表示件数
0

大きなかぶ

お爺さんが、カブの種を蒔きました。
「甘い甘いカブになれ、大きな大きなカブになれ」
甘い甘いと思われる、大きな大きなカブができました。
お爺さんが抜こうとします。
「うんとこしょ、どっこいしょ」
けれどもカブは抜けません。
お爺さんはお婆さんを呼びました。お婆さんが言いました。
「いやあんた馬鹿かい?根本を踏んづけてちゃあどうやったって抜けないに決まってるさね」

0

万物流転

別れ話の最中も
ずっと
君の癖 恥ずかしそうに動く君の指
気になってた。
さっきのさっきまでは
僕のものだったのに。
「それじゃ。」って言った君も
泣いていたのはどうして?
それを見て出た
涙に栄光
捧げよサタン
今年いちばんのメダルを僕に。

2

教典 後編

 鴨盛りからの連想ではないが、詐欺のカモにされているのかな、などと思いながら本を開く。まず目に飛び込んできたのは、幸福になるための三か条という文言。

・他者に親切にしても見返りはないか、あったとしても忘れたころにささやかなお返しが来るだけです。短期的に確実な見返りが欲しい場合はクレームをつけましょう。

・この国は女性原理で動いている女性的な社会です。女性は守り、守られるという助け合いに喜びを感じ、助け合いのコミュニティを侵害しそうな存在を排除しようとする生きものです。男らしさにとらわれ、一匹狼でいたら出世はできません。自分に合った派閥を選び、自分をおびやかす存在は、つげ口、いじめなどで撃退しましょう。

・理想を語る人間を相手にしてはいけません。理想を語る人間は理想が実現しても満足できない異常者なのです。目の前の現実を処理することに長けた人間を応援しましょう。

 しばらくぱらぱらやって顔を上げると、ギャルふうが感想をききたそうな表情でわたしを見ていた。
「信者はどれくらいいるの?」
「日本人の半数以上が信者です」
「そうか」
 冷やを飲み干し、明日にでも教会に行ってみるよ、とわたしはギャルふうに言った。老後もこの国で暮らすつもりだからだ。

0

教典 前編

 昼近く、ラジオをききながら散歩をしていると、熱燗の恋しい季節になった、なんてアナウンサーが言うもんだから、行きつけの蕎麦屋に入ってしまった。テーブル席が埋まっていたので座敷に上がる。わたしは座敷だとつい正座をしてしまいあまりリラックスできないのだが、老舗の美味い店なのでよしとする。座敷の残りのテーブル席も熱燗とつまみを待つ間にすぐに埋まる。
 従業員に、相席を頼まれる。焼き海苔をつまみながらちらり。ギャルふうの、はたち前後の女性。鴨盛りを注文すると、バッグからファイルを取り出し、読み始めた。
 冷やに切り替え、そろそろ盛りを注文しようかと考えていると、鴨盛りを食べ終えたギャルふうが声をかけてきた。
「あの、このへんのかたですか?」
「ええ、そうです」
 わたしはこたえた。気軽に声をかけられるのは老人の特権である。
「わたし、アキバ教秋葉原本部のシスターです。教会の教えを広めるために今日はこの地域をまわってまして」
「カトリックではないので」
 わたしがそう言うとギャルふうは、「キリスト教とは無関係です。こちら教典なのですが、どうぞご覧になってみてください」と、革装の本をわたしによこした。

0

ニンゲン□

大口を開けて笑う人間のフオルムに
知らぬまに猿の姿を重ねては
自分は半分口角を上げて
あまりに寂しい優越に浸るのであります。

これっぽっちも共感のできない人間を
「世間」という言葉を上手く使っては
追い出して高らかに笑う人間に
悪魔に向けられるよりもずっと濃密な嫌悪感を

ひしと感じるのであります。

俺はニンゲン□□□□
誰か隙間に文字を埋めてくれ
のどかな月夜に世界を疑い
人間というものに薄気味悪さを覚える

俺にニンゲン□□□□
誰かレッテルを貼りたくってくれ
心から愛する人に出会っては何故か
嫌に人らしく見悶える俺を詰り立てて

犬や猫のように本能で生きたいと
いつからか夢に見るわけは
理性は罪で、信頼も罪で
純粋と不純とは血の繋がった言葉であり
罪の対義語はいつだって
陰に隠れて姿を見せぬこと、
終に私は知り尽くしてしまったからなのです。
死は安楽にて生は罰
いずれわかるにして 嫌に早すぎたペシミズムに
近くてございます。

