表示件数
0

ハブ ア ウィル ―異能力者たち― 6.ハルピュイア ④

「あ、そうなの?」
「…そういうものよ」
壁にもたれる彼女はあきれたかのように亜理那を見た。
彼女―鷲尾さんの様子を見ていて、この人は相変わらずなんだな、と思った。…まぁ、つい少し前まで同じクラスだったから、変化がなくて当然なんだろうけど。
鷲尾さんこと鷲尾 遥は、去年わたしと同じクラスの人だった。
こちら側からの印象としては、マジメで冷静。クラスでどんちゃん騒ぎしているような人たちからは、いつも少し離れたところにいるような人。
かと言って、わたしと同じように孤立していたわけではなく、よく同じようなメンバーでつるんでいることが多かった。
でもたいがい、一緒にいる人たちは彼女と同じように割とおとなしめな人達ばかり、亜理那のような人と繋がりがあるとは到底思えなかった。
「ね、ねぇ亜理那。亜理那は鷲尾さんとどういう関係?」
話が一旦落ち着いたところで、わたしは亜理那に切り出した。
「え? えーとね、ハルカはわたしと小学校の頃からの付き合いなんだ。たまにそこらへんでおしゃべりしたりするし」
ねーハルカ?と亜理那は鷲尾さんの方を見る。
鷲尾さんはまぁ、そうね、とうなずいた。

0

欠陥

駄作に埋もれた日々の隙間
あの日をまた夢にみる
身動きが取れなくなった後に
やっと気付いた、

もう遅い。

0

卒業

ここはあまりにも居心地が良すぎるからさ
僕は旅立つことにするよ
月の裏側はこの星からは見えないもんでね

0

sleeper

睡魔があなたを包み込む
夢魔が私を捕まえる
質が悪くて優しい悪戯

0

 

消えた君を探して
kieta imi wo sagasite

43秒間、足を浸しながら
43byoukann,iki wo korosi nagara

追憶の波間を彷徨う
tinnmoku no namida wo sagasou


……いなくなったんだね
......iknewthatyou'vegone

君が星を盗んだから
kimi ga kimi wo wara(嗤)tta noda

水平線にぽつ、と揺れるのは
kaigannsenn ni poturi,to ukabu noah

僕の眼光だけになってしまった
kimi no doukoku dake ga zannkyousiteitta



        ――ideal song

0

リップサービス

黒ヤギさんが言っていた
白ヤギさんから返事が来ない
白ヤギさんはお仕事中です
朝は眠ってて夜のお仕事
毛並みが随分と荒れてしまって
それでもあなたを忘れない
だって体が覚えてる
わんちゃんでもお馬さんでもなくて
真っ黒な毛色のあなたのことを
二人きりのあの部屋で
10分後にはオオカミになる
猫を被った羊みたいな黒ヤギさん
べつにそんなの見たくないけど
キミだけだよとか言われたら
「特別」感じてしまいます

0

どうせ、腹いせ 叫べ。

歌なんて歌いたくねえよ
言葉なんて吐きたくねえよ
地下牢で暴れ出す世界

ちょっとだけ歩いてみて?
君の笑顔を見せて?
どの口が言っている。

残骸と戯れる夏。

0

世にも不思議な人々㊶ 歩く人・見せぬ人その4

「お、帰ってきた。お帰りー、ヨータロー。件の『あいつ』、連れてきた?」
「いや、よく考えたらそいつの家知らなかった」
「ふふふ、ドジだねえ。しょうが無い、僕が行ってまいります!……で、君の家何処だっけ?」
「えー……めんどくせーな……。そうだ、台車か何か持ってこい」
そんなこんなで、三人で大男の家に行くことになったようです。道中、大男は二人に能力について訊きました。
「なあ、お前らの能力ってどんなのなんだ?」
「んー?じゃあこの俺、此花陽太郎の異能から教えてしんぜよう!」
言ったのは何故かヨースケの方。お前ヨースケと違うのか。
「お前ヨースケじゃなかったのか」
「ああ、それ渾名。で、俺の異能は、なかなか面白くてね、『認識した足場には無条件で確実に乗ることができる』っての。二段ジャンプは砂粒をこっそり投げてその上に乗ってたの」
「ほう、そりゃ面白い。で、お前の能力はどんなのだ、ヨータロー?あ、もしかしてお前の名前ヨースケだったりする?」
「同級生の名前くらい把握しとけと思うんだが。まあその通り、自己紹介させてもらうと俺の名は岸和田陽介。俺のは『何か』を召喚する異能だ」
「何かって何だ。あ、そこ右な」
「了解。俺もよく分からん。けど、その何かは対象の視界の端にしか存在できない代わりに注意を引く力があるんだ」
「道理でちょくちょく意識が離れたわけだ。何かってどんなのなんだろうな」
「さあ?見えないものを見る異能力者でもいれば解決するんだがなー」
どこぞの能力者がくしゃみしてそう。
「ついた。ここだ。鍵は開いてるはずだからあいつを呼んできてくれ」
行ったのは陽太郎の方。すぐに戻ってきましたが一人です。
「それっぽい奴はいなかったよ。ところで君って妹いた?」
「何でだ?いないが」
「何かちっさい小学生くらいの女の子が一人いただけだったんだけど」
「そいつだ!そいつを連れて来い!あとその話絶対そいつにはするなよ。あれで気にしいなところあるから」
「はーい」
今度は無事連れてきたようです。
「ヘイヘーイ少年?またボロボロだね。またあれをやったのかい?」
「おう。さあ早く治せ」

