表示件数
0

学校もほとんど遅刻
友達が多い訳でもない
いつも1人でいる貴女
一部の人には
少しのいじめも受けている
それなのに

私は貴女に恋をした

学校に遅刻してくるのは学校以上の素晴らしいことを見つけたからだろう
友達が少ないのは少ない友達をとっても大切にしているからだろう
いつも1人でいるのは1人でも怖がらない強い心があるからだろう
いじめに耐えられるのも強い心があるからだろう

そんな風に考えるのは考えすぎだろうか

貴女に告白すると周りから白い目で見られるだろうか

そんなことを考える私はやはり弱い

私は貴女に恋をした

0

月夜に花束。

強がってまで死ななくてもいいよ。
きみの優しさには気づいているよ。
届かないideaが壊れてゆく、頬をつたって。
渇ききった寂しい手のひら。
廻る星に、手をかざして、
流れ星が手首を通過した時。
星のブレスレットを飾って微笑んで、
まあるいお月様にお辞儀をして、
またお日様と挨拶を交わして、
私たちは生きてゆくのね。
今日も生きていてくれてありがとう。
きみが死ぬ理由はどこにも無いよ。
大丈夫。


取り繕った優しさは花となり散った。一

0

sns。

そこで私と眼が合ってるのは誰だ

今日も自分の所属場所に行ってきまして
まあいつも通り誰とも話さずに帰りました
宿題プリント大量にありますが
何にもやる気が起きませんので
また電波を繋いで 知らない人の表現を目で追う

そこで私と眼が合ってるのは誰だ
また指だけ動かして
お前が生まれて息をする場所は何処だ?
此処じゃないはずだろ

知らず知らずのうちに数に囚われ始め
またいつも通り誰かの言葉で傷を負う
しょうもない事 くだらない
所詮は画面と画面の世界

そこで私と眼が合ってるのは誰だ
承認欲求を満たして
お前が生まれて息をする場所は何処だ?
此処じゃないはずだろ

どうしようもない
現実がどうしてもつまらなくて
ストレス吐き出し 趣味語り合い
生きる為の術なんだろう

そこで私と眼が合ってるのは誰だ
名も知らないあなたの
言葉が声がその指先が
いつか誰かを救う画面になったら
くだらない使い道なんかせず
此処だけでも優しい場所で在って欲しい。

0

神話

神様、願わくば僕を 完璧な人間にして下さい
パパやママや先生やあのこが満足するような

願った子供、赤ん坊に戻された

神様、神様?


産まれた瞬間だけ 完璧な人間でいられて
そこから重ねた 朝や 夕焼けや 夜の分だけ
僕は完全に僕になっていき
君は完全に君になっていく

そうやってできあがった魂を
やがて神様に差し出して


それが美しいものであればいいな


ごてごてにもられたつけまつげも
奇抜を通り越して奇妙なその服も

君が君であろうとすることは
なんて尊いんだろうか

好きにしようぜ
好きにやろうぜ

あとになんて何一つ残すな

美しい魂だけを掲げて 進め

神様だってそう言うさ

0

好きを、再確認。

無口な彼。
だけど、たまに見せる笑顔が可愛くて。
目で追ってしまう。

私だけに笑ってくれないかな、なんて。
そんなこと無理なのに。

後ろの席なのに。
近くて、遠くて。
話しかけるなら、今。
わかってる。わかってるんだけど…。

今日も話しかけられなかった。
目が合うだけで。
笑顔を見れるだけで。
やっぱり私は幸せだなあ…って再確認。

今、好きな人は、何をしてるんだろう…


0

舟をこぐ

ゆれては ふれる 途切れがちの
ふれては つねる 生きているの

舟の上は まどろんで
気をぬけば 黄昏そうだ

線を引かれて 心臓は
日記帳を つけられる

とけては めぐる 死薫のなか
ゆれては ふれる 春を待つ人

0

諫言

呪いを解く方法を教えてください。

今の私であるという呪いです。
昨日と全く同じ轍を踏む愚かな呪いです。
昨日とは明日に期待をしその日を捨てた
記憶にも残らないような日です。
塵も積もれば山となると言いますが
僅かな塵を降らせるのさえ億劫だった。
昨日から鎖が伸びてきて、
私に甘く囁くのです。
「仕方ない。今日は切り捨てよう」と。

お願いします。
この呪いを、自分が掛けて今も掛け続けているこの呪いの解き方を教えてください。
本当には分かっているのです。知らないふりをしているのです。今の私がままならなくて、でもかの甘言に負ける癖がついて、明日の自分にまた擲ってしまうから。
僅かな塵さえ昨日に置かなかった自分が私は心底憎いのに、そんな昨日の自分の積み上げなかったという事実に甘えてしまう。