俺はニンゲン□□□□
俺にニンゲン□□□□
俺ぞニンゲン□□□□
俺がニンゲン□□□□

1

No music No life 一周年記念番外編 天球、彗星は夜を跨いで ②

「なんと今日、流星群が見られるらしくてさ」
気象予報のコーナーで言ってたよと時雨は付け足した。真面目な時雨は毎日ニュースをまめにチェックしている。意外にも世間にさといのが時雨だった。
「流星群! 私まだ流星群どころか流れ星一つ見たことないです」
一回くらい見てみたいなーと美月が目を輝かせる。
「僕は流れ星くらいは見たことあるけど、流星群はないなぁ」
「私は一回だけ見たことありますよ」
「そのときはどうだった? やっぱり綺麗だったの?」
玲も星を眺めることがあるのかと思いつつ、結月が質問する。
「小さいころに見たんであんまり覚えてないんですけど、正直なところあんまりすごいとは感じませんでした。ぶっちゃけただの流れ星でしたよ。ぽつりぽつりってかんじで、子供心にはやっぱりもっと一斉に星が降ってるところを見たかったんでしょうね」
「……そんなもんなんですか?」
ぽろりと零れるような声で結月が呟いた。シャッター連続開口写真のような壮大なやつを期待していたのだろう。
「まあ、そんなものらしいよ。”流星群”とはいってもたくさん降るって意味じゃないんだって。一時間に二、三個程度の流星群なんてざらみたい」
「二、三個!? 夢がないですね……」
今スマホでささっと調べたらしい時雨の言葉は美月の流星群のイメージを破壊して余りあるらしかった。
パンッという乾いた音が三人の注目を集める。結月が手を打ち鳴らしたのだ。
「まあでも美月は流れ星見たことないんでしょ? ……そうだな、新月で空は快晴とあることだし、今夜は天体観測といこう」
悪だくみをするときの顔とはまたちょっと違う気もするが、おおよそ小学生たちが浮かべているそれと大差ないよな、という感想を抱いたのは時雨だ。好奇心が止まらないといったような無邪気な笑顔である。もちろんそのことは口には出さず、代わりに肯定の意を示す。この話題を出した時点で結月がこの提案をしてくれることを期待していないわけではなかった。
「……それって警察に補導されたりしないかな」
「我々の身分を忘れたのかね」
美月の心配は結月の次の言葉で粉々に吹き飛んだ。

0

No music No life 一周年記念番外編 天球、彗星は夜を跨いで

「ふぅー、終わった終わった!」
「お疲れ様です」
「うん、お疲れ~」
「お疲れさまでした」
人通りがそれなりに多い駅前の大通り。陽も落ちかけ、街の構造物のいたる所から影が急速に伸びる時間帯。街一帯から夕方が去っていくなか、四人の中学生がお互いを労っていた。
警察に属する対AI特攻隊。その隊員の結月、時雨、美月、玲は今しがた任務を終えたところである。
AI洗脳者がショッピングモールで暴れまわっていると連絡を受け出動したのが午後四時あたり。あばれながら逃走する対象に手を焼きながらもなんとか仕留めることができたのがついさっき。ほどなくして警察がやってきて現場を引き渡してこの任務は完了となり、いまは帰路へとついているところだ。
今回の任務は比較的厄介であり大分時間がかかってしまった。腹をすかせた四人は途中で肉まんを買い食いなどしつつ、他愛もない話に花を咲かせていた。
「……そういえば皆、今日の夜は何があるか分かる?」
時雨が思い出したようにその話を振ってきたのはそんな流れの中でだった。
「今日の夜?」
「なんかあったっけ」
玲と結月がそろって首を傾げる。
「なんと今日、流星群が見られるらしくてさ」

0

チャイム

学校のチャイムは
高らかに
軽快に
それでいて
残酷に
恐ろしく
鳴り響く。

休み時間の始まりを告げる
授業の終わりを告げる
チャイム。

残酷に
残酷に
鳴り響く。

0

おしえてよ。

ねえ、かみさま
どうしてこんなにも上手くいかないのでしょうか
ねえ、かみさま
どうしてみんな夢があるのでしょうか
ねえ、かみさま
ねえ、かみさま
どうしてわたしは生きているのでしょうか

0

秋雨

雨はひやりと僕を貫く

金木犀の香りは好きだったのに
今はなんだか噎せ返りそう

甘いあまい、あぶないあぶない。

0

今日は

今日は嫌な1日でした。
だから明日はいいことがあります。
がんばれ自分

0

自己嫌悪

頭を叩く音が響いた
自分で叩く音が響いた
君を助けられない馬鹿な私を
私は許せなかった
助けたいのに困らせる私が
自分で心底嫌になった
近づけば近づくほど
嫌われると思った
ばか、バカ、馬鹿!
私が1番馬鹿でした
だからごめんね
恋してごめんね
恋心はもうさよなら
これからは今まで通り無理かな?