0

赤空

お前の首の脆いところに
まとわりついてる 魔物は
そんじゃそこらの言葉じゃきっと
落としきれない 汚れに似てる

長い言葉は 読む気にならない?
俺の言葉だけでも 読んで欲しいよ。

悲しみなんて 蹴散らして
ロックンロールは嫌いか
まだ歩けるような気がどこかでするなら
いつでもメッセージくれよ。
言葉ならいくらでも 吐き出してあげる


うははと笑って強がるお前は
見てて切ない だけど止めない
だってそんなお前がいつも
かっこよくって仕方ねぇから

長い詞は心に響かない?
だとしてもあとすこし 読んでくれ

悲しみなんて 蹴倒して
心をえぐって 歌うたえ
まだ生きれるような気がなんでかするなら
いつでも文句言ってよ。
相槌なら うってやる

悲しみなんて 蹴散らして
ロックンロールは嫌いか
まだ歩けるような気がどこかでするなら
いつでもメッセージくれよ。
言葉ならいくらでも 吐き出してあげる

1

買ってください…の別のお話。聞きたい?

ねぇ、
そこまでの欲を求めるから悪いのよ。
肉は生で食べられないでしょ?
あなたもお金払ってるんだから
イイ気になってよ。無重力感じてよ。
ほら、
タイマーなっちゃった。
1時間のお約束だったよね。
…早く帰ってよ、ほら。
早かったねって?
夢中になってるあなたが悪いのよ。
あー
めんどくさいなぁ。
ただの客に一目惚れするかっつーの
…早く帰ってよ、ほら。
もー
知らないよ、あんたの気持ちなんて。
あーんな薄い壁でこんなに寂しいなんて
知らなかったよ。
…早く帰れって言ってんじゃん。
次からは指名してこないでよね。
名刺?決まりごとだから?
しょーがないな、あげる。
ついでに電話番号書いても、いい?

0

いろいろ

むかむかってして
うるうるってして
いらいらってして
にこにこってして
全部あなたに見えないとこで
ひっそり持ってる感情だから
あなたに知って欲しいなんて
思っていないけれど
私のその
むかむかや
うるうるや
いらいらや
にこにこの
奥にある想いに気づいてほしい
とか
思うと迷惑かな

0

前略

夏休み中に夏休み明けの話をするのは反則だという信念を持ちながらこの猛暑のさき授業を抜け出してひとり月見バーガーに会いに行く想像をしてだって後ろ足でみみの横とかかいてみたい朝

0

無題

人間って所詮は将棋やチェスの駒みたいなものなんだと思う。
ところで僕、怖くて捨て駒とかできないタイプなんだよね。

0

息を詰めて
ふっ、と吐き出す
ずっといきぐるしい
生きるのがこんなに大変だなんて
こんなに苦しいだなんて
誰も教えてくれなかった

0

 

気づいたら
また顔の見えない世界に
入り込んでいる
不安から逃れようとして
逃げ出した
その先にあるのは
不安

0

ハブ ア ウィル ―異能力者たち― 6.ハルピュイア ③

「ねぇサヤカ、ハルカとどういう関係?」
「ど、どういう関係って…」
わたしは思わず口ごもる。
別に、彼女との関係が気まずいわけではないが…ただ、関係性をどう言えばいいのかよく分からないのだ。
そうわたしが困っていると、痺れを切らしたのか彼女が口を開いた。
「不見崎(みずさき)さんは私と去年同じクラスだったの」
「え? そうなの!」
それを聞いて、亜理那は目を輝かせる。
「サヤカ、それってホント?」
亜理那はキラキラした目でこちらを見てきた。そしてわたしは、そのキラキラにちょっと圧倒されてしまう。
「ま、まぁ…一応同じクラスだったけど、話す機会なかったし、近くの席になったことはほぼないし…」
「そうね、接触する機会まるでなかった」
彼女はわたしのことを気にせず、スパッと言った。
「あまり目立たないし、おとなしい方だったからそこまで気に留めなかった」
彼女は腕を組みながら階段の壁に背中を預けた。

0

8月

夏休みは必ず終わる。
夏休みがある夏も、いつかは終わる。
真っただ中にあるとわからないけれど、
決して戻らない輝かしい時間。
だからいたい。だからあつい。
だから「時間なんてなくなっちゃえ」
なんて言わないで、
いま精一杯呼吸して。