お願いします。
より直截的に言えば、
こんな私を叱ってほしい。

0

世界は変わる瞬間は秒単位

何度も祈るよ
今日も世界が嫌ってる 僕を
僕が一体何をしたっていうのさ
これ以上この苦痛に耐えれない
これ以上はもう耐えきれない
心の無い言葉はもう聞き飽きた

ここから抜け出す鍵は
既に手の中にあったこと
気付く時が来た
それはとても簡単で単純なこと
そんな事も知らずに 耐えてただけの
無意味な毎日から抜け出そう

君が一歩を踏み出せば 世界は数秒で変わる

0

隠し続ける私の気持ち

おねがいだから
そんなに優しい笑顔を見せないで。
どんどん好きになっちゃうから。
キミには彼女がいるって知ってるのに
どんどん大きくなる私のキモチ。
けどね、
キミには誰よりも幸せでいてほしいの。
誰よりも笑っていてほしいの。
だから告白なんてして
キミを困らせたり
彼女さんを不安にさせたり
そんなことはしないよ。
けどひそかにキミを想うのは、、、いいかな?
キミほど素敵な人が見つからないから。

0

何か思い付いた怖い気がする話

『彼女』
『彼女』と呼ばれる何か。どうやら人間の女性の姿をしているらしい。
『彼女』は基本的に不可視だが、『彼女』を見たことがある者、または『彼女』の行いを目にしてしまった人間には姿が見え、『彼女』は『彼女』を見ることができる人間を殺そうとする。どのように殺すのかは不明。また、『彼女』は人を殺すその時だけ、普通の人間にも見えるようになる。
『彼女』から逃げる方法は無い。唯一、誰もいないところで『彼女』に殺されることによってのみ『彼女』の被害の連鎖を断ち切ることができる。

0

欠伸びと背伸び

15cm高い視界に住んでるきみを
泣き腫らした目でみていた私
きみの猫背と私の背伸びで
空いた世界を抱きしめたい
きみの欠伸びが私にかかる
眠気がうつってあしがふらつく
くるっとまわって見上げた空には
昼間の月がうつっていた

0

あなた

あなたの能力を正確に見極められる人物は、あなたよりはるかに優れた人物である。

あなたの能力を低く見積もる人物はあなたより劣った人物である。

あなたの能力を実際より高く見積もるのは、あなたである。

あなたの能力を実際よりはるかに高く見積もるのは、あなたの母親である。

0

ナマモノのうた

腐ってしまうから はやくかいてね
言葉は腐らないけれど
思いは腐るから はやくかいてね
言葉に換えて しまうといい

たしかに君は 無軌道で不堅実的で
明らかな夢もないけれど
ナマモノのうたを愛してる
君のそういうところがいい

腐ってしまうから はやくかいてね
データは腐らないけれど
そのぶん味も薄いから 煮詰めるといい
腐りかけをとじこめて
涙で題を記すといい

0

ゼリー

空気が透明な気のすること
月がきれいなこと
はいた息がしろいこと
あたたかい灯のもとへ帰りたくなること
ぐつぐついう夕ご飯のおとのおいしそうなこと
淹れたてのコーヒーの湯気のあついこと
布団と結婚したくなること
あなたのぬくもりを抱いてねむること
あなたのぬくもりに抱きしめられてねむること
あなたを感じること

寒い夜が好きだ。

0

祈り

今日もわたしは
ことばを紡ぎ続ける 
この世界の片隅にいる
名も無ききみに届くことを
ねがいながら

0

閲覧者

インスタのストーリーの閲覧者リストは
自分の投稿を気にしてる人が上の方に出てくる仕組みらしい。

そんなの分かってるよ。

君がいつも1番上にいても
君がすきなのはあの子だって

決してわたしなんかじゃない


でも期待したくもなるじゃん
だってわたしは君がすきだから

0

青い世界は私を受け入れてくれなかった

青い空が目に入ると悲しかった
不思議だった
汚れひとつないはずの空は
私には悲しく映ってしまう
世界そのものが私を嫌っている
そう感じてしまうほどに青の空は悲しく染まっていく

0

今日この頃

不安になってる誰かにかける言葉が見つからなくて
慌てて捜して回っても頭ん中は空っぽで
心は空しさでいっぱい

でも、明日はもっとマシなことを言えるかもしれないし
もしかしたら、大切なことは言葉だけじゃないのかもしれない
可能性をただひたすらに信じて
今できる最大限の努力を

0

ねえ

ぼろぼろに壊れそうな私の心と体を
貴方の愛で満たしてはくれませんか
離れていくことを恐れて震える私を
貴方の大きな暖かいその腕で
暖めてはくれませんか
貴方に縋り付いて泣き出したい私を
苦笑いでもいい笑ってください
お願いだから
今までよりもたくさん
アイシテクダサイ