0

NO MUSIC NO LIFE #9 ワルシャワの夜に

結月視点

 「瑠衣、僕多分お前の姉ちゃん知ってるよ」そう言えば、瑠衣は瞳を輝かせる。「ホント⁉」と言う彼女に素直に頷いた。玲に何も言ってないが、大丈夫だろうか。瑠衣が玲の姉妹だと決まった訳ではないし。まあ、会わせてみるだけ会わせてみるか。玲の部屋のドアをノックする。「はーい」と声が聞こえて、ドアが開く。「あのさ、急なんだけど、玲って妹とかいない?」そう尋ねると、一瞬顔を険しくする玲。「…分からないんです。でもいつも誰かの温もりを感じていた気がするんです。はっきりと思い出せないんです。」そう言い放った玲は下を向いていた。「ねえ、こいつは?」と尋ねながら瑠衣を玲の目の前に連れていく。玲は眼を見開き、瑠衣は満面の笑みを浮かべた。その次の瞬間、瑠衣が玲に抱きついた。「玲お姉ちゃん!ここにいたんだね!」そう笑う瑠衣の表情は姉との再会を喜ぶ少女そのものだった。一方玲は、固まっている。「大丈夫か?」なんて声をかければ、「は、はい!!」という返事が返ってくる。僕は瑠衣にこう言った。「さっき会った、二人のとこ行ってて」と。「えー、お姉ちゃんとお話したい!」と言う瑠衣。「後で、いっぱい話せるから」と言って瑠衣を退出させる。
 「大丈夫か?あいつの事分かる?」この質問に玲は「あの子の温もりを知っているような気がするんです。…でも、思い出せないんです。何でですかね…」こう言った。とても苦しそうなその表情。僕は玲に何をしてあげられるだろうか。

玲視点

 どうして、瑠衣がここに?…あれ?瑠衣って誰?どうして結月さんが連れてきたの?もう、何もわかんないよ…。
困ったような顔の結月さん。ああ、困らせちゃった…。大丈夫かな。

【続く】

0

Stay

So Stay
私を離さないで 思い出のあなただけじゃ切なすぎる
刻む時計の針、記憶 流れる季節も
この世の全てよ
So Stay
私を独りにしないでよ

0

気分は下降線
雨の日になんていい事無いさ
そういう誰かの隣で
傘も持たずに楽しそうに湿った雲の下で輝く君

0

独断と偏見による人間の評価

容姿の良い人間は性格に難がある。
性格の悪い人間は何かで最低でも一芸に秀でている。
容姿に自信が無いと公言する人間は信用してはいけない。
自分を嫌っている人間は誰よりも信用できる。
前科の無い人間は不安要素。
前科のある人間こそ安全(この場合の『前科』とは犯罪ではなく何かしらの失敗をやらかした経験のことを指す)。
ながらスマホをする奴は敵。
便宜上『友人』と呼ばれる人間の九割は友人ではない。
親しい人間の中である程度仲が悪いがそれでも縁の切れない人間こそ本当の友人。
楽しく騒がしい人間は良い人間。
ただただ姦しいだけの人間は悪い人間。
歩きスマホをする奴はもう駄目だと思う。
自転車に乗りながらスマホをいじる奴については最早人間じゃあない。

0

告白

告白するとき
相手に「好きな人いる?」って聞くのが自然でいいみたいなこと聞いたけど
そんなのまるっきり嘘じゃないかな

好きな人いる?って聞いて
返ってきた答えはYes
ここまででやめておけば良かったんだ
何組?って聞いた私に君は3組って言ったね
私は2組なんだよな
そんなこと聞いて告白なんてできるわけないじゃん
告白する前にフラれちゃったじゃん

君に言いたかったんだよ
「好きです」って
聞いてほしかったんだよ
溢れる想いを
けどもう諦めます

大好きでした

幸せになってね

0

呪い

「一生懸命やれば必ず報われる。」
「何かをやり遂げたら自分のためになる。」
「苦しくても乗り越えれば自分を好きになれる。」
「変わりたいと思えばなんだってできる。」

「一生懸命やっても報われないことはある。」
「成功した人なんてほんの一部。」
「輝かしい功績だけがクローズアップされてる。」
「できることは限られてる。」

なにが正しいの?