0

あのときだったから

どうか、死なないで
あふれかえる感動的な言葉のなかで、それだけがささった。

0

焼き鳥屋さんで先輩と。

たとえば
学生の頃、好きだった女の子が
自分の冗談で笑ってくれたこととか
3年生になってから入った野球部で
初めて打ったタイムリーヒットとか
数え切れないほどされた恋愛相談に
自分がどれくらい解とか愛とか
探してあげられたかとか
帰りの電車でどうしてか流れた涙とか
そんな青春の1ページの
それもその切れ端みたいなのを
いつまでも覚えていたりするんだろうか

0

キレイキタナイスキキライ

揺れない君の洗濯ものを
眺めながら夏の夕暮れ
いま君が誰のベッドで寝ていても
なにも思えない僕は病気ですか?

0

 

眠りたくない夜でも僕は寝てしまうんだ
だから君の不眠症をもらっても
僕は寝てみせるよ

0

SOS

そう 思ったら そう

人は思ったようにしかなれない

素敵な言葉に出会った

0

夏の終わりの雨があがって
纏わりつくような空気を吸って
見上げてふと目があったら
枝の上のカラスがあくびをした

茜の空の夕立があがって
閉めきっていた窓を開けて
網戸についた水滴を撫でたら
あの日の涙を思い出した

秋のはじめの雨があがって
しまい込んでいたギターをつかんで
もうずっと忘れていた旋律に触れたら
窓の外から歌が聴こえた

もう日も沈む頃
静かな夜が
おもむろに近づいてくるのを見た

0

きらいだ。

なつがきらいだ。
キラキラと光る太陽が、輝けない僕を嘲笑うから。
空に広がる入道雲が、雁字搦めの僕を嘲笑うから。
沈んでいく夕焼けが、僕をひとりぼっちにさせるから。
空に散らばる星が、僕に頑張れって言うから。
白んでいく朝焼けが、僕を焦燥感で包むから。
だから僕は、なつがきらいだ。

0

欠食症恋慕

やっぱり大丈夫でしょ
いや、だめだ
それを繰り返すこと数十回

意外としんどくて
胃が痛くて

泣きたくても
泣けなくて

水が"まけて"くれなくて
私が君に"まけて"あげたのにさ

叶わないの分かってたけど
なんて強がってみても
涙製の鎧は水欠乏症

イガイガイガイガ
胃が痛い 歪んでイガイガ

ひとりぼっちのおにぎりが
こんなに冷たくて
それを食べる時間が
こんなにかかるなんて


誰も教えてくれなかった

喉が意思を持って抗う
戦わなきゃいけないのは
おにぎりじゃなくて自分なのに

横恋慕するrainbow
泣こうとして、笑って、
泣けずに、食べずに。

土に還るまで後何秒?
この恋は土には還らないけどさ

0

今日の気分

なんか朝からづ通がひどい。
これ、三日目だよ。
もう、いい加減にやめて

1

世にも不思議な人々㊵ 歩く人・見せぬ人その3

「流石にまいたか!?」
「やめろヨースケ。あんまりフラグを立てんな」
ええ見事にフラグです。そんな二人にあの大男がものすごいスピードで突っ込んできました。
「ぎゃっ!」
「うおっ」
「よっしゃぁ……捕まえたぜェ……」
「くそぅ……。やられたー……」
「ヨースケがフラグなんか立てっから……」
「よし、ようやく捕まえたぜ。ちとボロボロになったけどな」
「いやいや貴方、ボロボロというよりグチャグチャですけど……ぅぇ」
ヨースケの言う通り、大男の両脚と右腕はグロ注意な感じでグチャグチャになっていました。
「何、問題無い。俺の能力は『あらゆる事象が己の害にならない』能力だからな」
ところで、痛覚というものは生物への損傷がその生物にとって害になるからこそいち早く危険を察知するために存在するものである。故に危険が存在しない彼には、能力の影響で痛覚が存在しないのです。
「いやそれはどうでも良いんだ。こっちが見てて気持ち悪くなるから何とかしてくんない?」
ヨータローがつっこみます。
「おお。じゃあ俺を家まで運んでくれないか?あいつは多分今日もいる」
「ええ……。それは良いけどさぁ……。ヨータロー、どっちが右側支える?」
「俺は嫌だぞ」
「俺もだよぉ……。あ、そうだ。その『あいつ』とやらをここに連れてくりゃ良いんじゃね?文脈的にお前をどうにかできる奴なんだろ?」
ヨースケの提案に大男もヨータローも感心。
「その手があったか。じゃあ、三組に不登校が一人いたろ?あいつが多分今日も俺の家に居るはずだから連れて来てくれ」

0

あぶない

あたまが
くらくら
からだが
ぐらぐら
ほどけた靴の紐をにぎって
ふらふら
ゆれる電車のなかで
くらくら
ぐらぐら
ふらふら