時間だけは守ってみせよう
だから許してね
・・・・・・・
「おはよう」

0

がんばって!!自分

リュック、

セーラー服、

紺色のローファー、

片手にスマホ。


ひとつ、足りない。



そうだ、気合いだ。

わたし、これからがんばらなくっちゃ。

よーし!!


やばい、時間だ。

早く行かなきゃ。

「いってきまーす!!」

0

雪の花

冷たい、暗い、見えない
ここはどこなのだろう
私は今生きているのかな
誰の声も聞こえない自分の事さえ分からない
何もかもが冷たく閉ざされたここで一体どれだけの時間を過ごしたのだろう
私は親を知らない自分の姿や顔も知らない
どうして動けもしない喋れもしない私は自我を持っているの?
何度か出ようとしたどこかも分からないここから
でも直ぐに諦めた
私の脳はどこにも命令を送れない伝えられない
どんなに動きたいと願ってもそれは私の頭の中で止まっている
私はいつまでも流れない川の水
だからいつか腐って行くはず
なんてそれも一体いつから思ってるのかな
そもそも私はどこかが腐ったとしてその事に気づけるのかな
腐れるのかな
生と死の事私には分からない
生への執着も死への恐怖もこの環境では何もかもが無用だから
私は死ねるの?そう思った
「おはよう」
誰か分からない誰かが私に話かけてくる
そして眩しい何かが飛び散っていた
そこにいるあなたは死神なんかじゃないって直ぐに分かった
ならあなたはなんなのだろう

0

いいのかな

君をすきになってもいいのかな
私は傷つきたくないなって思うけど
君とお話すると嬉しいから
君の言葉は嬉しいから
どうしよう
すきなのかな
すきになったのかな

0
0

やる気

いまから、やる気の出る方法を伝授します。

まず、やらなければならない課題、仕事などを頭の中に思い浮かべます。

そして、その次に、それをやらなかったら悲しむ人を思い浮かべます。

先生、クライアント、上司、、、いろいろいるでしょう。
叱られる相手でもいいです。

最悪ですよね。
自分のやる気の無さのせいで、怒られたり、嘆かれたり、面倒なことばっかり。

面倒だな、そう思って、やるべきことをやらないでいると、もっと面倒なことになってしまいます。

がんばりましょう。




これは自分から自分への戒めです。気にしないでください。

0

ゆめくらげたちの物語      ~第1章 碧光~

岩の影の窪みの中に ポツンと生きてる 二枚貝
闇の色の惚けの中に ヒッソリ住んでる 二枚貝

淡く淡く ひかります
ゆめくらげたちがうまれるとき

淡く 脆く 柔らかな碧
儚く 鈍い ガラスの藍
光となって照らしてゆきます
光をふりまき染まってゆきます

薄く 淡く 暗く 変わってゆきます

もしも地上にこの『あお』が
光となってでてきたら
きっと見えなくなるでしょう

鮮やか 明るい 色たちに
ゴクンと 一口 大口で
『あお』はのまれ きえるでしょう

海の底では 煜きます
海の中では 希望光

揺れる心に優しくとどく
銀色光の月のような

二枚貝は照らします
これからうまれる かわいい子
愛するこどもの ゆめくらげのために

0

自転車

耳にかかりきらないマスクが風に飛んでわた
しを覆うものはもうわたししかない14時38分

0

もう
貴方は覚えていないだろうか。
私は
夏がやってくる度に思い出す。
私は
この街に来てまだ半年も経っていなくて
貴方は
まだ高校3年生だった。
まあ、もう学校には行っていなかったけど。

近所のスーパーで
貴方がくれた瓶ラムネ。
それを差し出した貴方の指には
重そうな指輪がたくさんついていた。

私が1人留守番をしていると
必ず貴方はやってきて
一緒に映画のDVDを見た。
隣に座る貴方の
耳についた沢山のピアスに
私は心底心を奪われていた。

私は
その頃、まだ幼稚園に通っていて
帰りの迎えには
貴方が来てくれた。
時々一緒に来るお姉さんは
今思えば貴方の彼女だったのでしょう。

私の初恋の人
貴方は、いったいいついなくなってしまったの?