「わからないのは、きっとまだ君が……。」

0

メッセージ

君に出会って私は少し幸せになって
私の生きる価値全部が君になって
君のおかげで生きられて
君のおかげで死にたくなった
壁を壊したのは君で
壁をつくったのも君だった
「好き」も「会いたい」も何度だって言った
そのうちに特別に特別になっていって
そうなったら君は私といられないと言った
何度も泣いた、涙は枯れなかった
空を見ているのは私だけで
君はとっくに他の人といて
悔しくて仕方なかった
君のいいところを誰にも知られたくないなんて
わがままばっかり自分の中で大きくなった
近づいては傷ついた
離れてても傷ついた
それでも君しかいなかった
傷ついても傍にいたかった
君の笑顔を見てみたかった
君の声を聴いていたかった
君に触れたかった
君を守りたかったのに
私は

0

いかないで

いかないで
いかないで
おいてかないで
きみがいなくなってしまったら
いったいぼくはどうすればいいの

0

金木犀

香りですぐに君を思い出せる
君の匂いによく似た金木犀の香り
去年の秋に2人で歩いた道で
君と金木犀の香りが重なったあの道で
僕は今日1人で歩きながら君のえくぼを
また眺めたいななんて思った
蜻蛉の羽がキラキラと光を受けて光って
虫が歌って
秋が深まったのを感じながら
また君を探している

0

SNS

インスタを漁って、あぁ、私の居ないところでこんなことしてる
Twitterを漁って、あぁ、こんなこと思ってるんだ

今の時代には必要なものだけど、多分私には必要なかったもの達だ

0

ティーンエイジ

きみ色に街を染めていけ
いつか忘れてしまうなら
きみ色にぜんぶ染めて往け
いつかは消えてしまうから
うやむやになっても
るんるん気分で
さいごに笑いたいのはきみだ
いま笑いたいのはきみだ

0

犬は同じ毎日を好む

できあがった秩序が乱されると不安になるから

犬は感情を表に出す

群れで生きるにはわかりやすさが大事だから

つまりだから

あなたは犬である

0

黄百合

どうして?何故何も言ってくれないの?
見たことない表情をした君に
この声は届いないみたいで
陽気でいつも笑顔の君は嘘なの?
真実の君が分からない
少し前までは一人でいた部屋が不思議と広く感じてしまう

最後の君からのプレゼント
花瓶の中に飾られた色取りの花たち
何故か目に入ったのは黄色い百合の花だった
僕はこれからどうすればいいの?
・・・・・
(この花が君からの最後のメッセージだった)

0

勇気で羽ばたく

優しくて少し冷たい風が吹く今日という日に
もどかしさの繭に隠れてた私は勇気という翼を広げて飛び立つ
どうしたの?急に
だって?
理由なんて単純
私を動かしたのは 好き
というたった二文字
この二文字がどこにだっていける
翼をくれた

0

親愛なる君へ

ふわっと通り抜けた風は
秋と冬が混リ合った薫りがしました
君の姿が見えなくなって
どれくらい経ったんでしょうか
君に手を振ったのは
たしかまだ茹だるような暑さが残る
夏の終わりの日

おげんきですか?

わたしはそろそろ君に会いたい
なんて思っています
君はどうですか?
少しでもわたしを思い出してくれてますか?
また月が輝く夜にお会いしましょう
その時までわたしは待っています
寒さが厳しくなって来たので
体調には気をつけてね

では、また

月が照らす森で君を想い出してるわたしより

0

棘(とげ)

目の前にあなたがいる
あなたの目には私はいないみたい
それが辛かった
でもそれよりも
あなたが日に日に暗くなる方が
よっぽど辛かった

笑ってよ
楽しんでよ
あなたの笑顔は太陽みたいなんだから

苦しまないで
自分を殺さないで
あなたはこの世でたった1人なんだから

そんなこと思っても
あなたの世界に私はいない