0

「君」を嗤った地を踏みしめて歩く

真夜中なんかよりもずっとずっと暗い心に、
橙の陽が染み込んでゆく。
軽く目眩がして、頭がぼーっとした。
脚は力が抜け、耳は空気に覆われた。
通り過ぎていく人、人、人...。
大きなビルヂング。
喧騒も、蝉時雨も、遠く隔たった向こうにある。
ぽつんと独り、駆け巡るネガの真ん中にいる。

鼻を掠める、染み込んでしまった水の匂い。
土の匂いに、広大な土の匂いに、紛れてしまった
あの水の匂い。

はっと鮮明になる意識は、すぐにその意識をかき消した。
儚い水は、脆く、美しく、そして尊い。
まるで一緒だ。
広いこの整備された地に落とされた水。
同じ整備された地に覆われた水。

過る君の笑顔。

喧騒と蝉時雨が飛び込む。
苦しくなる気管、熱い息を吐いた。
整備された地を踏みしめ歩く。
君の匂いを噛みしめ歩く

夏の終わり、夕立の後。

0

久しぶりにポエム掲示板にきた

僕らは依存する

レスポンスが帰ってくる幸せを感じれるところに。

それがころころ変われば

居場所もころころ変わる

ここにいる僕は過激派の依存症

だった

0

空想と妄想

刻々と闇に包まれてくそらのした
となりにいるきみに
月がきれいだね
っていってみたいな

0

あの日の夕焼け

あの日の夕焼けは
私が君を想う気持ちのような
濃い赤だった

君と見てた夕焼けは優しい色だったのに
一人で見ると、こんなに心に刺さるような色だったっけ?
君がいない世界なんて信じられない
君に会いたい

君がいなくなってしまったこの世界でも
私は君に会えることを信じて
今日も夕焼けをみつめます

0

いつになったら
自由に居れる場所に
辿り着けるのだろうか。        
疲れきってしまった自分に     
飽きてきて
人の声を聴く度
怖くなって
恐ろしくなって
逃げて
自分を下げる
いつまでも抜け出せない
あそこから
いつまでも変われない
自分が居て
嫌だなって
思い始めて










































もう疲れた



















































































でも

























教えてくれないけど

誰も知らないけど

















私は誰?

0

にぎりめし

ただのにぎりめしなら、大きい方が、きっといい。小さいとこっちも心細くなる。

出来れば、すかすかに作ってください。
きつきつだと、心にゆとりを持てません。

味は、塩を少々がちょうどいいです。
多すぎても、無くてもだめです。この年頃には、青春の塩分がほしいです。
それがなかったら、人生の苦味に絶望してしまう。

歳をとると、味が邪魔になる。
そうとなったら、死を待ちます。

(初めてこんなの作りました。)

0

鱗雲

"女心と秋の空" なんて言葉
子供の頃はわからなかった
錆びたアパート飛び出したら
その意味を知る時が来たみたい

心模様は空模様
鱗雲みたいに波打ってるだけ
一つも悲しくなんかないわ

くすんだバスに飛び乗って
最後の街並み 見送った
これからは別の人がみるのね
そう思ったら急に暗くなった

心模様は空模様
バスを降りるとそこは土砂降り
傘も持たず 濡れてく瞳

"夜爪を切ってはいけない"と
子供の頃は信じていた
約束交わした小指 深爪したら
その意味を知る時が来たみたい

心模様は空模様
外に出ると 少し肌寒いけど
爪みたいな月が綺麗だったの

0

アリとキリギリス

ある夏の日、アリはせっせこ餌を巣に運んでいました。キリギリスは歌っていました。
「キリギリスさん、どうして歌ってるの?」
「縄張りを守るためさ。アリのお嬢ちゃん達は何をしてるんだい?」
「餌を運んでるの」
ある秋の日、アリはやはりせっせこ餌を巣に運んでいました。キリギリスはやっぱり歌っていました。
「キリギリスのお兄さん、何やってるの?」
「歌を歌ってるのさ」
「何で?冬の準備はしなくて良いの?」
「嫁探しさね。今はそっちが最優先なんだ。君達は?婚活しなくて良いのかい?」
「冬ごもりの準備。私達はただの働きアリなんだもの」
ある冬の日、キリギリスがアリの巣を訪れ、こう言いました。
「すまない。ちょいとばかし餌を分けちゃくれないかね?」
「え、それは無理」
「そんなぁ。何故に?」
「いや冷静に考えて。サイズ差よ」

0

あの頃感じていた
歯みがき粉の辛さは思い出せない。
あの頃手を伸ばしても
届かなかったモノが僕には取れる。
あの頃抱えていた
ハテナ?にまだ答えを添えてやれない。
まだ苦いコーヒーと
あとどれくらい付き合えるだろう。
薄れていく轍を
想いながら何処へ行こうか思い見る。