0

小さな一人のお話。

彼はどんどん成長して
身も心も大きくなりました
でも大人から見れば、まだまだ小さな子どもです

今日一日、彼はずっと外にいました
今までは教室の隅で
自分の時間を過ごしていた彼は
ようやく空の青さに気付きました
太陽が明るいことを知りました
近所の公園の青々とした緑
池の濁った水の色

直接の会話は出来ないけれど、
自分の心にぴったりなのは
自然だということに気付きました

それと同時に
この世の中の不自由さにも気付いてしまいました

周りからの目線
偏見
心の底にある固定概念
普通ってどういうこと

今までずっと子どもだと言われ続けて来た彼は
子どもなのだと思っていました

でも、心は大人なのかもしれない
普通ってないのかもしれない

大切なことに気付いた彼
上を見上げれば
どこまでも広がる青い空が
いつも誰かを照らす
明るい太陽が
あることを学んだ今日

ちょっぴり大人になったかな

小さな一人のお話。

0

ひとつの石

俺は石
ただ冷たく硬い石
投げれば武器になり
きっかけ1つがあれば熱くなる焼き石にだってなる依頼と報酬があれば誰だって殺す 殺し屋だ
この世は嘘と悪にまみれている
俺はそんな世の中を潰す
1人の石として

0

残り香

あなたの残り香
優しいあなたの懐かしい香り
お部屋の木の香りと
畳の香りと
外から漂う、あなたの植えたお花の香り
そしてあなたの、いつも私を包んでくれた、
あなたの香りが残っている

私があなたに会うことは
もう2度と出来ないけれど
あなたの残したあなたのお部屋には
残り香がつまっている

趣味の物も今までの日記も
大切なものを残してくれたあなた
自分がいなくなる時のことを考えて
私達に言わずコツコツ準備していたあなた

どれもあなたらしい物ばかり

断捨離する物一つ一つに
あなたとの思い出がつまっている
物に頼らずに、心に思い出を刻んで捨てる
そんな時も、あなたの残り香が私を包み込む

もう会えないあなたの残り香
触れられない 見られない

あなたが最後に残してくれた
あなたの残り香

すぅっと息を吸って
あなたと心を通わせて
これからも、私を見ていてね

0

隠れその他志願者

僕の周りは単純に出来てる
偶数と奇数
つまりはメインとその他だ
僕は常にその他を志願する
静かにその他になるのだ
それが1番平和で静かな自由を守れるから
決して目立つメインにも目立つその他にもならない
目立つメインはただ疲れる
目立つその他はメインのおもちゃにされる
僕はそんなのどっちもごめんだ
だから目立たずその他になる
誰よりもクレバーで陰であるべし
僕の持つ人生論だ
何者にもなる必要はない常に己であり続ければいい
楽だからね
自由を愛すならば
誰よりもクレバーで陰であるべきなんだ

0

ぐさりと突き刺す親指も
鮮紅に染めた心臓も
くだらないこの共依存ですら
青春とやらのせいにして
暗褐色の夜じゅわり蕩けて
先程から上手くできない息を、一緒に 

0

全部

微かに残る
貴方の良い香り
貴方の手の感覚
貴方の髪の質感
貴方の元気な声
貴方の全部、全部が欲しいの
こんなわがままでごめんね

0

二人三脚で拙いステップを

昨日も今日もきっと明日も
僕は だめにんげん のまま

それなのに君は
どうして僕と歩いてくれるの

ごめんね
ありがとう

やっぱり、ごめんね

0

少しの可能性を信じて

少しの可能性を信じて
君を幸せにするよ
どうあがいても無理かもしれない
でも僕はあきらめない
少しの可能性を掴むまで

0

やきもち

嫉妬、じゃない
ただ
私が出来なかった
君を喜ばせることを
他の誰かがやってのけたのが
悔しいだけ

私を好きだった時間なんて
一瞬もなかったんじゃないかって
そんな風に疑うくらい
私には余裕なんてないんだから

0

水彩ガール

水色を頬っぺたにつけた
きみが笑った
背中に回して隠した気持ち
気づかないフリは有罪かい
薄めすぎた青は
ふたりの背景
窮屈な額縁には似合わない
一筆描きの名画になる

1

窓越しの世界

窓の向こうには
果てしない空がある

窓の向こうには
まだ見ぬ世界がある

窓の向こうには
きれいな夕焼けがある

その窓をあけたら
気持ちの良い風があり

その窓の向こう側には
いつもの日常がある

1

夕方

いっしょうけんめい

いっしょうけんめい

腕を伸ばして

「ピンポーン 次 停まります」

ボタンが光って

「おせたぁ!」

にっこり笑う女の子


今日の夕方の、小さなできごと。

0

ゆめくらげたちの物語        ~第1章 誕生の地~

ここは 暗い うみの底
静かな 深い うみの底

暗くて 暗くて 真っ黒で 光一本 はいらない
寒くて 寒くて 冷たくて 針百本 ささるよう

そんなところの 岩のかげ 
ゆめくらげたちが うまれます

闇の色に 染まった世界
孤独の波に 飲まれた世界
地球で最も 寂しいところ

そんなうみが 変わります
ゆめくらげたちが うまれるとき